facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

純粋菜種焙煎工房 ほうろく屋

「本物」は、Facebookページでもありもままを伝えていれば、必ず応えてくれる人が出てくるのだなと実感しました。こういう素晴らしい商品を作っている企業が沢山あっても、うまく情報発信できているところは少ないんじゃないかと思います。

さすがに「思いのまま自己表現すればいいと思います!」では、何を投稿すればわからないので、いくつかポイントをお伝えしていきます。本当は素敵な素材が沢山あるのに、うまく表現できていない方に届きますように。純粋菜種焙煎工房 ほうろく屋のFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 純粋菜種焙煎工房 ほうろく屋 カバー


▲歴史を語る
搾油のノウハウを持っていた先代の取り組みや、言葉が記載されています。読んでいると感動して思わず涙しそうな話が盛り込まれてます。素材や搾油へのこだわりや、目標、先代から受け継ぐ強い想いなどが伝わってくるのです。

facebook 活用 事例 プロモーション 純粋菜種焙煎工房 ほうろく屋 先代

結果(読み手の中では言語化はされていなくとも)、人や商品への信頼度は上がり、品質への期待感も持ってもらえます。また、強い感動や共感を覚えることで、書き手への親近感がわいたり、応援したくなる気持ちがわいてくるのではないでしょうか。

▲商品を支える「人」を紹介する
「誰が作っているのか」ということがわかると、商品への信頼感や安心感が自然と高まるものです。
このページでは、作り手自身の言葉で語られている時点で「人」が前面に出ています。ただ、それだけではなく、その商品にかかわる人も紹介しているのです。

例えば、こちらの機械を修理する職人さんについての投稿です。職人さんの技のすごさや、古いものを大切にするという姿勢が伝わってきます。やはり、こういった投稿も読んでいるうちに、信頼感がアップしていきますよね。

facebook 活用 事例 プロモーション 純粋菜種焙煎工房 ほうろく屋 職人


▲宣伝ではなく実際のエピソードを伝える
宣伝しようとすると、その商品の良いところだけにフォーカスした内容になりがちです。そこで、もしそういう内容になっているなと思ったら「その商品の良さを物語るエピソード」を思い出してみましょう。

facebook 活用 事例 プロモーション 純粋菜種焙煎工房 ほうろく屋 エピソード

こちらの投稿では、新聞配達をしているおばちゃんが菜種油を料理だけでなく、全身に使っているという話が紹介されています。自分たちで自分の商品を褒めるような言葉を並べるよりも、よっぽど説得力がありませんか。

▲積み重ねることが重要
ご紹介してきた投稿には、どれも書き手の想いが詰まっています。大事なことは、こういった想いの伝わる投稿を繰り返し行うことです。

何度もこれらを見てもらうことで、受け手の中で「この人は信頼できる」「この商品なら間違いない」というイメージが固まっていくのです。

素晴らしい商品を作っているのであれば、材料や作り方にも当然こだわりがあるでしょう。そして、その奥には作り手の強い想い、努力があるはずです。Facebookページといっても、結局は人と人のコミュニケーションです。商品の裏に隠れたすばらしい素材をぜひ公開してみてください!

★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。