facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

純粋菜種焙煎工房 ほうろく屋

「本物」は、Facebookページでもありもままを伝えていれば、必ず応えてくれる人が出てくるのだなと実感しました。こういう素晴らしい商品を作っている企業が沢山あっても、うまく情報発信できているところは少ないんじゃないかと思います。

さすがに「思いのまま自己表現すればいいと思います!」では、何を投稿すればわからないので、いくつかポイントをお伝えしていきます。本当は素敵な素材が沢山あるのに、うまく表現できていない方に届きますように。純粋菜種焙煎工房 ほうろく屋のFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 純粋菜種焙煎工房 ほうろく屋 カバー


▲歴史を語る
搾油のノウハウを持っていた先代の取り組みや、言葉が記載されています。読んでいると感動して思わず涙しそうな話が盛り込まれてます。素材や搾油へのこだわりや、目標、先代から受け継ぐ強い想いなどが伝わってくるのです。

facebook 活用 事例 プロモーション 純粋菜種焙煎工房 ほうろく屋 先代

結果(読み手の中では言語化はされていなくとも)、人や商品への信頼度は上がり、品質への期待感も持ってもらえます。また、強い感動や共感を覚えることで、書き手への親近感がわいたり、応援したくなる気持ちがわいてくるのではないでしょうか。

▲商品を支える「人」を紹介する
「誰が作っているのか」ということがわかると、商品への信頼感や安心感が自然と高まるものです。
このページでは、作り手自身の言葉で語られている時点で「人」が前面に出ています。ただ、それだけではなく、その商品にかかわる人も紹介しているのです。

例えば、こちらの機械を修理する職人さんについての投稿です。職人さんの技のすごさや、古いものを大切にするという姿勢が伝わってきます。やはり、こういった投稿も読んでいるうちに、信頼感がアップしていきますよね。

facebook 活用 事例 プロモーション 純粋菜種焙煎工房 ほうろく屋 職人


▲宣伝ではなく実際のエピソードを伝える
宣伝しようとすると、その商品の良いところだけにフォーカスした内容になりがちです。そこで、もしそういう内容になっているなと思ったら「その商品の良さを物語るエピソード」を思い出してみましょう。

facebook 活用 事例 プロモーション 純粋菜種焙煎工房 ほうろく屋 エピソード

こちらの投稿では、新聞配達をしているおばちゃんが菜種油を料理だけでなく、全身に使っているという話が紹介されています。自分たちで自分の商品を褒めるような言葉を並べるよりも、よっぽど説得力がありませんか。

▲積み重ねることが重要
ご紹介してきた投稿には、どれも書き手の想いが詰まっています。大事なことは、こういった想いの伝わる投稿を繰り返し行うことです。

何度もこれらを見てもらうことで、受け手の中で「この人は信頼できる」「この商品なら間違いない」というイメージが固まっていくのです。

素晴らしい商品を作っているのであれば、材料や作り方にも当然こだわりがあるでしょう。そして、その奥には作り手の強い想い、努力があるはずです。Facebookページといっても、結局は人と人のコミュニケーションです。商品の裏に隠れたすばらしい素材をぜひ公開してみてください!

★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

スポンサーサイト

PageTop

越前有機蔵マルカワみそ

越前有機蔵マルカワみそのFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 越前有機蔵マルカワみそ カバー


▲味噌の活用法がわかる『味噌ちゃんねる』
味噌を使ったレシピを紹介しています。「レシピは食品のFacebookページにはよくある投稿ネタだよね」と侮るなかれ。ファンの心を掴むポイントが二つあります。

facebook 活用 事例 プロモーション 越前有機蔵マルカワみそ レシピ

①ここにしかないレシピ
味噌と言えば、味噌汁を連想しますよね。しかし、このページでは『うどんナポリタン』『卵、砂糖、乳製品を使わないフレンチトースト』『玄米茶飯』と、一見味噌とは関係なさそうなレシピが掲載されています。

たまに、味噌汁レシピあった!と思ったら、なんと家庭で作れるインスタントみそ汁(即席みそ汁)のレシピでした。個性的なものばかりです。

他では、なかなか見つけられないようなレシピだからこそ、Facebookページのファンになろうと思ったり、ファンの心に残ることができるのです。

facebook 活用 事例 プロモーション 越前有機蔵マルカワみそ レシピ2

②運営者自ら作っている
レシピは、在りモノの情報をそのまま載せているものではありません。運営者自らが料理し、動画や写真、作り方などの解説をブログにアップしているのです。

自ら作ると何が良いのか。親近感が感じられる、臨場感がある、興味をひきやすい、そして体験者の立場からファンが知りたいであろう情報(よくありそうな質問&作ってみて感じたこと)を届けることができる、です。

供給に対して、消費が追い付かないほどの情報過多の時代ですから、ありきたりな情報を載せていてもファンの心はつかめません。ですから、運営者自らやってみることで、より価値の高い情報を届けることができているのです。

手作り味噌 玄米ご飯を使った味噌チャーハンの作り方レシピ


また、ブログの記事では、最後に『この商品に合うかもしれない食材』として自社商品をさりげなくアピールしているところが見逃せないポイントです。

このレシピ投稿は、他の味噌でも作れるため、マルカワみそのお客さんでない人にとっても役立つ情報です。しかし、マルカワみそを使っておいしそうに出来上がった料理を見ているうちに、マルカワみそが欲しくなってしまうのではないでしょうか。単なる商品の認知やECサイトへの誘導といった効果以上に、「マルカワみそで作ってみたくなる」という効果が期待できるコンテンツですね。


▲味噌を手作りする人への情報発信
『手作り味噌のお味噌の固さ』『手作り味噌はいつ頃から食べごろなのか?』『味噌の発酵過程』など、味噌を手作りするほどの味噌ファンにむけたコンテンツが配信されています。

facebook 活用 事例 プロモーション 越前有機蔵マルカワみそ コツ


マルカワみそでは味噌作りセットも販売しています。
手作り味噌 手作り味噌


味噌を手作りする人にとって必要な情報を発信しながら、自然なかたちで販売促進ができているのではないでしょうか。

▲想いを伝える
企業内での社員の働き方を紹介したり、社員の想いを綴った投稿をしています。
各投稿からは、マルカワみそがいかに社員を大切にしているかや、味噌に想いをこめて作っているのかが伝わってきます。その気持ちに思わず「いいね!」をしてしまうファンも多いようで、投稿にはたくさんの反応が集まっています。

facebook 活用 事例 プロモーション 越前有機蔵マルカワみそ 社員

そしてこれらの投稿には、企業のことを好きになってもらえる効果があります。同時に、信頼感も醸成できるのです。まさにマルカワみそのファンが育つような投稿ですね。

▲ファンに価値ある情報を届ける
このページでは自分たちが持っている知見や普段のシーンをコンテンツに仕上げ、公開することで、ファンに価値ある情報を届けているのです。

手間はかかりそうですが、ブログやFacebookページの仕組みに対する知識、そしてアイデアと想いがあればこうやって形になるのだなと思う事例ですね。ぜひみなさんも試してみてください。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

ハーゲンダッツ Häagen-Dazs/ハーゲンダッツ ジャパン株式会社

Facebookページのタイムラインキャンペーンも、色々な事例が出てきましたね。今回はハーゲンダッツ Häagen-DazsのFacebookページがとても興味深いキャンペーンを行っていたので、ご紹介したいと思います。

facebook 活用 事例 プロモーション ハーゲンダッツ Häagen-Dazs/ハーゲンダッツ ジャパン株式会社 キャンペーン

▲色々な仕掛けがたくさん! ハーゲンダッツSECRETキャンペーン
ハーゲンダッツ新シリーズ発売を記念して4月16日に始まった「ハーゲンダッツSECRETキャンペーン」。
『新商品パッケージを早くみたい!』という気持ちを「いいね!」に代えてアクションをとることで、徐々にパズルが完成しパッケージの絵が完成していくという仕組みになっています。

facebook 活用 事例 プロモーション ハーゲンダッツ Häagen-Dazs/ハーゲンダッツ ジャパン株式会社 画像
↑左が最初の投稿、右が直近の投稿です。

応募の流れをまとめると
①応募要項(http://www.haagen-dazs.co.jp/secret_cp/)を読む
②Facebookページに「いいね!」をする
③【SECRETキャンペーン】という記載のある投稿に「いいね!」する
④Facebookページに「規約に同意し、【SECRETキャンペーン】に応募します。」とメッセージを送信する
といった4つのステップになっています。少し複雑ですが、それぞれのメリットや、工夫しているところをご紹介していきます。

【キャンペーンのメリット】
まず、わかりやすいメリットとしてはキャンペーンの応募条件になっているように
・ページのファンが増える(←ステップ②)
・投稿に「いいね!」が集まる(←ステップ③)

の2つが挙げられます。

しかし、その他にも
・ユーザーがページに何度も訪れる
・ユーザーが自発的にキャンペーンをシェアする

というメリットがでるような内容になっているのです。※詳細は【工夫しているところ】で詳しく解説。

結果的にファンと密に交流しながら、キャンペーンも広めていくことができるようになっているのです。


【工夫しているところ】
では、このタイムラインキャンペーンならではの工夫ポイントを見ていきましょう。

●何度もチャレンジできるため、ユーザーは何度もページに訪れる
ひとつの投稿ごとに一回チャレンジできるため、ひとり何度も応募することができます。加えて、投稿は期間中毎日不定期に行われるため、ユーザーは何度もFacebookページに訪れるようになるのです。


●目標数を掲げて、ゲーム性を高めている
最初に一日の目標「いいね!」数が発表され、達成するとパズルが完成に近づくとともに【SECRETキャンペーン】投稿がされるので、また応募するチャンスが訪れるのです。

facebook 活用 事例 プロモーション ハーゲンダッツ Häagen-Dazs/ハーゲンダッツ ジャパン株式会社 投稿

「いつ投稿されるかわからない緊張感」「ユーザーのアクションにより、相手の出方も変化する双方向性」がゲーム性を高め、「パズルが段階的に完成していき〝秘密”のベールがはがされていく様子が、視覚的にも確認できること」により、参加ユーザーがキャンペーンを楽しむことができるようになっています。

facebook 活用 事例 プロモーション ハーゲンダッツ Häagen-Dazs/ハーゲンダッツ ジャパン株式会社 カバー
↑あと、更新されたパズル画像がカバー写真に設定されているあたりにも遊び心を感じます。


●協力を煽るような内容で自然発生的なシェアを誘う
【SECRETキャンペーン】投稿には、「いいね!」やコメントだけでなく、数十件のシェアがついています。

内容を見ていて気付いたのですがキャンペーンの内容が、多くの人を動かせば動かすほど展開が早まる仕組みになっているため、自発的に周囲に協力を仰いでシェアする動きが発生しているのです。実際、投稿文には「みんなの気持ちで新商品の全貌が明らかに!!」という一文が入っています。

facebook 活用 事例 プロモーション ハーゲンダッツ Häagen-Dazs/ハーゲンダッツ ジャパン株式会社 シェア

これは非常に巧い!なぜなら、タイムラインキャンペーンで「シェア」を応募条件にすることはFacebookの規約違反になるのでできないのです。でも、キャンペーンの文脈を深読みし、自発的にシェアするユーザーを発生させているわけです。この手があったかと唸るような内容ですね。



▲真似したくなる!タイムラインキャンペーンの細かい気配り&設計
Facebookのタイムラインキャンペーンはアプリを介さないため、管理が大変。参加者にお願いすることも増えると複雑になる…と何かと煩雑です。

そこで、少しでもスムーズに、管理しやすくなるための細かい気配りや設計を見ていきましょう。

●Facebookページへのメッセージの意味
投稿への「いいね!」を応募条件とした場合、大変になるのが参加者の管理。
このキャンペーンでは、ステップ④でFacebookページに「規約に同意し、【SECRETキャンペーン】に応募します。」とメッセージを送信してもらうことで、(ハーゲンダッツSECRETキャンペーン)規約への同意を取り付け、応募者の管理もできるような設計になっているのです。


●「よくあるお問合せ」で、ユーザーの疑問を先に解消
ユーザーが疑問を持ちそうな点や、Facebook自体への登録案内などを記載しています。かなり細かい気配りですね。

facebook 活用 事例 プロモーション ハーゲンダッツ Häagen-Dazs/ハーゲンダッツ ジャパン株式会社 問い合わせ

本当、このキャンペーンは感心させられることばかりで、とても参考になります。タイムラインキャンペーンを考えている方は、ぜひチェックしてみるとよいのではないでしょうか。

公式キャンペーンページ:http://www.haagen-dazs.co.jp/secret_cp/

★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

五木食品株式会社

地味に続けてきたこのブログ、何気に今回の記事でご紹介してきたFacebookページの数がちょうど300件になります。300件のレビューを書くにあたって、何千と言うページを見てきて、色々な学びや出会いがありました。思い返すと感慨深い。

ここまで続けられたのも、読んでくださる方、そして素晴らしいFacebookページを運営している方がいらっしゃるからこそ。本当に有難いかぎりです。

ということで、そんな記念すべき回ということもあり、今回は前からキャラクターの雰囲気が好きで気になっていた五木食品株式会社のFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 五木食品株式会社 TOP


▲キャラクターを通したコミュニケーション
このページは、ファン約2,500人に対して「いいね!」など投稿に対するファンからの反応が、40~100と集まっています。この人気っぷりは①企業・商品に対する元からのファンが集まっているオリジナルキャラクターの味のある投稿、の2つが主な要因ではと推測されます。

一般的にFacebookページにキャラクターを立てて運営した場合、以下のようなメリットがあると考えられます。
1、コミュニケーションのハードルが下がる(絡みやすい)
2、「ひとり」の人格として関係性を積み上げていける(人格統一ができる、なかの担当が変わってもOK)
3、人格を自由に設定できる


2、についてですが、このページのキャラクター「めん かたろう」君にはキャラクターが作りこまれており、紹介ページまで用意されています。

facebook 活用 事例 プロモーション 五木食品株式会社 キャラ


投稿内では「つゅるつゅるる~...」「ぞぃ」などの言葉や、自らを顔文字化した「/´▽` /」などを使用。常に統一感のある「めん かたろう」キャラが伝わるような状態になっています。そして、何度も投稿を目にするうちに、自然と愛着がわいていくるのです。これは、継続的にファンとの関係性を縮めていくことができそうですね。


▲商品で「あそぶ」投稿
このページがすごいなと思うのは、ほぼ商品の紹介投稿なのに、ファンからのポジティブな反応が集まっている点です。Facebookにおいて宣伝色の強いものは敬遠される傾向にあるので、これは珍しいケース。ここで、いくつか商品投稿を見ていきましょう。

・イベント用投稿
十五夜、クリスマス、お正月など各イベントにあわせた「旬」の投稿は「いいね!」が集まりやすいのです。なぜなら、そのイベントに対するファンの「いいね!」の気持ちがあるから。

facebook 活用 事例 プロモーション 五木食品株式会社 イベント

そして、あまりポピュラーなイベントでなかったとしても、右下のように商品を活用した投稿もおすすめ。「なるほど」「見事!」といった意味の「いいね!」が集まります。

facebook 活用 事例 プロモーション 五木食品株式会社 イベント2


・ファンの気持ちにマッチする投稿
気候にまつわる話は、万人が共感できる話題です。そのため、天候の話から始まる投稿も、うまくハマれば「いいね!」が集まります。ただ、よくある無難な挨拶としての天候の話題はNG。

facebook 活用 事例 プロモーション 五木食品株式会社 季節


きちんとファンが共感できるような文章力と、ちゃんと本題と関連していることが重要なのではないでしょうか。

・クイズを出す
商品でクイズや間違いさがしの問題を出しています。

facebook 活用 事例 プロモーション 五木食品株式会社 クイズ

特に、注目したのはこちらの間違いさがし投稿。よくFacebookページで見るのは、一つの投稿に二枚の画像が入っている間違いさがし。でも、五木食品は二つの画像を別々に投稿しています。

facebook 活用 事例 プロモーション 五木食品株式会社 


こうすることで、前もしくは後の投稿を見に行く人が出てきます。そうすると、普段は見る機会があまりないFacebookページのタイムラインに誘導することができます。そうすることで、他の投稿も目にしてもらえたり、エッジランクが高まる可能性がありますね。

あえて二回にわけて投稿するというのは、反応数が減る危険性もありますが、一度試してみても面白いかもしれません。


ちなみに、このFacebookページに使われている画像含め、販促用写真や資料写真等は社内のリソースを使って撮影しているそう。だからこそ、Facebookページもどことなく手作り感やヒトケが伝わる写真が多いのかもしれません。商品写真ひとつとっても、あたたかみがある投稿が、ページが人気な理由のひとつかもしれませんね。

facebook 活用 事例 プロモーション 五木食品株式会社 写真



★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。


PageTop

永谷園生姜部/株式会社永谷園

Facebookページを何百、何千と見ていると、立ち上がったばかりの投稿が少ないFacebookページでも「これは今後盛り上がるな」ということを嗅ぎ分けられるようになってきます。

今回ご紹介する永谷園生姜部のFacebookページもその中のひとつ。立ち上げ当初から気になっていた、とても好きなページです。コンテンツがユニークで、中の人の本気度が伝わってくるのです。

生姜に本気で取り組む永谷園の社員で結成された永谷園生姜部のFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 永谷園生姜部/株式会社永谷園 TOP


▲話しかけやすくなる!キャラクターや言い回し
Facebookページに限らず、ブログやTwitterでも共通していることなのですが、記事に永谷園生姜部のショウくんが登場します。これが何とも言えないかんじのユルさで、思わず話かけたくなるのです。

facebook 活用 事例 プロモーション 永谷園生姜部/株式会社永谷園 キャラ

また、ショウくんはじめ、登場する社員の言い回しには「~ショウガ」「チャイ」など生姜に関するワードが使われています。なんだかコミュニケーションのハードルが下がって、話しかけやすくなりますよね。コメント欄には、この言い回しを使ったファンからの書き込みが見受けられます。


▲その場で消費できるコンテンツ
川柳や見立てしょうがなど、ニュースフィードに投稿が流れてきた瞬間に消費できるコンテンツを提供しています。
facebook 活用 事例 プロモーション 永谷園生姜部/株式会社永谷園 コンテンツ

こういった類のコンテンツはアイデア勝負ですが、見事なものは瞬時に「いいね!」を押してしまいますよね。

facebook 活用 事例 プロモーション 永谷園生姜部/株式会社永谷園 コンテンツ2

特に、暦や流行にあわせた内容は多くの反応が集まっています。


▲生姜にまつわるアレコレ
レシピや豆知識的なネタはFacebookページではすっかり定番ですが、このページでも紹介しています。
その季節や流行とうまく絡められると「いいね!」されやすいですよね。
facebook 活用 事例 プロモーション 永谷園生姜部/株式会社永谷園 レシピ


▲商品紹介投稿でのきめ細やかなフォロー
定期的に商品紹介を行っています。ファンからの「どちらで買えますか?」という質問に対して、取扱店を丁寧に教えています。メーカーのFacebookページだと、こういったやり取りをたまに見かけます。やはり、こういった丁寧な対応は嬉しいですよね。質問した本人だけでなく、このやり取りを見た人も、よい印象をうけることでしょう。
facebook 活用 事例 プロモーション 永谷園生姜部/株式会社永谷園 コメント


いかがでしたでしょうか。このページの場合は、本体サイトである永谷園生姜部のサイトのコンテンツ自体が充実しているようです。これからの投稿も楽しみですね。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。