facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

沖縄likes (沖縄Likes)/琉球インタラクティブ株式会社

誰が使っても機能やフォーマットが同じ。そんなFacebookページを120%活用している事例をご紹介します。
「こんな活用方法があったか!」というような秀逸なコンテンツのなかに、きっとヒントになるものがあるはずです!

一回の投稿に何千もの「いいね!」が集まる沖縄likes (沖縄Likes)のFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 沖縄likes (沖縄Likes)/琉球インタラクティブ株式会社 カバー


▲ひと目で楽しめる投稿たち
まずは、シンプルなものからご紹介していきましょう。

facebook 活用 事例 プロモーション 沖縄likes (沖縄Likes)/琉球インタラクティブ株式会社 どっち


①「あなたはどっち」で、気づいたら行きたくなる
沖縄の特産や有名スポットや景色にまつわる投稿。「あなたはどっち」と2択にすることで、「いいね!」だけでなくコメントも集めています。

「あなたはどっち」に使う素材も、食べたくなるものや、観たい風景だから、一目見て選んでいるうちに、行きたくなるのではないでしょうか。


facebook 活用 事例 プロモーション 沖縄likes (沖縄Likes)/琉球インタラクティブ株式会社 あるある

②県外の人にとっては驚きや発見がつまった「あるある」
「沖縄あるある」をシリーズで紹介。「あるある」ネタは、当然ながら同じ境遇の人から共感を得る話なのですが、この「沖縄あるある」は県外の人にとっては驚きや発見があり、楽しめる話になっています。

つまり、沖縄県内外の人、両方にうけるコンテンツなのです。コメントも両方の立場の人から、沢山の意見が集まっているうえ、シェアも多くついています。

facebook 活用 事例 プロモーション 沖縄likes (沖縄Likes)/琉球インタラクティブ株式会社 シェア

③シェアの呼びかけで、露出を増やす
「~だったらシェア」というカタチで、シェアを呼びかけています。「~だったら」の内容が、その写真を見たときに自分が感じたり、思わずやってしまったことを言い当てているところがポイントですね。

シェアは何百件もついています。これだけ多くのシェアが集まれば、リーチも拡大し、新たなファンの獲得にもつながることでしょう。



▲連続シリーズで、ファンを巻き込んでいく
一回だけでも、十分ファンを魅了できるような投稿をシリーズ化しています。連続にし、何度もファンに見てもらうことで企画自体を知って理解してもらえるようになるのではないでしょうか。

facebook 活用 事例 プロモーション 沖縄likes (沖縄Likes)/琉球インタラクティブ株式会社 代理人

①思い出の代行人
沖縄でもう一度見たいや景色や風景、忘れられない場所をコメントすると、沖縄Likesカメラマンが写真を撮ってくれるというもの。これは、遠隔にいる人にとっては嬉しいですよね。懐かしい想いがこみあげてきて、また現地に訪れたくなりそうです。

facebook 活用 事例 プロモーション 沖縄likes (沖縄Likes)/琉球インタラクティブ株式会社 写真館

②沖縄Likes♪1万人で作る沖縄写真館&ありがとう総選挙
ファンから集めたベストショットを、「沖縄写真館」としてアルバムに保存。

さらにそこから、「いいね!」の多かった39枚(サンキュー)の写真を運営側が選び、ファンが「いいね!」で投票するというもの。最も「いいね!」の多かった写真は沖縄Likesのカバー写真に採用されるという企画です。
facebook 活用 事例 プロモーション 沖縄likes (沖縄Likes)/琉球インタラクティブ株式会社 総選挙


プレゼントではなくとも、自分の撮った写真が評価され、沢山の人に見てもらえるのは嬉しいですよね。また、この選挙キャンペーンにより投稿に「いいね!」を集めることができ、ページのエッジランクもさらに高まりそうです。

これらの企画はファンに参加してもらうことで、コンテンツの素材が増えていく仕組みになっているので、シリーズにすることによって参加者としても、どんどんファンを巻き込んでいくことができます。


▲アイデア勝負の投稿たち
多くの人が見たことがあるけれど、実はよく知らないもの。そういうネタは「そうそう、実は気になってた!」と盛り上がりやすいもの。ブルーシールのカウンターにいる人物の名前を皆で考えよう!という投稿をしていました。

facebook 活用 事例 プロモーション 沖縄likes (沖縄Likes)/琉球インタラクティブ株式会社 名付け親


集まったコメントが100件を超えて、大盛り上がり!その後の名前発表では、カウンターにいる人物いまつわるブルーシールのうんちくを紹介。しっかりオチも考えられたうえでのアイデア投稿は、思わず誰かに話したくなるという意味でも見事と言わざるおえません。


また、こちらはタイムラインを使ったキャンペーン。投稿内で出題されたクイズに正解を答えた人のなかから、抽選でライブチケットが当たるというもの。これはFacebookのタイムライン上で行うキャンペーンですが、ファンから沢山のコメントを集めることでページが盛り上がるというところが特徴です。

facebook 活用 事例 プロモーション 沖縄likes (沖縄Likes)/琉球インタラクティブ株式会社 TLCA


こういったキャンペーンもうまく使いながら、ファンと交流している様子が見えますね。

いかがでしたでしょうか。ご紹介した以外にも、様々な投稿でファンと盛り上がっている沖縄likes (沖縄Likes)のFacebookページ。ぜひ直接みて、運用のヒントをつかんでみてくださいね!


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。