facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【三鷹市の整体院】 ファミリーカイロプラクティック三鷹院

治療院のfacebookページ事例を探していたのですが、ファン数が2桁の小規模ページが多いですね。地元密着型の運営を目指すとすると、まずは数より過去に一度でも足を運んでくれた人との関係性維持&構築が重要そうです。【三鷹市の整体院】 ファミリーカイロプラクティック三鷹院のfacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 整体 ファミリーカイロプラクティック三鷹院

▲ユーザーを惹きつける初めての方へページ
興味喚起からファン獲得(治療院への期待感をもってもらう)まで1ページのなかで以下のような流れができています。
①想定されるユーザーニーズを提示 ⇒ 興味喚起、共感を促しページに引き込む
②経歴などを数字を交えて紹介 ⇒ 信頼してもらう
③何を提供できるのか説明(※)   ⇒ ファンになることのメリットを感じてもらう、(①のニーズに対して)課題解決のイメージをもってもらう

※姿勢が良くなることがイメージできる図と、「腰痛、肩こり、頭痛の解消法や姿勢を良くする方法を解りやすくシェアしていきます。」という解説があります。

facebook 活用 事例 プロモーション 整体 ファミリーカイロプラクティック三鷹院 イベント

▲将来顧客獲得も!?リアルイベントとの連動
誰でも参加OKな無料の健康教室を定期的に開き、授業の様子や記念写真をfacebookページにアップしています。
通院者優先と記載されています。確かにこういったイベントを開催するのであれば、まずは既存顧客に告知集客。徐々に家族・友人・知人の紹介から、facebook流入ユーザーと増やしていき将来顧客を集めることができるのではないでしょうか。

facebook 活用 事例 プロモーション 整体 ファミリーカイロプラクティック三鷹院 院内


▲院内や施術の様子を公開
キッズスペースを紹介しながら、子どもと一緒に通院できる旨を紹介したり、施術の写真とともに背骨のチェックやケアの必要性を説いたりしています。後者は、ユーザーにとってのお役立ち情報を交えながら、ニーズ喚起をしているあたりが◎ですね。


▲顔が見え、ストーリーが伝わる院長紹介
直接身体を触られたりするぶん、「誰が施術するのか」は来院先を決めるのに重要なキーになってきますよね。ファミリーカイロプラクティック三鷹院では、以下3点から院長の経歴や人となり、想いなどが伝わってきます。
①顔出し(プロフィール写真・ページオーナー設定)
②想いの伝わる自己紹介(基本情報)
③日々の情報発信(ウォール)

特に②では、「わたくし、院長佃は7歳の時に事故で金属バットで頭を強打する事故に遭いました。」から「カイロプラクティックに出会ったおかげで今では全ての症状と別れを告げました。」「世界を良くするには身近な家族、友人の健康づくりのお手伝いをすることこそが平和への1歩と考えました。」など、なぜカイロプラクティックに興味を持ったのかやミッションなどが記載されています。

個人的には、せっかく内容が濃いので基本情報ではなく特別にページを設けて露出度を上げていったほうがいいのでは、(気付かれにくくテキストのみの)基本情報への記載だともったいないのではと思ったりもします。

▲患者さんのエピソードを共有
ウォールで患者から感想や、エピソード紹介をしていました。患者さんのエピソードを共有することで院での課題解決が可能であることを伝えています。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お礼:FBページ作成者本人です

担当者様

当院のFBページの分析、ありがとうございます。

>個人的には、せっかく内容が濃いので基本情報ではなく
>特別にページを設けて露出度を上げていったほうが
>いいのでは、(気付かれにくくテキストのみの)
>基本情報への記載だともったいないのではと思ったりも
>します。

お褒めのお言葉と共に、改善点も示していただき、ありがとうございます。

更新頻度を高めることに力を注いでまいりましたが、
アドバイスの通り、今後は基本情報への記載も増やしていこうと思います。

数より質というのはおっしゃるとおりで、
おかげさまでFBページからの集客は確実につながっています。

思いがより伝わるFBページ、これからも力を入れていきたいと思います。

治療院含め、多くの事業者のみなさんが、自己PRをしていくことで、必要な方に必要なサービスが提供されていくことを願っております。


佃 隆 | URL | 2011-12-11(Sun)06:51 [編集]


Re: お礼:FBページ作成者本人です

佃さま

とてもご丁寧なメッセージをいただき、ありがとうございます。
恐縮するとともに、とても嬉しく思っています。

>数より質というのはおっしゃるとおりで、
>おかげさまでFBページからの集客は確実につながっています。

やはり、そうなのですね!
私自身も貴院のページを拝見したときに、いちユーザーとして「安心して通えそう」と感じたので納得です。
想いが伝わってきたことも大きかったですし、暖かみのある写真や、専門的な情報から受ける印象もその安心感のもとになっていたような気がします。

>思いがより伝わるFBページ、これからも力を入れていきたいと思います。
今後のさらなるご活躍をお祈りしております。


自分の書いた文章を読み返して、少し言葉足らずなところがあると感じたので少し補足させてください。

>個人的には、せっかく内容が濃いので基本情報ではなく
>特別にページを設けて露出度を上げていったほうが
>いいのでは、(気付かれにくくテキストのみの)
>基本情報への記載だともったいないのではと思ったりも
>します。

タブ『基本データ』の項目『説明』の個所に、とても想いの伝わることが記載されているけれども、その部分が『...続きを読む』をクリックしないと表示されない、という意味で「気付かれにくく」と書いております。
『基本情報』という言葉が紛らわしかったのではと思ったので念のための補足です。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

fbsample | URL | 2011-12-12(Mon)00:16 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。