facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

顧問弁護士SOS 谷原 誠/みらい総合法律事務所

弁護士さんのページですが、毎回の投稿でいいね!やコメント、シェアなどが2.5~3%くらいと反応率が高い!内容が内容だけに「いいね!」の意味も「役に立つ!」「勉強になった!」「わかった!」の意味かもしれません。

投稿やページに用意しているコンテンツも非常によくできていてそれこそ「勉強になった!」と思います。顧問弁護士SOS 谷原 誠のFacebookページをご紹介します。

▲使える!フリーテンプレを用意&活用
Facebookは投稿した情報が流れてしまうフロー型のメディアとも言われますが、Facebookページにはコンテンツをストックすることもできます。このページでは、このフローの特性とストックの特性をうまく連動させて使い分けています。

facebook 活用 事例 プロモーション 顧問弁護士SOS 谷原 誠

まず、Facebookページのタブアプリには『今すぐ使える書式集』という契約書や内容証明の12つのテンプレをダウンロードできるページが設置されています。ちなみに、ダウンロードはファンにならないとできないので、ファンを増やすという点でも一役買っているのです。

一方で、投稿では債務回収や契約条項、契約書作成などにまつわるお役立ち情報を発信しています。この投稿のポイントは2点です。
①書式集に誘導している
②画像を使って解説している


①これは先ほどのFacebookページに用意したコンテンツへの誘導です。ユーザーにとってはFacebook内でスムーズにダウンロードまで完結することができ、Facebookページにとっては訪れる回数が多いとエッジランクが上がります。

また、誘導した先のページにはきちんと問い合わせ情報まで記載されているあたり、抜け目がないですよね。
しかも、ページに訪れてもらえば取扱い業務、書籍一覧、弁護士紹介、問い合わせなどのページもあるため、サイトに訪れてもらっているのとなんら変わらないのです。

facebook 活用 事例 プロモーション 顧問弁護士SOS 谷原 誠 ページ


②毎回画像に投稿内で説明していることの概要と、「顧問弁護士SOS」というタイトル、そしてURLが記載されています。

) facebook 活用 事例 プロモーション 顧問弁護士SOS 谷原 誠 テンプレ

まず、概要を記載することによって内容がわかりやすく、投稿の「...続きを読む」を押さずとも把握することができます
そして、タイトルは毎回見てもらうことによってファンのニーズが顕在化した際にすぐに想起してもらえるようになる効果があります。


▲タイムリーに事件を解説して潜在層にも対応
ニュースになったような事件を事例にして、弁護士の視点で解説を加えた投稿をしています。
これは潜在層にも役立つコンテンツであると同時に、潜在層・顕在層ともに信頼してもらえるような要素を持ったコンテンツになっています。

facebook 活用 事例 プロモーション 顧問弁護士SOS 谷原 誠  事件


前章で取り上げたような具体的な書類の書き方は、今必要な人というかなり限られた人向けの投稿であるぶん、こういった誰でも読んで理解し意味が感じられるようなコラムは、潜在層との関係性構築に有効です。

また、解説をするなかで知識の豊富さや考え方を提示できるため信頼感の獲得につながるのです。


投稿内容のバランス、ストック型コンテンツの活用など、ページ全体で非常にバランスが良く、実際役立つ情報が沢山載っている(≒コンテンツの質が高い)ので、ファン数1万超えというページの規模感や反応率の高さにも納得できるページですね。



★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

スポンサーサイト

PageTop

経営者と総務担当者のための労務相談室/平川社労士・行政書士事務所

ファンのニーズに合った情報をタイムリーに発信。反応率もコンスタントに1%前後です。平川社労士・行政書士事務所が運営する経営者と総務担当者のための労務相談室のfacebookページをご紹介。

facebook 活用 事例 プロモーション 経営者と総務担当者のための労務相談室 平川社労士・行政書士事務所

▲いいね!したくなるタイトル
まず注目したいのがタイトル。「○○事務所」ではなく「経営者と総務担当者のための労務相談室」というタイトルにしていることで、ターゲットは誰かや、ページの役割がわかりやすくなっています。「相談室」という言葉から、一方的ではない相互にコミュニケーションを取れることや、ターゲットにとってメリットのありそうといった印象を与えられていますね。

facebook 活用 事例 プロモーション 経営者と総務担当者のための労務相談室 平川社労士・行政書士事務所 リーフレット

▲facebookを使い倒す
このページではイベント開催や各官公署発行のリーフレットのアーカイブ化、全国社会保険労務士会FB会・全国行政書士会FB会といった非公開グループの作成など、facebookのあらゆる機能をうまく使っています。タブやカバー写真も活用しており、アプリタブに各グループへのリンクを作っているのも、工夫がみられます。

facebook 活用 事例 プロモーション 経営者と総務担当者のための労務相談室 平川社労士・行政書士事務所 welcome

▲充実のwelcomeページ
内容は5部構成のwelcomeページ。内容も充実しています。
①最新のお知らせ
②facebookページで出来る相談の案内(個別の相談はしっかり問い合わせに誘導)
③運営者紹介(スタッフがイラスト付きで自己紹介しているので“ひとけ”を感じます。タイムラインの投稿にもどのスタッフによる投稿かわかるように名前がついていたりして◎です)
④サービス紹介
⑤タイムラインでの質問例(載っていることでわかりやすくなるものの、下すぎて気付かれないのではというくらいの掲載位置がもったいない。②からアンカーリンクとか貼れるといいかもしれませんね)

facebook 活用 事例 プロモーション 経営者と総務担当者のための労務相談室 平川社労士・行政書士事務所 タイムライン

▲ニーズに合った情報をタイムリーに発信
投稿内容は以下のようなラインナップです。
・労務関連ニュース
・労務関連制度説明
・労務関連書類記入例
・労務業務カレンダー 
・官公署発行リーフレット紹介
更新も頻繁で、タイムリーに必要な情報を発信しているところがポイント。そろそろ準備したほうがよいですよというかたちで気付かせて上げられるような内容になっています。まさに経営者と総務担当者をサポートするような情報。

こういうこまめかつ適切なタイミングでの情報配信によって、信頼度が徐々に高まり、ニーズが顕在化した際には問い合わせにつなげられそうなページです。

★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。

★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。
PageTop

司法書士法人SOLY

このページには訪れたユーザーをしっかり受け止められる構成と情報が満載
司法書士法人SOLYのfacebookページをご紹介。ポイントは以下3点です。
①『人』出し&表彰実績掲載&強み訴求
②興味喚起後に良質なコンテンツを提供
③問い合わせや、いいね!、公式サイトへ誘導する導線

①②で信頼感、安心感、親しみやすさを感じてもらい、③で必要に応じたタイミングで必要なアクションが取れるようになっています。ニーズが顕在化したときの問い合わせや、紹介にしっかり結びつきそうですね!!では、以下細かく紹介していきます。

司法書士法人SOLY カバー写真


▲安心感を与える写真
カバー写真には司法書士の方々と『安心』という言葉が入ったキャッチコピー。司法書士法人にとって一番の売り物である『人』の写真を載せ簡潔な言葉で『安心』を訴えることでまさに安心感を与えるカバー写真になっています。

▲ページに訪れたユーザーを取りこぼさない情報設計
基本データの情報欄(赤枠内)にも電話番号と公式サイトのURL、アプリ欄(青枠内)にはウェルカムページを掲載。しっかり優先して伝えるべき必要情報(1.コンバージョンにつながる問い合わせ先、2.詳細情報への誘導)が前面に出ており、Facbookページに訪れたユーザーを取りこぼさないような設計になっています。

※2013年1月24日掲載当時のカバー写真ではなく現在のものにあわせた内容に一部解説変更

facebook 活用 事例 プロモーション 司法書士法人SOLY ウェルカム

ウェルカムページも基本的に上記の必要情報123を載せているうえ、司法書士法人SOLYの特徴説明、司法書士の紹介、そして『いいね!』への誘導まで記載されています。強みを伝えながら、ユーザーを取りこぼさないような情報設計になっているのが◎ですね!

司法書士紹介は職歴と得意分野で信頼感を高めながら各人の強み訴求、『素顔に迫る』という各リンク先のページでは人柄や想いを伝えています。ハード、ソフトともに知ることができ、顔写真で安心感を覚える内容になっていますね。

facebook 活用 事例 プロモーション 司法書士法人SOLY ムービー

▲動画で親しみやすさを感じてもらう
ソリーニュースと題して動画で最新の事務所の様子を伝えるコーナー。やはり写真より動画のようがよりいっそう雰囲気が伝わり、親しみやすくなりますね。

facebook 活用 事例 プロモーション 司法書士法人SOLY ウォール

▲身近な話から法律解説
司法書士の方々が交代で書いているブログ記事。毎回内容が素人にもとっつきやすく、わかりやすい。こいういお役立ちコンテンツがあると、実際何かあったときに相談しようかなと思いつきそうですよね。そして、タイトルやリード文も興味を惹かれます『プロ野球と法律』『事務所にビデオカメラがやってきました+頭の体操(窃盗か占有離脱物横領罪か)』『「釣り銭詐欺?」まさか、そんな事は致しません!』などなど、気になってしまいます。

潜在顧客のニーズが顕在化したときにちゃんと問い合わせにつなげらそうなコンテンツ配信ですね。


▲模範六法の条文から問題を一問一答
「朝のコーヒータイムに今日の一問!」略して「あさもん」。毎朝、模範六法の条文から作成した穴埋め問題を一問一答形式で投稿。もちろん回答と解説つき。司法書士試験や司法書士の仕事のなかでも役立ちそうですね。そして、毎日継続というのは素晴らしいです。

facebook 活用 事例 プロモーション 司法書士法人SOLY マイルストーン投稿

▲マイルストーン投稿で表彰実績アピール
男女共同参画推進事業所や広島市子育てに優しい事業所としての表彰状をマイルストーン投稿しています。新機能をうまく使っていますね。


最後に
このページは情報設計がうまいです。そして、新Facbookページ対応が早いだけでなく、メディアミックスでのコンテンツ発信も行っていて、ソーシャルメディアをかなり活用していますね。コメントやシェアも多く盛り上がっていました。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。