facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

FamilyMart (ファミリーマート)/株式会社ファミリーマート

Facebookチェックインクーポンの利用を始めたFamilyMart。さっそくクーポンをもらってきたので、そのことも含め記事にしました。まずはFamilyMartのfacebookページ紹介から。

facebook 事例 FamilyMart

▲義援金キャンペーンでブランディングと読者集め
と書いてしまうとイメージが良くないですが・・・概要は「いいね!」ボタンを押した人数に応じて、1件あたり50円を東日本大震災義援金として、総3万件を上限にファミリーマートから各自治体へ寄付をするというもの。

Facebookチェックインクーポン 事例 FamilyMart

▲Facebookチェックインクーポンで来店促進&宣伝
東京都内限定で“あじわい Famima Café(ヴィンテージブレンドコーヒー)”の電子クーポンを携帯電話・スマートフォン上で配信。無料で210円のチルドコーヒーがもらえるということで、足を運ぶきっかけになるかなと。

実際使ってみて感じたことは
◎(本キャンペーンは枚数限定だったため)あと何枚と表示されるので事前に調べれば無駄足にならない
×クーポンをどこで使ったがが友人みんなのウォールに表示されるのが恥ずかしい
×店員(アルバイト)が把握していなかったためスムーズでない
×(これは完全にデバイスの問題ですが)正確に位置情報が読み込めず、表示まで時間がかかり
 普通のクーポンのほうが嬉しいと思った

ということ。まぁ、あくまでも個人的感想です。ただ、2点目は企業からしたらユーザーの友人に情報が伝わるため『宣伝』になるという点では逆にメリット。3点目は現段階では仕方がなく、教育面だけでなくもっとfacebook自体の認知度合いが高まってくれば自然と解決される部分なのかなと考えています。


▲ソーシャルメディアで顧客との“つながり”を強化
FamilyMartのサイトには「今後もファミリーマートは、twitterとFacebookをはじめとするソーシャルメディアを、新たなコミュニケーションツールとして位置づけ、お客さまとの絆作りを進めてまいります。」と記載されています。ということで今後の活用方法にも期待ですな。
なお、こちらのFamilyMartのニュースリリースにはご丁寧にFacebookチェックインクーポン利用方法なんかも書いてありました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。