facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Honda FREED/本田技研工業株式会社

Hondaが新型フリードの登場を記念し、フリードハイブリッド・ジャストセレクション1台が当たるキャンペーンを実施。リアル脱出ゲームの草分け的存在である「謎」イベント集団SCRAPとコラボしたゲームアプリ「face game book」~消えたちょうどいいを探せ~!を11月11日に公開したHonda FREEDのfacebookページをご紹介。

facebook 活用 事例 プロモーション  Honda FREED

▲アプリ内に留まらないゲーム、他ユーザーの痕跡も見える
このゲーム、「face game book」とあるように80年代に日本で流行ったゲームブック(読者が提示された選択肢の中から行動を選び、指示された個所を読みながら物語をすすめていくゲーム本)の形式を模しています。

ポイントは
◎アプリ内に留まらないゲーム
◎ゲーム内に他ユーザーの残した痕跡が見られる

前者:ゲームのなかで「●●(人)のfacebookページに行く」「▲▲(画像)を見る」等指令されます。アプリ内に留まらず複数のfacebookページの画像やウォール、ノート等をフル活用様々な素材を活用しています。

後者:ゲーム中に他ユーザーがつけたコメントを見て、共感したり、ヒントにしたり(←本当はNGかもですが)できます。全然知らない人とゲーム内ですれ違っている感覚を味わえました。他のアプリにはなかった感覚です。

facebook 活用 事例 プロモーション Honda FREED 田村さきこ
(ゲーム用に作成された人物のfacebookページ。各設問の選択肢の後に「→③へ」「→⑤へ」など次に進む設問が提示されておりウォールをゲーム仕様にうまく活用。他ユーザのコメントも見られます。)

facebook 活用 事例 プロモーション Honda FREED 協力者

▲ゲームの一部を構成するための協力者を募りユーザーを巻き込む
ゲーム公開前に協力者を先着300名まで募集。協力者には、アルバム内にゲームを解くためのヒントを画像で設置してもらい、ゲーム内ではユーザーがヒントを求めて協力者のページに訪れることになります。

メリットは
◎ゲーム公開前の拡散(話題作り)ができる
◎(企業、ブランドに対する)協力者の心の距離が縮まる
かなと。ちなみに協力者もゲームとプレゼント応募に参加できます。

活用 事例 プロモーション Honda FREED 協力
(協力者のアルバム)

▲実際トライしてみて…
上記でも書いたように、全然知らない人とゲーム内ですれ違っている感覚が他のアプリにはなかったなと感じました。ゲームはアタマを使わないと解けず、発想力も求められる内容になっていて、企業のプロモーションで使用するゲームのなかでは難易度が高いです。そのぶん、すべてゲームを解いた後に流れるエンドロールを観る喜びも大きかったです。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。