facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

NAPRON/株式会社Ray

毎日の生活を豊かにする衣類や道具を製造販売するラボラトリー"NAPRON"。

ネットショップもあるのですが、店舗からの投稿を見ていると直接足を運びたくなってきます。そして、この現場から発信されるメッセージが、ネットショップだけでは伝わりきらないブランドの魅力を映し出しているとも言えるのではないでしょうか。

NAPRONのFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション NAPRON カバー


▲お店の空気が伝わる投稿
お店に届いたサボテンたちを映した投稿や、配置換えをした店内の様子など、お店でのちょっとした出来事を発信しています。

facebook 活用 事例 プロモーション NAPRON 風景

すごくアットホームな印象を受けませんか。日々の嬉しいことや今日の頑張ったことを、誰かとシェアする。これ、私たちも日常のなかで、家族や恋人など大切な人に伝えるときの感覚に似ている気がするのは私だけでしょうか。

それくらい、自然であたたかい投稿が、お店に流れる空気をFacebookを通じて運んできてくれるようです。投稿の最後に「皆様のお越しをお待ちしておりまーす」とついていると、思わず覗きにいきたくなるものです。

▲イベントの情報をリアルタイムで
他のお店が臨時で店舗に商品を出展しているイベント時や、母の日の特別サービスなどの期間は、リアルタイムで催事を紹介。

facebook 活用 事例 プロモーション NAPRON イベント


今まさに開催中の情報は臨場感があること、暦に沿ったイベントは見ている側の自分ゴトになりやすいことから、「いいね!」などの反応が集まり盛り上がる傾向にあります。

そして、もちろん「行ってみようかな」という気持ちもひきだせそうですね。

▲自社工場からの制作風景
自社工場で商品が作られる風景が投稿されています。ふだんは見ることができない商品の舞台裏が見えるため、ファンとの心の距離が縮まります。

facebook 活用 事例 プロモーション NAPRON 工場


そして、商品の出荷にむけて楽しみにしてくれるファンもいることを考えると、後々の売上にもつながるかもしれません。出来上がる前の状態を紹介するというのも、商品紹介の一つの方法ですね。


▲商品写真は複数枚使って
商品の写真は複数枚使うことで、その魅力がより伝わりやすくなります。
色々な角度から、商品を紹介することができるのはもちろんのこと、画像一枚だけよりも、ファンに投稿が届きやすくなるのです。

facebook 活用 事例 プロモーション NAPRON 商品2


より多くの人に、商品の色々な魅力を知ってもらうには、複数枚写真を投稿してみるとよいでしょう。

そして、このページの投稿は、これらの商品紹介をはじめ、文章にあたたかみがあることが特徴です。
商品への愛がたくさん詰まっているのを感じ取ることができます。

Facebookの投稿は、何を見せるかももちろん重要なのですが、それ以上にハートが重要。NAPRONのページは文章をはじめ投稿全体を通じて、運営者側の気持ちが伝わるからこそ、見ている側も思わずお店に足を運びたくなるのかもしれませんね。



★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

スポンサーサイト

PageTop

YUHAKU/株式会社ユハク

Facebookページの投稿で重要なのが写真です。普遍的な重要ポイントは、他の媒体と同じですが、Facebookを見ているユーザーに対してということであれば
・表示される環境
・ユーザーの状態
・競合状況
などの点も踏まえた写真を選んでいく必要があるのです。

そこで、今回は素敵な写真が満載のYUHAKUのFacebookページを例に、ファンの反応が集まる写真のポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。

facebook 活用 事例 プロモーション YUHAKU/株式会社ユハク TOP


▲商品の一部にフォーカスする
商品の一部にフォーカスすることには①目に留まりやすい ②素材の魅力が伝わる、という2点のメリットがあります。

facebook 活用 事例 プロモーション YUHAKU/株式会社ユハク フォーカス

まず①目に留まりやすい、はFacebook内においてとても重要な要素です。ユーザーはニュースフィードに次々と表示される投稿を、流し見していると言われています。

綺麗な写真を投稿しておけばよい、と思うかもしれません。でも、それだけでは足りないのです。他のFacebookページを見てみてください。絶景から宣伝用の写真まで、綺麗なものが多いのです。

そんな環境下で目に留まるような写真。思わず「何だろう」と思うような写真は、まさにその一つのパターンです。フォーカスした写真は、普段は見慣れない景色だからこそ、一瞬の「何だろう」を生むことができるのです。

そして②素材の魅力が伝わる。
これは、説明の必要がないですね。素材が自慢の商品であれば、このような商品の一部にフォーカスした写真を撮ってみてはいかがでしょうか。


▲ミスマッチ要素を合わせて違和感を演出
先に説明した①目に留まりやすい、という点では「違和感のある」写真も効果的です。こちらの写真をご覧ください。

facebook 活用 事例 プロモーション YUHAKU/株式会社ユハク テーブル

革製品がスプーンやフォークと一緒にお皿のように並べてあります。そのミスマッチ感というか、違和感に思わず目が留まりますね。この組み合わせにセンスを感じるということもあり、実際投稿にはたくさんの「いいね!」が集まっています。


▲見る者と目線が近しい写真を使う
Facebookページの投稿は、見た人の共感の気持ちが「いいね!」などの反応になって現れやすいものです。
こちらの写真をご覧ください。「今日は『Purple 』でデートに・・・」というシチュエーションの解説とともに、運転者目線の写真が使われています。

facebook 活用 事例 プロモーション YUHAKU/株式会社ユハク 車


このように、見る者と目線が近しい写真は、自己投影しやすいですよね。何を写すかだけでなく、写真のシュチエーションなども気にしながら写真を選んでみると良いのではないでしょうか。


今回挙げたポイントは、一部に過ぎません。他にもポイントはいくつもあります。過去に写真家とキンドル本(300円)も出しているので、ご興味のある方はぜひご覧くださいませ!

「いいね!」を集めるFacebookページの写真撮影テクニック Facebookコンサルタントとカメラマンが分析して解った、10のマル秘黄金ルールを公開!





★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

JELLY NAIL/株式会社IML

2011年と、比較的早期から運営しているネイルのFacebookページ。かわいい写真がいっぱいで、見始めるとつい時間を忘れてしまうような投稿が印象に残ります。ファンからの反応もたくさん集まっているJELLY NAILのFacebookページをご紹介します。

▲効果につながる投稿の「型」を見つける
長く運用しているページは、試行錯誤の末にベストな投稿の「型」が出来上がっているケースが多いように感じます。
このページも、それに該当するのではないかと思うほど、読みやすくアクションしやすい投稿が目立ちます。

facebook 活用 事例 プロモーション JELLY NAIL/株式会社IML サンプル


いくつか特徴をみていきましょう。
①URL挟み撃ち
投稿の冒頭と中盤にURLが記載されています。冒頭のURLは画像を見て瞬時に詳細をクリックしたい人に、中盤のURLは説明を読んだうえで興味をもった人むけになっています。

特に、URLを冒頭に記載することは、URLが隠れないという意味でもポイントです。Facebookページの投稿は、文章が長いと、「もっと見る」で折りたたまれて後半が隠れてしまうのです。

URL挟み撃ちは読み手の心理と、Facebookの仕様に沿った型なのです。

②シンプルな解説
画像だけでは伝えきらないアピールポイントや、補足を解説しています。読みやすく、要点が伝わる文章を、シンプルにまとめ上げているところがポイントです。

③品名品番の記載
このネイルをしたいと思った人が、スムーズに購入に至るよう、きちんと品名品番が記載されています。こういったこまめな気配りが、取りこぼしを防ぐのではないでしょうか。

④ハッシュタグの利用
ハッシュタグを入れておけば、検索された際に自社の投稿が表示されます。でも、読ませるための文章ではないので、一番下に記載するというところにも注意したいですね。

このように、型をきめてしまうと、投稿の質が担保したすくなり、投稿を効率的に作ることもできる、ということになります。


▲ホットライン投稿
ファンの悩みを解決するよう、相談窓口を設けています。Facebookは、Facebookページのメッセージでも対応。

facebook 活用 事例 プロモーション JELLY NAIL/株式会社IML 相談


これは①既存顧客との関係性強化②新規顧客獲得(特に購入を迷っていた人)への後押し③ファンからの好感度アップ、といった3つの効果がありそうです。

Facebookページは色々な人が通りかかる場所です。だからこそ、直接質問しない人以外の人から、どのように受け止められるかという視点を持つことが大切ですね。

これまでも相談が来れば普通に対応していたのかもしれません。それでも、あえて提示してくれると、本当に気軽に質問しやすくなります。これまで普通に行ってきたことでも価値のあることがあれば、Facebookページ上で伝えてみてもよいのではないでしょうか。


▲ファンと一緒に商品開発
JELLY NAILでは、定期的にファンにアンケートを取りながら新色開発をしています。色に番号をつけ、コメントで答えやすいようにしています。

facebook 活用 事例 プロモーション JELLY NAIL/株式会社IML カラー


回答もたくさん集まっていますが、ただ選ぶだけでなく「もっとこんな色がいい」などの意見も挙がってきている様子が見受けられました。このように、うまくファンの意見が抽出できるとテストマーケにもなるのです。

facebook 活用 事例 プロモーション JELLY NAIL/株式会社IML なまえ

なお、色が決まった後は、色の名前まで募集しています。この段階までくると、ファンと一緒に商品をつくる「共創」が可能になります。自分の案が採用されたら、その人にとっては特別な商品になることでしょう。また、採用されなかったとしても、名前を考える時間=JELLY NAILのことを考える時間、ですから、自然とブランドとの心の距離が近づきます。

これこそ、ファンとの絆を深めるようなFacebookページならではの取り組みなのではないでしょうか。

★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。
PageTop

LOWRYS FARM / ローリーズファーム/株式会社ポイント

スマホでの利用が想定されているんだろうな、と思うような投稿が目立ちます。LOWRYS FARM / ローリーズファームのFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション LOWRYS FARM / ローリーズファーム/株式会社ポイント TOP

▲文章短く、改行少なめ、指示が明確
スマホでFacebookを見ている場合は「投稿に対してのアクションはひとつ」を基準に考えるとよいでしょう。
要はニュースフィードを指でスクロールしながら流し見しているので、環境上というか操作上というか、あまり多くのアクションを望めないということです。

そう考えると、文章の途中で「もっと見る」になって切れてしまう、という状況はPC以上に好ましくないのです。基本的には全部が表示されている状態が好ましい。そう考えると投稿文は短くかつ、改行もできるだけ避けたいものです。

LOWRYS FARM / ローリーズファームの投稿は、まさに文章が短く、改行少なめの投稿が多いことが特徴です。

facebook 活用 事例 プロモーション LOWRYS FARM / ローリーズファーム/株式会社ポイント スマホ対応

そして、「やってほしいアクション」に狙いを定めているというところも見逃せません。
左冒頭でシェアをお願いしたりと、右はLINEのお友達追加をすすめていたりと、お願いしたいアクションが明確なのです。

facebook 活用 事例 プロモーション LOWRYS FARM / ローリーズファーム/株式会社ポイント アクション

「いいね!」したうえで、シェアして、かつURL先にも行く・・・本気で興味があるもしくは重要なことでないとスマホ上でここまでの複数アクションは取りにくいのではないでしょうか。そう考えると、投稿を見た人に何をしてほしいか指示を明確にしておいたほうが、効果が出そうですよね。


▲写真は複数枚を一枚にまとめる
アパレルだと特に、1枚の商品写真だけでなく、他のカラーバリエーションやコーディネートにおすすめの他商品など、同時に見てもらいたいものが複数あったりするのではないでしょうか。

そういったときにおススメなのが複数枚の画像を一枚の画像にまとめるということ。

facebook 活用 事例 プロモーション LOWRYS FARM / ローリーズファーム/株式会社ポイント 複数2

なぜ別々にアップしないほうが良いのか、その理由は2つです。
1、何回も投稿すると「いいね!」やコメントなどファンの反応が鈍る
まず、投稿の寿命は3時間と言われており、あまり短い間隔で投稿するとリーチそのものが少なくなります。
また、「週5~7回」以上の高頻度で投稿すると、ファンからの反応率も低下するという調査結果もあるのです。

2、アルバム機能を使うと、一枚一枚の写真のリーチが減る
高頻度の投稿がNGなら・・とアルバム機能を使ってアップすることも考えられそうですが、こちらもおすすめできません。なぜなら、一枚一枚の写真のリーチが少なく分散されるから。

要は見てもらえないし、反応もしてもらいにくいから、ある一定の期間内で複数枚の画像を別々に投稿しないほうがいいですよ、ということです。

それに、関連商品は一枚にまとめたほうが、「あれもほしい」「これも一緒に」などどクロスセルを狙えますよね。普通にユーザーの心境を考えても、一枚にまとめたほうが良いのではないかと思います。

あとは、センスというかイメージ的な問題で、一枚の画像を作品として見たときブランドイメージと合致するかどうなどの問題もあるので、その辺は優先順位に沿って判断してみるとよいのではないでしょうか。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。




PageTop

LOVE'S B.B

一つひとつにストーリーが感じられる投稿。まるで雑誌のようなFacebookページです。LOVE'S B.BのFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション LOVE'S B.B カバー


▲内容は様々、でもストーリーが感じられる投稿
コーディネートの提案をしているような文章から、
facebook 活用 事例 プロモーション LOVE'S B.B ファッション

アクセサリーを身につけたくなるように感情に訴えかけてくるような文章、
facebook 活用 事例 プロモーション LOVE'S B.B 気持ち

作り手の想いがつづられた文章、
facebook 活用 事例 プロモーション LOVE'S B.B 作り手

季節を感じる文章など様々な内容が記載されています。
facebook 活用 事例 プロモーション LOVE'S B.B 季節

しかし、どの投稿もストーリーが感じられ、
最終的には商品が紹介されているにもかかわらず押し売り感が出にくいことが注目したいところですね。


▲投稿フォーマットに一工夫
投稿文は、一列が長くならないように、しかも都度行間をあけ、読みやすいような工夫がされています。
これは、Facebookのニュースフィード上で他の投稿と並んだ際に目が留まりそうですね。

もう一つ、特徴的なものが一文目に「公式サイト http://www.loves-bb.com/」と記載されていること。
サイトをクリックしてほしいけれど投稿の下のほうに記載すると「もっと見る」をクリックしないと視野に入らないため、こういった対策も有効かもしれません。(しかし、文章を読み終わったあとと比べて、どちらがクリックされるか正確にはわかりません。疑問に思った方は、一度検証してみるとよいのではないでしょうか)


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。