facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

伊東屋 itoya/株式会社 伊東屋

スタート時からfacebook内でファンを集めるよりも、まずはfacebook外からも自社のファンを引っ張ってきてページを盛り上げたほうが効率的に人を集め活性化したページがつくれるのではと考えさせられる事例。伊東屋 itoyaのfacebookページをご紹介。

facebook 活用 事例 プロモーション 伊東屋

▲自社サイトからfacebookページへ誘導
自社サイトからfacebookページへのバナーが貼ってあるケースは良く見かけますが、伊東屋の場合は1ページfacebook専用ページを用意し、丁寧に解説。Facebookとは?に始まり、facebookでできることや登録方法まで記載されています。

しかも自社サイトには、とって付けたようなリンクではなく、ページ上部のグローバルナビにこのページへの導線※が設けられており、力の入り様を感じます。(※キャプチャ上赤枠内)

facebook 活用 事例 プロモーション 伊東屋 Welcome

Welcomeページはキャンペーンなどのメリット訴求で『いいね!』を強く促進したりはせず、「文房具好きな方」に『いいね!』を呼びかけるだけのシンプルな内容となっています。

▲ファンで盛り上がるウォール
ウォールでは商品紹介や新店舗についての情報など宣伝が多いのですが、反応率は余裕で1%超え&必ずコメントが数件ついています。宣伝情報でこれだけ反応があるなんて、理想的ですね。それだけ本当に文房具もしくは伊東屋が好きなコアファンが集まっているということだと思います。

ウォールでは他に、伊東屋銀座店の看板青空クリップを撮影した風景写真シリーズなども投稿しています。

facebook 活用 事例 プロモーション 伊東屋 イベント

▲イベント情報をわかりやすく
伊東屋では店舗のイベントをGoogleカレンダーで表示させています。
facebookのイベント機能が使いづらい!と感じているのは私だけではないと思いますが…。これなら、何のイベントがどこでやっているのかが期間も含め一目瞭然です。
イベントをクリックしたときに記載されているURLに直接飛べない(2クリックでなら飛べます)のがちょっと不便ですが、自社サイトまで飛んでしまえばちゃんと情報取得できるようになっています。

※イベントカレンダーについてはNO MUSIC, NO WHISKY./サントリー酒類株式会社のようにページとして作成しているケースもありますね。

▲ディスカッションボードでファンの意見を収集
「オンラインショップでこんな商品扱って欲しい!」という声をディスカッションボードを通してヒアリングしていました。

facebook 活用 事例 プロモーション 伊東屋 ブランド

▲商品情報紹介をfacebook内で完結させる
オリジナルブランドの紹介ページは、リンク先が公式サイトではなくfacebook内のノートになっています。記載されている内容は公式サイトと同じなのですが、外部に飛ばさずfacebookページ内で完結しています。

メリットとしては『いいね!』やシェアが直接できるので拡散させやすく、コメントもつくのでページ自体が活性化する可能性がある、といったところでしょうか。もちろん自社サイトでもfacebookのプラグインで同様のことが可能ですが、自社サイトのソーシャル化は会社によって方針等の事情もあるでしょうし、ユーザーからしたらfacebook内のほうがアクションへのハードルが低い…かもしれません。

★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。