facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

青山ケンネルスクール/青山ケンネルインターナショナル株式会社

ファンの数は2,500ほどですが、毎回の投稿に50前後、多い時は100ほどの「いいね!」が集まっています。

それも、そのはず。ターゲットとなる人が思わず「いいね!」したくなるような投稿ばかりなのです。

今回はトリミングスクールである青山ケンネルスクールのFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 青山ケンネルスクール/青山ケンネルインターナショナル株式会社 カバー


▲自分を重ね合わせられるような投稿

トリマーになりたい、もしくは憧れている人が「私もトリマーになれる!」と思ったり、トリマーの夢を再認識するような投稿が目立ちます。

ターゲットとなる人のモチベーションをアップするような内容なので、スクールに通うニーズ自体を喚起する効果があるのではないでしょうか。

これらの投稿には、ユーザーが「今の自分を重ねる」ものと「将来のイメージをつかむ」ようなパターンのものがあります。どちらも、強い共感を呼ぶので結果的に「いいね!」などの反応がたくさん集まる結果となっているのです。

①今の自分を重ねる

facebook 活用 事例 プロモーション 青山ケンネルスクール/青山ケンネルインターナショナル株式会社 今

「平日は会社員で休日にスクールに通っている」「親の希望で大学に進学したけれどトリマーの夢をあきらめたくない」「転職してトリマーになるためにスクールに通う」など、生徒さんの状況をつづっている投稿たち。

facebook 活用 事例 プロモーション 青山ケンネルスクール/青山ケンネルインターナショナル株式会社 共感

様々なケースのなかには、見ている人が思わず自分と重ねてしまうような事情や想いがつまっています。
思わず「いいね!」してしまうとともに、自分と同じシチュエーションの人が前に進んでいる姿をみて、刺激を受けるのではないでしょうか。


②将来のイメージをつかむ
トリマーになりたいという夢がある人でも、現実的に考えると就職や卒業など不安な要素が出てくるものです。将来のイメージがつかめるような投稿は、そういった不安を払しょくさせるのに効果的です。

左キャプチャは、就職できた元生徒さんのレポートです。こうやって活き活きと働いている人の姿には憧れの気持ちも抱きますよね。

facebook 活用 事例 プロモーション 青山ケンネルスクール/青山ケンネルインターナショナル株式会社 将来

また、遠方の人の不安を払しょくする内容となっているのが右の投稿です。遠くても通い続け無事に卒業できたことを伝える内容になっています。

これらの投稿は、スクールに通うことに対して背中を押してくれそうですね。


▲気づきや学びにつながる投稿
トリマーにとって必要な知識などの情報を提供しています。

役立つ情報は「いいね!」などの反応が得られるほか、ターゲットとなる人にとって、このFacebookページが価値ある存在だと感じてもらえるのです。

facebook 活用 事例 プロモーション 青山ケンネルスクール/青山ケンネルインターナショナル株式会社 学び

トリマーのように実践で技を伝えるような学習コンテンツの場合、ウェブ上で伝えられる情報の選定が難しいですが、それでもトレンドなどをうまく織り交ぜながら有用な情報を発信しています。


▲旬やトレンドに絡めた投稿

リアルタイム性が重視されるFacebookの投稿では、旬にあわせた内容は目につきやすいです。ですから、例え宣伝投稿だったとしても、旬の話題から入るなどの工夫をするとより読んでもらいやすくなります。

facebook 活用 事例 プロモーション 青山ケンネルスクール/青山ケンネルインターナショナル株式会社 旬

細かい工夫かもしれませんが、一回一回がファンとのコミュニケーションです。小さい積み重ねが大切ですね。


▲取りこぼしを防ぐための工夫
せっかくターゲットに共感してもらったとしても、まったく問い合わせや申し込みにつながらなければ仕方ありません。

青山ケンネルスクールのFacebookページでは、すべての投稿にサイトのURLや今後の説明会の案内など、問い合わせにつながるような情報を文末に記載しています。

facebook 活用 事例 プロモーション 青山ケンネルスクール/青山ケンネルインターナショナル株式会社 宣伝


こういったひと工夫が、取りこぼしを防ぐための対策になります。

その他、このページの投稿は冒頭の見出しが、惹きこまれるようなうまい文章になっています。つい読んでしまう⇒共感する⇒行ってみようかと思う⇒問い合わせ、という一連の流れが小さな投稿のなかにしっかり収まっているところが見事です。ぜひ、直接ページで投稿をご覧になってみてはいかがでしょうか。

★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。