facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

バスクリン バスタイムLABO/株式会社バスクリン

最近、Facebookページではリンク先に飛ばすような投稿が多いですよね。でも、今回ご紹介する記事は、Facebook内で読み切りやすい投稿の作り方がうまい事例。直接投稿に「いいね!」などの反応が集まるぶん、ページのエッジランクは上がりそうです。バスクリン バスタイムLABOのFacebookページをご紹介します。

バスクリン バスタイムLABO/株式会社バスクリン カバー

▲発信している内容
基本的には、バスクリンに限らずお風呂ついての情報発信をしているページです。大きくわけると、実践的に役立つ記事(効果的な入浴法)、知識を学べる読み物記事(歴史や仕組み)、共感をうながすシーン、宣伝といった内容になっています。では、投稿をみていきましょう。

▲タイムリーな情報発信
菖蒲湯やGWの温泉入浴マナーなど、その季節に応じた入浴情報を発信しています。まさに調べようとしていたことや、近々自分ごとになるような話が投稿で流れてきたら、思わず「いいね!」してしまいそうですね。写真も投稿のテーマに沿ったものが使われているので、目に留まりやすいのではないでしょうか。

バスクリン バスタイムLABO/株式会社バスクリン ニュース

また、最近ニュースになっている話題も投稿しています。こういった、この時期ならではの話は注目度も高いので反応されやすいでしょう。実際「いいね!」が368件集まり、コメントもついています。

facebook 活用 事例 プロモーション バスクリン バスタイムLABO/株式会社バスクリン 季節

「充電しながらの入浴は危険」という知っておくべき話でもありますので、投稿の反応云々以前にファンの人にお知らせする意味も大きいです。

▲「意外なこと」は価値がある
入浴は運動"後"じゃなくて運動"前"が効果的、という話や江戸時代までは混浴が常識だったというような、意外もしくは驚きのある話は反応が多く集まる傾向にあります。

バスクリン バスタイムLABO/株式会社バスクリン 意外


上記2つの投稿とも、「いいね!」が3桁になっていますね。その業界にいると、当たり前のことでも、ファンは知らない情報は多いものです。探してみるとよいかもしれません。

▲自分を重ねあわせるシーン
このページで、一番素敵だなと感じたのが、このシリーズ(?)の投稿。お風呂での思い出や過ごし方を思い返すような投げかけがされているものです。

バスクリン バスタイムLABO/株式会社バスクリン ストーリー

これらの投稿を読んでいると、自然と個々人のなかに気付きが生まれるのではないでしょうか。わざとらしくなく、こういった雰囲気のある投稿を作るのはセンスがいるので難しそうですね。

▲商品宣伝
もちろん、ページ内で商品紹介・宣伝もしています。直球で新商品を紹介する投稿もあるのですが、うまいなと思うのがこちら。

バスクリン バスタイムLABO/株式会社バスクリン 宣伝

母の日や、肌の悩みに絡めて商品を説明したり、写真だけ見せたり。宣伝色が薄いうえ、ファンの興味関心から話が始まるのでつい読んでしまいます。

▲読みやすい分量
ご紹介してきたとおり、このページの投稿はどれも文章の長さがちょうどよく読みやすい分量になっています。そのため、その場で消費でき、投稿への反応もしやすいですよね。写真の選定なんかもうまく投稿にマッチしているので、色々参考になるポイントがあります。投稿アイデアに困ったときにのぞいてみると良いのではないでしょうか。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

スポンサーサイト

PageTop

たぬき課長のしごとば~shigoto-Bar~/大阪ガス株式会社

Facebookページの事例を取り上げていくと、どうしてもBtoCの消費財、それも非耐久消費財を扱う企業の事例に偏りがち。
なので、今回はちょっと方向を変えて大阪ガス株式会社が運営するFacebookページを紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション たぬき課長のしごとば~shigoto-Bar~/大阪ガス株式会社 カバー

ガスといっても、タイトルに「しごとば」と入っているように企業向けの内容のページ。「えねまる」という名のたぬき課長が節電・空調・快適なオフィスについて語っています。

たぬき課長のしごとば~shigoto-Bar~のFacebookページをご紹介します。

▲頼んだり、売ったりする前に、関係性構築が重要
突然ですが、社内であなたが省エネについて指導されたと想像してみてください。
・普段話す機会がない総務部の人から指導された
・いつも一緒に仕事をしている同僚に指導された
どちらがすんなり受け止められますか?

後者を選ぶ人が多いのではないでしょうか。その理由のひとつに普段からの関係性ができている人から言われたほうが、素直に言われたことをききやすいということがあると思います。

ものを売るにしてもそう、関係性ができている人からのほうが買いやすいですよね。

前置きが長くなりましたが何が言いたいかというと、このページはファンとの関係性構築に重きをおいているということです。

省エネや商品の話もしていますが、それと同じくらいもしくはそれ以上の頻度で「えねまる」というキャラクターを通して純粋にコミュニケーションを図るような投稿がなされているのです。いくつか投稿を見ていきましょう。


▲共通の話題で盛り上がる
土用の丑の日やお祭りなどの暦や季節にあわせた投稿をしています。
facebook 活用 事例 プロモーション たぬき課長のしごとば~shigoto-Bar~/大阪ガス株式会社 サービス

このような旬の投稿は、ファンの目をひきやすく反応も得やすいものです。多くの人にとって無関係でない(実際の関わりがなくとも関心事だったり、気にはなる。もしくは季節を感じるきっかけになる)テーマなぶん、「いいね!」などの反応も得やすいのが特徴です。

一方、こちらは思わず共感してしまいそうな内容の投稿です。
facebook 活用 事例 プロモーション たぬき課長のしごとば~shigoto-Bar~/大阪ガス株式会社 共感

Facebookページで関係を構築するにあたって重要なのは、共通の話題を提供するということなのです。これらの話を日々積み重ねることで、少しずつ関係ができてくるのではないでしょうか。

▲コミュニケーションのハードルを下げるキャラクターの存在
このページはたぬき課長「えねまる」が前面に出ており、その容姿や発言からは「ソフト」「軽い」といった印象を受けます。

課長という設定になっていますが、もし人間の課長が日々の出来事や省エネ、自社のサービスについて語っていたら随分違うテイストのページになってしまうことでしょう。

キャラクターだからこそ、コミュニケーションのハードルが低くなり、硬すぎずライトなコミュニケーションが図れるのです。
誰に語らせるか、というのも非常に重要なポイントですね。

ちなみに、「えねまる」の眼球は可変で、シーンによって色々な表情を作れるようになっています。もしぬいぐるみを使ったFacebookページ運用を考えている場合は参考にしてみてください。

▲宣伝は「さりげなく」「自然に」
関係性ができてきたところに、さりげなく混ざっているのが省エネの話やガス冷暖房などのサービスの話です。

facebook 活用 事例 プロモーション たぬき課長のしごとば~shigoto-Bar~/大阪ガス株式会社 節電

ただ「えねまる」の口から発せられていたり、他の話題に交えて言及されているので、宣伝色が弱まっています。

facebook 活用 事例 プロモーション たぬき課長のしごとば~shigoto-Bar~/大阪ガス株式会社 事例

ファンに受け入れてもらえるような形で宣伝できていますね。

▲アンケートはフィードバックが重要
省エネ意識やクールビズのスタイルについてのアンケート調査キャンペーンを実施していました。
facebook 活用 事例 プロモーション たぬき課長のしごとば~shigoto-Bar~/大阪ガス株式会社 キャンペーン

ポイントは、アンケート結果をかならずファンにもフィードバックしていること。とりっぱなしにするのではなく、きちんと報告することでコミュニケーションが積みあがっていきますね。

facebook 活用 事例 プロモーション たぬき課長のしごとば~shigoto-Bar~/大阪ガス株式会社 キャンペーン投稿


特にキャンペーンなどは、参加したこと自体忘れられてしまうこともあるので、何度か同じ話題を振ることで存在感を強めていくことができるのではないでしょうか。

何かを伝えたり、買ってもらったりするには、人と人との関係性が重要です。
Facebookページも。まずはファンが話を聞いてくれる状態を作ることが大事だなと、改めて気づかされる事例ですね。

このページからの投稿を日々見ていて、エネルギーのことを前よりも意識するようになった人も少なくないのではないでしょうか。

★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

HELPMAN! JAPAN/株式会社リクルートキャリア・株式会社講談社

日本の介護ビジネスを応援するプロジェクト、HELPMAN! JAPANのFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション HELPMAN! JAPAN リクルートキャリア 講談社 カバー

このページの特徴は、投稿自体に「いいね!」を集めながらも、サイトへの誘導がうまいという点です。
投稿を作成していると、Facebookページのエッジランクを保つために投稿に「いいね!」してもらいたい一方、サイトにも飛んでもらいたいというジレンマに襲われること、ありますよね。そんなときのヒントにしてみてください!

▲URLの先に導く構成と文章
【現場で働くヘルプマン】のコーナーは、介護関連職に従事する人を紹介している記事の投稿です。ポイントは3点です。

facebook 活用 事例 プロモーション HELPMAN! JAPAN リクルートキャリア 講談社 人物

1、共感要素を残している
投稿に「いいね!」をもらうには、長すぎない読み切り型の文章のなかに共感できる要素を盛り込むと効果的です。説明するのは簡単ですが、実際共感要素を残しながらちょうど良い長さの文章にまとめるのは難しいものです。

2、興味をあおる誘導文をつける
URLを載せる直前に、「民俗学専門の大学准教授から介護職へと転身した六車さんの“介護のススメ”って?」など、文章の先が気になるような一文を載せています。王道ですが、見逃せないポイントですね。

3、URLを2か所に配置している
冒頭のタイトル直下と、文章後の「◆詳しくはこちら→」の二か所にURLを配置。
ちなみに、短縮URLが異なるので、どちらが押されているのか末尾に「+」つけて見てみたところ、圧倒的に上でした。

ただ、上のURLはサムネイル画像押したぶんも含まれているので、当然といえば当然なのですが。いずれにしろ、URLを2か所に配置するのは取りこぼし防止にはよさそうです。

▲クイズがクリックを、解説が「いいね!」を稼ぐ
【トレンドクイズ】のコーナーは記事からクイズを作成して出題することで、記事を読んでもらえるように誘導している投稿です。

facebook 活用 事例 プロモーション HELPMAN! JAPAN リクルートキャリア 講談社 クイズ

こちらも興味をあおるという意味でうまいですよね。特に気になるのは、文章の構成。まず短い文章でクイズを出題して、すぐに答えのURLを記載。

その後、解説をして最後にまたURLへ誘導しています。この解説部分が投稿への「いいね!」を稼いでいる印象を受けます。

▲専用の画像を用意
【HELPMAN!JAPAN 今週の公式HP記事更新情報!】と、一週間の更新記事を紹介。
facebook 活用 事例 プロモーション HELPMAN! JAPAN リクルートキャリア 講談社 記事

単にURLのサムネイルを読み込ませるだけだと、記事更新情報の投稿で毎回同じ画像が表示されてしまいそうですが、この投稿ではおそらく専用の画像を用意。ちゃんと更新された記事にあわせた画像を組み合わせて作っていますね。

ちゃんと毎回内容にあわせた画像を用意することで、「いいね!」もつきやすくなるのではないでしょうか。

▲最後に、テーマについて
介護テーマのFacebookページは、珍しいですよね。介護というと、Facebookページの運用が難しいと感じる人もいるかもしれませんが、私は逆だと思います。

なぜか。理由は2つあります。

1、Facebookページ上での競合が少ない
2、介護業界は新しいFacebookユーザーがいる

1、はつまり、他がやっていないからこそ、ターゲットにリーチさえできればファンを集めやすいであろうということです。
2、は私の推測です。何が言いたいかというと、新しいユーザーは友達や「いいね!」しているファン数が少ないぶん、投稿が届きやすいということです。

Facebookページを盛り上げやすい状況だというわけです。実際、このページは1万人のファンに対して、投稿に集まる「いいね!」の数が100~200と、盛り上がっています。もちろんコンテンツ自体の質が高いということが土台にあります。

でも、きっとこの業界なら今からFacebookページを作っても遅くなく、盛り上げやすいはず。介護に限らず、まだ同じような傾向の業界ってあると思うので、躊躇している人はぜひFacebookページの運営にチャレンジしてみてくださいね!



★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。
PageTop

AXA People Protectors/The AXA Group

AXAグループが運営する人々を守りたい!と思うメンバーが世界中から集まったコミュニティ、AXA People ProtectorsのFacebookページ

人、社会、地球がかかえる問題をテーマに世の中に注意を呼びかけたり、リスクを防止するための活動についての投稿がされていますが、そのなかから今回は反応を得るために参考になりそうなTIPSとともにご紹介していきたいと思います。

facebook 活用 事例 プロモーション AXA People Protectors カバー


▲画像にテキストを入れて、注意をひきやすく
色々な投稿が流れているFacebookのニュースフィードにおいて、ファンの目をとめることは重要です。

そういう意味で、画像は画面占有率が高く、目立つため非常に重要です。
しかし、このページについては、写真だけで何を表現しているのか伝わりにくいトピックスが多いもの。テキストを読んで初めて理解できるケースも少なくありません。
facebook 活用 事例 プロモーション AXA People Protectors 文字


だからこそ、こちらのように画像に投稿の内容が一目でわかるとグッと伝わりやすく、注意をひきやすくなります。


▲色んな画像を1枚に集めてイメージしやすく
1枚の画像だけでは伝わらないことも、複数のシーンを見せることでよりイメージしやすくなるは複数写真を一枚にしてみるというのも一つの手です。
facebook 活用 事例 プロモーション AXA People Protectors写真


もちろん、一つの投稿に複数の画像を添付することも可能です。しかし、その場合は上記のように思うように文字を入れたり、各画像の配置などをコントロールしたりはできません。

より効果的に複数枚の画像や文字を一枚の画像で見せたいときにおススメです。

▲「いいね!」やコメント、シェアなどの使い方を示す
・こうした活動を応援したいと思う人は、この記事を「シェア」してください!
・水は地球の大切な資源。この記事を「シェア」して私たちの水を守りましょう!
など、「○○な場合は△△してくださいね」という一文を投稿の最後に入れています。

facebook 活用 事例 プロモーション AXA People Protectors CTA


投稿を見ている人の心境とうまくハマれば、「いいね!」やコメント、シェアが増える可能性がありますよね。

※ただ、「ユーザーに明示的に「いいね!」を要求する投稿は表示ランクを引き下げられる。」という説もあるので、使い方が難しい方法でもあります。なお、あくまでもディスカッションやコミュニケーションを促しているページには影響はないので、この場合は問題ないと思います。
参照元:Tech crunchFacebook newsroom


▲海外テイスト?のコミュニケーション
このAXA People Protectorsの活動自体が海外発祥のもの(おそらく)だからこそかもしれませんが、今回ご紹介したテクニックや最後のコールトゥアクションなどが、海外のFacebookページや外資系企業のFacebookページでよく目にするタイプのもののように感じてます。

取り入れられそうなものは真似してみるといいかもしれませんね。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

喜一工具株式会社 国産工具 輸入工具

商品についての投稿でも、宣伝色があまり感じられず、むしろ商品へのこだわりや愛情が伝わってくるようなページです。

投稿には毎回100件前後の「いいね!」が集まっているほど盛り上がっています。ファンからのコメントも見受けられます。

喜一工具株式会社 国産工具 輸入工具のFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 喜一工具株式会社 国産工具 輸入工具 カバー


▲事前告知から商品紹介、リマインドまで!セールにまつわる一連の投稿
宣伝色が強すぎると、見ている人から嫌がられてしまい、どうしても反応が薄くなりがちなセール情報。

しかし、だからといって全く告知しないわけにもいかないですよね。

喜一工具株式会社では年始から3か月かけて、全品50%OFFの『半額祭』を実施していました。Facebookで投稿されていた一連の『半額祭』の投稿が巧いので、ご紹介したいと思います。

●開始前の告知でチラシのチラ見せ
『半額祭』開始前に、事前の告知をすることで、より多くの人に知ってもらうことができます。
ポイントとしては【今年もお世話になりました!】という見出しでの投稿に、「追加」で告知しているところです。

facebook 活用 事例 プロモーション 喜一工具株式会社 国産工具 輸入工具 開始


これが【年明けから『じぇじぇじぇ!』なセール企画が始まります】という見出しの投稿だったら、宣伝色が強くなりすぎてしまいますよね。投稿自体は一年の感謝を伝えるもの、セールのお知らせはあくまでも「ついで」という風に見えるのです。

しかし、使用している写真にはしっかりチラシが写っています。しかも、チラ見えしているぶん、余計に興味がそそられますね。


●半額商品の魅力を丁寧に解説
使ってみて初めて、その商品の価値を感じるであろう工具。セールのチラシだけでは、魅力を伝えきるのは難しいはずです。

そこで、商品の魅力を丁寧に解説する投稿を行っています。活用方法や写真だけではわからない機能についてもしっかり説明していますね。この商品紹介投稿はシリーズになっていて、ファンからのコメントも見受けられるあたり、きちんと興味をひきだしているということが伝わってきます。

facebook 活用 事例 プロモーション 喜一工具株式会社 国産工具 輸入工具 工具


また、いきなり商品の魅力から話はじめないというところもポイントです。右の投稿では、この時期に話題になっていたソチ五輪の話から始まり、「盛り上がる」というワードでうまく半額祭の話につなげています。これも、宣伝色が強くなりすぎないためのポイントですね。


●リマインドにも「ひとけ」を加えて
半額祭残り4日時点で、リマインドの記事を投稿しています。この投稿の宣伝色が不思議と緩和されているポイントは「ひとけ」です。

写真に注目してください。「SALE 残り4日」という手書きの紙と手が写りこんでいます。

facebook 活用 事例 プロモーション 喜一工具株式会社 国産工具 輸入工具 リマインド


もし、チラシだけだったらどうでしょう。無機質かついかにも宣伝な感じ、文字も細かくてわかりにくいし、もしかしたら「やっつけ感」を感じてしまう人もいたかもしれません。

でも、そこに手書きの紙と手が入るだけで、がらりと印象を変えることができます。手書きの紙は丁寧に色づけまでされていて、あたたかみを感じます。手も人の存在を感じられる要素ですよね。

もし、なにか宣伝の印刷物だけ撮影することがあれば、こういった「ひとけ」の伝わる一工夫ができないか考えてみるとよいでしょう。


▲プロの現場から
ルアービルダーや釣り、車の車検、整備、鈑金塗装など、プロで工具を使っている人の取材記を投稿しています。

facebook 活用 事例 プロモーション 喜一工具株式会社 国産工具 輸入工具 プロ


宣伝というよりは、プロの方の紹介を交えながら、彼らのこだわりを伝えるような人物中心の内容です。しかし、そんななかにも商品の使用感や特徴にも言及しているあたりに注目です。

取材対象のプロに憧れる人がいるであろうと考えると、通常の「お客様の声」とはまた別の「おすみつき」効果が期待できますね。そして、単なる宣伝投稿ではないので、読み物として楽しめるといったところが、投稿のポイントです。


▲社員紹介で企業のカラーも伝わる
単に「どんな仕事をしているか」だけではなく、社員のことを色々な角度から紹介するこのシリーズ。読んでいるうちに、その人の性格がなんとなくわかり親近感がわいてくる内容になっています。


facebook 活用 事例 プロモーション 喜一工具株式会社 国産工具 輸入工具 


また、好きな工具ブランドや仕事のモットーといったことも書かれているので、工具に対する愛情や仕事への想いが伝わってきます。

喜一工具株式会社 国産工具 輸入工具のFacebookページでは、見ているうちに工具に対する興味を掻き立てられるだけでなく、喜一工具株式会社自体のファンになってしまうような投稿が目立ちます。それも、このような想いのある社員一人ひとりに支えられているのだということを感じられますね。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。