facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

五木食品株式会社

地味に続けてきたこのブログ、何気に今回の記事でご紹介してきたFacebookページの数がちょうど300件になります。300件のレビューを書くにあたって、何千と言うページを見てきて、色々な学びや出会いがありました。思い返すと感慨深い。

ここまで続けられたのも、読んでくださる方、そして素晴らしいFacebookページを運営している方がいらっしゃるからこそ。本当に有難いかぎりです。

ということで、そんな記念すべき回ということもあり、今回は前からキャラクターの雰囲気が好きで気になっていた五木食品株式会社のFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 五木食品株式会社 TOP


▲キャラクターを通したコミュニケーション
このページは、ファン約2,500人に対して「いいね!」など投稿に対するファンからの反応が、40~100と集まっています。この人気っぷりは①企業・商品に対する元からのファンが集まっているオリジナルキャラクターの味のある投稿、の2つが主な要因ではと推測されます。

一般的にFacebookページにキャラクターを立てて運営した場合、以下のようなメリットがあると考えられます。
1、コミュニケーションのハードルが下がる(絡みやすい)
2、「ひとり」の人格として関係性を積み上げていける(人格統一ができる、なかの担当が変わってもOK)
3、人格を自由に設定できる


2、についてですが、このページのキャラクター「めん かたろう」君にはキャラクターが作りこまれており、紹介ページまで用意されています。

facebook 活用 事例 プロモーション 五木食品株式会社 キャラ


投稿内では「つゅるつゅるる~...」「ぞぃ」などの言葉や、自らを顔文字化した「/´▽` /」などを使用。常に統一感のある「めん かたろう」キャラが伝わるような状態になっています。そして、何度も投稿を目にするうちに、自然と愛着がわいていくるのです。これは、継続的にファンとの関係性を縮めていくことができそうですね。


▲商品で「あそぶ」投稿
このページがすごいなと思うのは、ほぼ商品の紹介投稿なのに、ファンからのポジティブな反応が集まっている点です。Facebookにおいて宣伝色の強いものは敬遠される傾向にあるので、これは珍しいケース。ここで、いくつか商品投稿を見ていきましょう。

・イベント用投稿
十五夜、クリスマス、お正月など各イベントにあわせた「旬」の投稿は「いいね!」が集まりやすいのです。なぜなら、そのイベントに対するファンの「いいね!」の気持ちがあるから。

facebook 活用 事例 プロモーション 五木食品株式会社 イベント

そして、あまりポピュラーなイベントでなかったとしても、右下のように商品を活用した投稿もおすすめ。「なるほど」「見事!」といった意味の「いいね!」が集まります。

facebook 活用 事例 プロモーション 五木食品株式会社 イベント2


・ファンの気持ちにマッチする投稿
気候にまつわる話は、万人が共感できる話題です。そのため、天候の話から始まる投稿も、うまくハマれば「いいね!」が集まります。ただ、よくある無難な挨拶としての天候の話題はNG。

facebook 活用 事例 プロモーション 五木食品株式会社 季節


きちんとファンが共感できるような文章力と、ちゃんと本題と関連していることが重要なのではないでしょうか。

・クイズを出す
商品でクイズや間違いさがしの問題を出しています。

facebook 活用 事例 プロモーション 五木食品株式会社 クイズ

特に、注目したのはこちらの間違いさがし投稿。よくFacebookページで見るのは、一つの投稿に二枚の画像が入っている間違いさがし。でも、五木食品は二つの画像を別々に投稿しています。

facebook 活用 事例 プロモーション 五木食品株式会社 


こうすることで、前もしくは後の投稿を見に行く人が出てきます。そうすると、普段は見る機会があまりないFacebookページのタイムラインに誘導することができます。そうすることで、他の投稿も目にしてもらえたり、エッジランクが高まる可能性がありますね。

あえて二回にわけて投稿するというのは、反応数が減る危険性もありますが、一度試してみても面白いかもしれません。


ちなみに、このFacebookページに使われている画像含め、販促用写真や資料写真等は社内のリソースを使って撮影しているそう。だからこそ、Facebookページもどことなく手作り感やヒトケが伝わる写真が多いのかもしれません。商品写真ひとつとっても、あたたかみがある投稿が、ページが人気な理由のひとつかもしれませんね。

facebook 活用 事例 プロモーション 五木食品株式会社 写真



★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。