facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

花七曜(はなしちよう)

Facebookを宣伝の場と捉えるのではなく、お客様との出会いの場、と捉えてみませんか?

あなたもきっと、Facebookの投稿を見ていると、まだ会ったことのない人でも、だいたいどんな人か想像できたという経験があるはずです。それは、個人ユーザつまり人だけでなくお店だって同じなのです。

Facebookページは自己表現の場でもあります。自己表現するからこそ、見ている側は「この人(お店)私(の求めているもの)に合うのか」という判断ができるのです。

ということで、今回はそんな自己表現がうまい事例をご紹介します。カフェ、雑貨店、ドッグランを兼ねた富良野にあるお店、花七曜のFacebookページです。

facebook 活用 事例 プロモーション 花七曜 カバー


▲季節を感じる瞬間を紹介
もちろん、このページも商品やメニューの紹介つまり「宣伝」をしています。しかし、宣伝ばかりではなく普段からしっかりファンとコミュニケーションをとっていることが重要です。

こちらの投稿をご覧ください。今この季節を味わえるような写真、次の季節の足音が聞こえてくるような瞬間の写真が紹介されています。
facebook 活用 事例 プロモーション 花七曜 季節


こういった投稿は、見ている側に、季節の移り変わり、自然の魅力、生命の力などを届けているように思います。その結果として「いいね!」やコメントが多いのではないでしょうか。

▲人柄が伝わる文章
ネット上とはいえ、文章は相手の気持ちや空気、そして人柄までも伝えてしまうものです。こちらの投稿をご覧ください。
facebook 活用 事例 プロモーション 花七曜 人柄

内容自体も素敵なのですが、文章を読むとこういう日々の小さな幸せに気づき、喜びを感じることができる方なんだなというのが伝わってくるわけです。書いている人を好きになるというか、心の距離が縮まる思いがします。

自分の価値観やお店の世界観などを伝える投稿は、一緒に人柄も表現できるのではないでしょうか。

▲日々の出来事のなかに、商品やお店のなかの話を盛り込む
左は来店の嬉しいエピソードが紹介されつつも、犬を連れての来店が可能であることに言及しています。
facebook 活用 事例 プロモーション 花七曜 日常

右は、素敵なブーケが出来上がった際の写真。「喜んでいただけるといいなぁ(*^-^*)」という一文から、想いやワクワク感が伝わってきます。見ている側からすると「素敵!」と思うと同時に、ブーケの注文ができることを自然と知るきっかけになるはずです。

嬉しいことと一緒にすれば「宣伝」色は薄まること、日々の出来事紹介のなかに自社の話を織り込むと自然とアピールできることに気づかされます。

▲もちろん宣伝も
さて、冒頭にも触れたように、もちろん宣伝投稿もしています。商品ページに誘導したり、メニュー紹介したり。
facebook 活用 事例 プロモーション 花七曜 宣伝


しかし、これ以前にご紹介してきた投稿をはじめ、運営者の日々の出来事なども投稿されているなかでの宣伝投稿です。つまり、すでにある程度ファンとの関係性ができているのです。宣伝でも投稿自体が素敵なのも反応が集まる要因のひとつですが、やはり普段のコミュニケーションがあるからこそより「いいね!」が集まっているのではないでしょうか。

このページの投稿は、本当に素敵なものばかり。見ているとその場の雰囲気も伝わってきます。思わず「いいね!」してしまうだけでなく、「行きたい」と思うような運用が印象的ですね。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。


関連記事
純粋菜種焙煎工房 ほうろく屋

株式会社カインズ トゥルーベリー

ピジョン / Pigeon

ピジョン / Pigeon

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。