facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

木馬歯科医院

企業の運用するFacebookページは多く、お手本となるようなものも多いのですが、病院はまだまだ活用が進んでいあいように感じます。

今回は、木馬歯科医院のFacebookページをご紹介します。

▲ひとけのあるコンテンツ
木馬歯科医院のFacebookページでは、主に
・歯の基礎知識
・口臭治療
・8020運動
についてのコンテンツが投稿されています。実際の投稿はひとけを感じるようなあたたかいものになっています。

実際に一つひとつ見ていきましょう。


▲外部コンテンツを活用
海外のポスターや、ニュース記事などを紹介・転載して歯の基礎知識を説明しています。

facebook 活用 事例 プロモーション 木馬歯科医院 投稿

文章の冒頭に「フロスか死か」や「多忙な人ほど肥満食品を選びやすい」など、直接「歯」に関心がない人でも気になるような文言がくるところがポイントです。思わず、投稿が目に留まり、続きが読みたくなりますよね。

また、こちらのように「20代の75%が歯周病」と少々衝撃的な見出しがきた後、歯科医が教える歯周病セルフチェック法が紹介されている投稿もなかなか巧いです。なぜなら、次々と流れていくFacebookのニュースフィード上でユーザーの注意喚起をした後に、短時間で消費できるコンテンツとしてチェックリストが紹介されているのです。

facebook 活用 事例 プロモーション 木馬歯科医院 チェック

転載とはいえ、記事を選ぶにもセンスが必要です。Facebookの特性をおさえた記事を発信していきたいものですね。

ところで、歯医者といえば(このFacebookページにも記載されているように)日本では「どこか悪くなったから来院する」というケースが一般的のように感じます。一方、コンビニより多いという歯科が患者(場合によってはお客さん?)を沢山集めるには、治療希望の人だけではなく予防やメンテナンス希望の人を集めていく必要があるのでしょう。

そういったことをふまえると、診療エリア内のファンを広く集め、継続的にこういった情報発信をすることは、地道ですが啓蒙とお客さま集めにつながりそうですね。

ちなみに、コンプレックス診断なる診断コンテンツもあり、このあたりお歯に直接興味がなくても楽しめる内容になっていました。

facebook 活用 事例 プロモーション 木馬歯科医院 診断



▲そばで寄り添う治療ストーリー
これまで実際に行った口臭治療のストーリーを投稿しています。口臭というコンプレックスに関する話題だけに、悩んでいる人は共感したり、自己投影したり、治るということに希望を見出したりと関心度高く読みすすめることができる内容になっています。

facebook 活用 事例 プロモーション 木馬歯科医院 治療


また、文章に人を惹きつける力があるのです。以下のくだりをご覧ください。
〝「口臭があって困ること」たいてい「積極的になれない」とか「会話を楽しめない」とかあります。
でも、わたしはこう思うのです、「あなたは今でも十分積極的ですよ、なぜなら来院できたのですから、1/30の人なんですよ」よくぞ来院してくれたことを褒めます。口臭治療で来院するのはとても勇気がいることなのです。”

〝少しの勇気で人生が変わるのです。問い合わせができても来院できない患者さんも救いたいと思います。”

想いが伝わってきますよね。口臭に悩んでなくても共感・感動します。実際にこの投稿には127件の「いいね!」が集まっています。

病院は、Facebookで病気のことに触れることにリスクを感じるのではないかと思うのです。でも(内容にもよりますが)きとんと患者さんのそばで寄り添って想い伝えていけば、むしろ賛同者が増えていくんじゃないかな、と私は思うのです。


▲なかの雰囲気を伝える
8020を表彰した、患者さんと先生の2ショットを投稿しています。(ここでは貼り付けませんが、実際の写真は木馬歯科医院のFacebookページでご覧になってみてください)

こうやってお祝いするのも素敵ですが、記念写真を撮らせてもらえるなんて患者さんとの関係が良好な証拠ですよね。

facebook 活用 事例 プロモーション 木馬歯科医院 院内


また、右は院内での作業風景。お医者さんのなかを見る機会はなかなかないぶん、こういった裏側が垣間見える投稿は親近感がわきますね。

ともに、なかの雰囲気が伝わってくる投稿ですね。初めての病院に行くときに気になるのはやはり、どんな先生なのか、つまり『人』です。このようになかの雰囲気を伝えることで、少しでも安心して病院に足を運んでもらえると良いですよね。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

スポンサーサイト

PageTop

星野歯科駒沢クリニック

歯科のfacebookページは、病院・治療院系のなかではファン数が多いジャンルです。ただし、自動更新などではなくちゃんと運用していて、かつ反応もそれなりにあるページは稀。ということで、そんな希有な星野歯科駒沢クリニックのfacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 星野歯科駒沢クリニック キャンペーン

▲キャンペーン告知をしながらファン数増加
『いいね!』で矯正がモニター価格になるキャンペーンを実施中。モニターは当然ながら写真の公開や感想文の提出がありますが、金額的にはかなりお得です。いいね!でのクーポン表示等は企業だとよく使われる手法ですが、歯科だと新しく感じるのは私だけでしょうか。

▲ウォール運用で信頼性アップ
ウォール運用のポイントは①院内が見える②専門的話題で技術力を伝える、の2点です。

facebook 活用 事例 プロモーション 星野歯科駒沢クリニック スタッフ

①院内が見える
・スタッフの誕生会とそのお礼がえし(どうやら手作りお菓子が恒例らしい)
・患者さんからいただいたもの
・スタッフ紹介
・忘年会、送別会の様子
など、スタッフ同士の関係が良いこと、雰囲気、お客さんから信頼されていることが伝わってきます。

facebook 活用 事例 プロモーション 星野歯科駒沢クリニック 実績

②専門的話題で技術力を伝える
・研修会参加や韓国のインプラントメーカー工場視察、シンガポールでの講演会登壇の様子
・新システム導入
・治療実績のグラフと考察(この内容を公開しているのは驚きでした。今は安定しているもののインプラント脱落の話まで記載してあり、逆に信頼感を得ています)
などを通して、専門性の高さやその分野で先進的なポジションにいることなどが伝わってきます。

facebook 活用 事例 プロモーション 星野歯科駒沢クリニック クエスチョン

あとはクエスチョンも活用していました。64票も回答が集まっていますね。ウォールできちんと内容フィードバックもしています。

facebook 活用 事例 プロモーション 星野歯科駒沢クリニック 医院紹介

▲医院紹介
医院紹介のタブもあります。が、注目すべきは左ナビゲーションの概要のところ(赤枠内)。きちんと住所と連絡先が常に見える個所に記載されていますね。これ病院もそうですが店舗系全般のfacebookページで重要です。



【イベントのご案内】
「Facebookページの費用対効果ってどう測るの?」「最近ウォールの反応率が落ちてる気がするんだけど、どう改善すればいいんだろう…」という方に!『Facebookページを分析しよう』がテーマのトークセッション&ワールドカフェイベント2012Rexワールドカフェサーキット。分析から改善まで色々学べて、他のfacebookページ運用者とのつながりもできます!!

★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。
PageTop

【三鷹市の整体院】 ファミリーカイロプラクティック三鷹院

治療院のfacebookページ事例を探していたのですが、ファン数が2桁の小規模ページが多いですね。地元密着型の運営を目指すとすると、まずは数より過去に一度でも足を運んでくれた人との関係性維持&構築が重要そうです。【三鷹市の整体院】 ファミリーカイロプラクティック三鷹院のfacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 整体 ファミリーカイロプラクティック三鷹院

▲ユーザーを惹きつける初めての方へページ
興味喚起からファン獲得(治療院への期待感をもってもらう)まで1ページのなかで以下のような流れができています。
①想定されるユーザーニーズを提示 ⇒ 興味喚起、共感を促しページに引き込む
②経歴などを数字を交えて紹介 ⇒ 信頼してもらう
③何を提供できるのか説明(※)   ⇒ ファンになることのメリットを感じてもらう、(①のニーズに対して)課題解決のイメージをもってもらう

※姿勢が良くなることがイメージできる図と、「腰痛、肩こり、頭痛の解消法や姿勢を良くする方法を解りやすくシェアしていきます。」という解説があります。

facebook 活用 事例 プロモーション 整体 ファミリーカイロプラクティック三鷹院 イベント

▲将来顧客獲得も!?リアルイベントとの連動
誰でも参加OKな無料の健康教室を定期的に開き、授業の様子や記念写真をfacebookページにアップしています。
通院者優先と記載されています。確かにこういったイベントを開催するのであれば、まずは既存顧客に告知集客。徐々に家族・友人・知人の紹介から、facebook流入ユーザーと増やしていき将来顧客を集めることができるのではないでしょうか。

facebook 活用 事例 プロモーション 整体 ファミリーカイロプラクティック三鷹院 院内


▲院内や施術の様子を公開
キッズスペースを紹介しながら、子どもと一緒に通院できる旨を紹介したり、施術の写真とともに背骨のチェックやケアの必要性を説いたりしています。後者は、ユーザーにとってのお役立ち情報を交えながら、ニーズ喚起をしているあたりが◎ですね。


▲顔が見え、ストーリーが伝わる院長紹介
直接身体を触られたりするぶん、「誰が施術するのか」は来院先を決めるのに重要なキーになってきますよね。ファミリーカイロプラクティック三鷹院では、以下3点から院長の経歴や人となり、想いなどが伝わってきます。
①顔出し(プロフィール写真・ページオーナー設定)
②想いの伝わる自己紹介(基本情報)
③日々の情報発信(ウォール)

特に②では、「わたくし、院長佃は7歳の時に事故で金属バットで頭を強打する事故に遭いました。」から「カイロプラクティックに出会ったおかげで今では全ての症状と別れを告げました。」「世界を良くするには身近な家族、友人の健康づくりのお手伝いをすることこそが平和への1歩と考えました。」など、なぜカイロプラクティックに興味を持ったのかやミッションなどが記載されています。

個人的には、せっかく内容が濃いので基本情報ではなく特別にページを設けて露出度を上げていったほうがいいのでは、(気付かれにくくテキストのみの)基本情報への記載だともったいないのではと思ったりもします。

▲患者さんのエピソードを共有
ウォールで患者から感想や、エピソード紹介をしていました。患者さんのエピソードを共有することで院での課題解決が可能であることを伝えています。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。
PageTop

あおばウィメンズホスピタル

病院の印象は人によって違うとは思いますが、少なくとも「明るい」「やわらかい」という言葉とは離れているのではないでしょうか。個人的には、どちらかというと「暗い」「無機質」といったイメージです。

そんな病院のイメージが、病院の日常を紹介することでプラスになる事例です。産婦人科だと赤ちゃんを産む女性は滞在期間も長いし、色々心配事もあるぶん、病院のなかが「見える」ということは重要かも。あおばウィメンズホスピタルのfacebookページをご紹介します。

▲赤ちゃんの写真紹介
これは今の写真だけでなく過去のものも親の許可をとったうえで掲載されているようです。メリットは以下2点。
①赤ちゃんの写真自体が反応を得やすい
 (ビジュアル的に『いいね!』されやすい&お祝い事なのでコメントもつきやすい)
 日本語以外の書き込みも見られることからも、直感的に『いいね』している人が多そうです。

②写真の赤ちゃんの親とコミュニケーションが産まれる

facebook 活用 事例 プロモーション あおばウィメンズホスピタル ランチ


▲ウォールでの食事写真紹介
入院した際に日々食べる食事が楽しみになりそうな内容だ、ということがわかるのはプラスの印象を与えられますね。実際、投稿ネタとなる食事自体がかなり凝っているからこそできるコンテンツではありますが。

▲院内やサービスの紹介
そのほか、院内のお部屋や、出産後帰宅時のプロによるメイキャップサービス、院内でかけている楽曲を収録したCDを分娩予定の妊婦にわたしているという話などが投稿されており、そこからきめ細かい対応や院の姿勢が伝わる内容になっています。

ともかくこのページはウォールがメインコンテンツ。出産の不安に対する相談がユーザーから寄せられていたりもするのですが、丁寧にこたえていることからも、ホスピタリティが伝わってきます。

facebook 活用 事例 プロモーション あおばウィメンズホスピタル

▲welcomeページで概要説明&サイトへの誘導
welcomeページは病院紹介に必要な要素がひととおり掲載されています。特長、院内写真、サービス内容、アクセス、電話番号など。ほか、ネット予約、院長ブログなども含めすべて導線が貼ってあり、サイトでいうトップページとしての役割を担っています。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。