facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Kaspersky Labs Japan/株式会社カスペルスキー

BtoCだけでなく、BtoBにむけてもセキュリティソフトを販売しているカスペルスキー。Facebookページではネットのセキュリティにまつわるお役立ち情報を発信しています。

facebook 活用 事例 プロモーション Kaspersky カバー


ファン数に対する投稿への反応率は1~3%ほど。(もちろん投稿を広告に使っている可能性もありますが、ファンからきちんと支持されている様子が外側からも伝わってきます)本当に役立つ情報を身近に感じらえるような切り口で伝えていることが、支持されていることの理由ではないでしょうか。

今回はそのKaspersky Labs JapanのFacebookページをご紹介します。

▲説明も実行もカンタン!
年末にデジタル機器をセキュリティ脅威から守るためのヒントを1日1回紹介していたシリーズ。ポイントは専門用語を使わずに、難しいことをしなくてもセキュリティを強化できるようなアドバイスをしているということ。これならすぐに実行できるし、企業への気持ちも近づくのではないでしょうか。

facebook 活用 事例 プロモーション Kaspersky セキュリティ.

他にも、新しいコンピューターを使い始めたときや新しいモバイル端末を使い始めたときなどという設定で留意点を紹介していたりと、自分ごととして注意をひくような内容や導入文が多いというのがこのページの直腸ですね。

facebook 活用 事例 プロモーション Kaspersky お役立ち


▲専門家に質問できる
「エキスパートに聞こう!」というシリーズでWeb 2.0における脅威。その中にはSNSでのセキュリティ問題について質問ができるようになっています。回答が英語だったりしますが、疑問が気軽に解消でいるならユーザー自身も嬉しいですし、コミュニケーションも活発化して良いですよね。

facebook 活用 事例 プロモーション Kaspersky プロフェッショナル

▲お国紹介
本社がロシアにあるカスペルスキー。チョコレートなど、誰でも興味のありそうなテーマで投稿をしています。また、マトリョーシカのように誰でも知っている名物も投稿しています。こういった広く知られているもの、沢山の人の興味をひけるものをネタに軽いコミュニケーションを重ねていくことも、関係性構築には重要です。

facebook 活用 事例 プロモーション Kaspersky 名産


▲こころのセキュリティ診断
セキュリティについて、個人的には結局はどれだけ危機感を持って日々行動しているかが重要なのではと思っています。そういう意味では、この診断アプリはネットのセキュリティから少しはずれる反面、ある意味では親和性が高いのではないでしょうか。

facebook 活用 事例 プロモーション Kaspersky アプリ

投稿はお役立ち情報が中心で、たまにキャンペーンなどの内容を発信するなど企業色は強めのページではありますが、上記のアプリやお国紹介あたりが息抜き的なコンテンツになっていてバランスを保っているようにみえます。

★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。


スポンサーサイト

PageTop

請求書の作成、管理、郵送 「MakeLeaps」/Webnet IT

Facebookページの運用は写真が重要、ということは手にとれる「モノ」がある企業のほうが、運用しやすいということになります。事実、お客様に商品ではなくサービスを提供している会社は「何を投稿すればいいのか」「ファンからの反応を得るにはどうすればいいのか」悩んでいるのではないでしょうか。

今回はそんな、サービスを扱っている企業のFacebookページ担当者が参考になりそうな請求書の作成、管理、郵送 「MakeLeaps」のFacebookページをご紹介します。

請求書の作成、管理、郵送 「MakeLeaps」/Webnet IT カバー


▲超わかりやすいイメージ画像
MakeLeapsは簡単オンライン見積書と請求書作成・管理・郵送ツールで、WordやExcelを使って請求書を作成するのに比べ約80%時間が節約できることをうたっています。

facebook 活用 事例 プロモーション 請求書の作成、管理、郵送 「MakeLeaps」/Webnet IT 投稿


それを上記のようにわかりやすく画像でイメージさせています。そして、時にはこんな投稿も。

facebook 活用 事例 プロモーション 請求書の作成、管理、郵送 「MakeLeaps」/Webnet IT イメージ

これらは、普通に文章のみで訴求するのに比べ、2つの点で優れているのです。
①メリットがわかりやすくイメージしやすい
②飽きない

文章だけで同じメリットを投稿しつづけたら「またか」と思われますよね。それが訴求方法の異なる画像を用いることで解消できるのです。


▲キャンペーンは事後も大事
TwitterでMakeLeapsを使ってみた感想・体験談をハッシュタグ付きでつぶやくと優勝者にiPod nanoをプレゼントするという「私のMakeLeaps体験談」キャンペーン。

facebook 活用 事例 プロモーション 請求書の作成、管理、郵送 「MakeLeaps」/Webnet IT プレゼント

Facebookでも告知・進捗報告をしていました。進捗報告(キャプチャ左)も、キャンペーンを促すためには重要なのですが…

facebook 活用 事例 プロモーション 請求書の作成、管理、郵送 「MakeLeaps」/Webnet IT シェア


事後も大事です。当選者の方が当たった!と投稿したものをFacebookページで投稿(キャプチャ右)していますね。
当選者の方が「当たった」投稿をしてくれると、他の人への認知につながります。MakeLeapsの場合はどうしているのか私は知らないですが、「当たった」投稿をしてもらうポイントをご紹介します。

①投稿したくなるようなプレゼント

プレゼントそのものもそうですが、ラッピングも重要です。MakeLeapsのラッピングも非常に楽しげですよね。

②当選者にお願いする
プレゼントに添える送付状にお礼と、よかったらシェアしてくれませんかというお願いの一言を添えてみましょう。もちろん強制はできませんが後押しにはなりますね。


▲サービスに関係ないことも投稿
担当者が気になるニュースやなかの人を映した投稿は、ファンとの心の距離を縮めます。実際「いいね!」もついていますよね。
facebook 活用 事例 プロモーション 請求書の作成、管理、郵送 「MakeLeaps」/Webnet IT 担当


▲ターゲットにあったお役立ち情報を発信
このページのターゲットはフリーランスや小規模会社、ということで、ターゲットの役に立つような情報も発信しています。画像はファンの目を留めるには役立ちそうですね。

facebook 活用 事例 プロモーション 請求書の作成、管理、郵送 「MakeLeaps」/Webnet IT tips


商品としての「モノ」はなくとも、けっこうネタはあるはず。どう見せるかを工夫してみると良いのかもしれません。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。
PageTop

株式会社スカイアークシステム

BtoB企業のFacebookページで、キャラクターを通して広く色々な人とコミュニケーションをとり、着実に会社の実ファンを増やしている様子が見て取れます。反応率は高い時で4%超え!北海道帯広に本社があるWebインテグレーター企業、スカイアークシステムのFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 株式会社スカイアークシステム



▲まずは広く色々な人に本当のファンになってもらう
CMSインテグレーションを行っている会社なのですが、FacebookページではITに関心のないユーザも広く集めているようです。
顧客開拓だけでなく、採用にもFacebookページを活用していることもありますが、まずは顧客化しなそうなユーザも含めたくさん集めてファンになってもらっている印象を受けます。

facebook 活用 事例 プロモーション 株式会社スカイアークシステム 広告


広告は一見何の会社だかわからないクリエイティブで、キャラクターであるそらちゃん前面押しになっています。かわいい!ということもありデザイン的にも目をひきますよね。
そして説明文には「ITに興味のない方でも楽しめます」の一言があり、広告でユーザーを(ITという分野で)絞り込まないような内容になっています。

最近よくスカイアークシステムのFacebook広告を見かけるようになったなと感じていたのですが、どうやらファン数も5月中ごろから順調に伸びていたようですね。(引用元はこちら)

facebook 活用 事例 プロモーション 株式会社スカイアークシステム アクセス解析

▲会社を好きになってもらう
投稿内容は主に、会社のなかの様子や旬な(季節の)話、そしてサービス宣伝です。前者2項目は自社の実ファンになってもらう効果がありそうな投稿になっています。

facebook 活用 事例 プロモーション 株式会社スカイアークシステム 福利厚生 制度


①会社のなかの様子…まずは自社を知ってもらい、好きになってもらう
20時退社制度、おかし部、MVP、おそうじについて等、ユニークな福利厚生・各種制度や社内ルールを紹介。
なぜその制度があるのかという説明から、理念や想い、会社の雰囲気が伝わってきます。実際いいね!やコメントもついていますね。

②旬な(季節の)話…コミュニケーションをしかけて盛り上げる
母の日や金環日食、風呂の日など、旬の話題やシーズナルのネタから話を膨らませています。ファンとコミュニケーションを取るきっかけづくりになっていますね。

facebook 活用 事例 プロモーション 株式会社スカイアークシステム 旬

いいね!切り番のお祝いもしていました。切り番直前の前ふりもかわいくて好感を持ちます。
facebook 活用 事例 プロモーション 株式会社スカイアークシステム 切り番


▲サービス宣伝の話を身近な話題におきかえる
Movable TypeやSalesforceのCMSなど、サービスの宣伝情報も発信。
Salesforceの最新CMSを紹介しているときは「そらちゃんが食事しに行ったとき」という設定でわかりやすくCMSを解説。
広告でITという分野に絞り込まずにユーザーを引っ張ってきていることもあり、サービス宣伝も身近な話に例えてユーザーの興味を惹くように工夫している点が◎です。
そらちゃんのキャラクター画像もしっかり用意しているあたり手が込んでいるなと感じます。

facebook 活用 事例 プロモーション 株式会社スカイアークシステム 宣伝

サービス宣伝の投稿でも、コミュニケーションのきっかけになるような投稿や共感を呼ぶ会社のなかの様子や旬な(季節の)話といった他の投稿に負けずいいね!がついているあたり、ファンとの関係性が築けている証拠ではないでしょうか。

★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

サイトの安心:McAfee SECURE/三和コムテック株式会社

いちユーザーとして興味深いお役立ちコンテンツが、たくさん用意されているサイトの安心:McAfee SECUREのfacebookページ。ノート機能をフル活用しています。

facebook 活用 事例 プロモーション サイトの安心 McAfee SECURE

▲お役立ち資料のプレゼントで『いいね!』を促進&製品宣伝
オンラインショッピングの際に気をつけることを個人むけにまとめたマカフィの資料。色々紹介されている注意点のなかで「McAfee SECUREマークが付いているWebサイトは安全」「McAfeeのセキュリティソフトが入っていると安心」などとさらっと訴求しています。

facebook 活用 事例 プロモーション サイトの安心 McAfee SECURE ショッピング

▲個人むけオンラインショッピングの活用情報
・ネットショッピング 達人への道(キャプチャ左)
ポイント制の活用方法や、返品無料サイトなどオンラインショッピングを賢く使う方法や、オンラインショッピングを通しての復興支援の呼びかけなど、個人としてオンラインショッピングを使う際に参考になる情報を掲載。

・Happy英語レッスン(キャプチャ右)
英語でのオンラインショッピングへのハードルを下げるためのコンテンツ。ショッピングとは直接関係ない内容ですが、英語サイトに慣れるよう、英語を勉強できるコラムになっています。

facebook 活用 事例 プロモーション サイトの安心 McAfee SECURE  セキュリティ

▲セキュリティについての丁寧な解説
・知って安心kotoba解説(キャプチャ左)
インターネットの専門用語でよくニュースなどで耳にする言葉をやさしく解説。

・このマークな〜に?(キャプチャ右上)
よく見かけるwebサイトに掲載されているマーク。その意味を解説してくれています。

・怖くない!警告メッセージ(キャプチャ右下)
ネット利用中にたまに出る警告メッセージ。よく見るのでスルーしていたものから、「あれ、大丈夫かな?」と一瞬心配になるものまで丁寧に解説しています。

▲セキュリティ関連ニュース配信
ウォールでは、上記コンテンツ群の更新情報案内だけでなく、セキュリティ関連ニュースを配信しています。


最後に
このページ、運営しているのはマカフィではなく三和コムテック。企業のビジネスシステムを支える様々な製品・サービスをワンストップで提供している会社です。一方、facebookページは“個人むけの”ネット関連お役立ち情報が満載、といった印象。

企業のなかで該当製品・サービスを検討する人に“多く”リーチすること自体が難しそう&製品・サービス検討時の判断にこのfacebookページがどれだけ貢献できるのか(結局製品・サービスの内容と価格での比較に終始しそう)は疑問だったりしますが…

個人的には役立ったので、私のなかではよい印象が残りました。ユーザーによい印象を残しておいて、検討が必要になったときに想起してもらえればよいのかもしれません。投稿も反応があるようなので、もっと広まって時間も経過すると状況も変わってくるのかもしれません。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

鱈肝(たられば) マナー違反は許さない!/株式会社ヒューモニー

電報の会社ヒューモニーが運営するマナー情報のfacebookページ。Facebookで広告を出稿しているにもかかわらず、どんな業界のどの企業が運営しているのか、よく探さないとわからないほどにページ内で企業の宣伝をしていません。
生活のどこかのタイミングで必要になる電報、インパクトのあるコンテンツを用意し認知してもらい、ファンになってもらい、いざというときに想起してもらうことが狙いといったところでしょうか。

facebook 活用 事例 プロモーション  ヒューモニー 鱈肝(たられば)

▲ジャンル別にマナー情報を提供
たらればレンジャーというキャラクターを設定。カラーごとに結婚式、葬式、社会人、手紙文例、日常生活というジャンルを担当。

ノート機能にイラスト付のまとまった情報を集約している一方、ウォールでは季節に合わせた内容や、クイズ形式での情報提供をしています。

企業サイトには慶弔ごとに関する様々なお問い合わせにお応えしてきたノウハウを、お客様に最も適した形で提供できる方法はないかと、Facebookページを開設したと記載されていました。宣伝色が強いfacebookページが多いなか、逆に新鮮に感じられ企業イメージがアップする事例ですね。

facebook 活用 事例 プロモーション ヒューモニー 鱈肝(たられば)  マナー


▲『いいね!』抽選でプレゼント
自分へのプレゼントではなく大切な人に電報でメッセージが届けられるというプレゼント。よい機会提供になりそうですね。



★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。