facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

つむぎ製作所/株式会社再春館製薬所

「再春館製薬」ときくと、連想するのがドモホルンリンクルのテレビCM。「30代からの基礎化粧品」「0120-444-444」のフレーズが頭のなかに流れてきます。が、このfacebookページを知ってイメージがガラっと変わりました。会社の空気やスタッフの想いが伝わってくるつむぎ製作所のfacebookページをご紹介。

facebook 活用 事例 プロモーション つむぎ製作所 再春館製薬所

▲「人と人のつながりを応援する」というコンセプト
つむぎ製作所とは「人と人のつながりをつむぐ仕組み」を生み出していく工房、とのこと。この『つむぎ製作所』はメインとなる公式サイトが存在し、facebookと連携しています。

facebook 活用 事例 プロモーション つむぎ製作所 再春館製薬所 つむぎムービー

▲大切な人とのつながりをつむぐアプリ『つむぎムービー』
要は「普段の気持ちをまわりの人にカタチにして伝えてみませんか、メッセージ動画が簡単に作れますよ!」というアプリです。アプリだけでなくその「キッカケ」も提供してくれているんだなと思わせる文調です。

facebook 活用 事例 プロモーション つむぎ製作所 再春館製薬所 ムービー制作

使い方は…贈る友達を選択し、動画内に使用する写真や友達のアイコンを決めます。メッセージを入力し、動画とともに流す音楽やデザインテンプレート、タイトルを決めるという流れ。

友達を指定しなくともウォールに公開し全員宛にすることもできるし、facebookアカウントがない人にも送れるあたりは自由度高めです。また送ったムービーや送られたムービーもマイページに保存されます。

facebook 活用 事例 プロモーション つむぎ製作所 再春館製薬所 ウォール

▲会社の空気が伝わるウォール運用
ウォールは社内の日常風景の紹介がメインの投稿内容。社員みんなで取り組む『お掃除の日』、大事な情報共有があるときに使う「認識一致の太鼓」、常にお客様がいるんだということを意識するための「お客様の椅子」、社員の声から不要な紙を緩衝材として再利用することになった話…などなど。会社の空気やスタッフの想いが伝わってきます。

他には東北支援活動やサンクス・イルミネーション、スマイルアフリカプロジェクトなどの企業の取り組み(内容詳細はこちら)がウォールで紹介されています。

反応率は1%~2%と比較的高めで、ほとんどの投稿にコメントもついています。前述したアプリ『つむぎムービー』の機能改善についてファンとのやり取りなども生じていました。


冒頭でもお伝えしたように、私はこのページを知って再春館製薬所のイメージがガラっと変わりました。理由は大きく2つ。①(言い意味で)知らなかった情報をたくさん取得した。②正直広告を信用していなかった。
「リアルな」「人のにおいがする」写真をみて、背景を知って初めてCMで言ってるようにこだわりを持って丁寧に製品をつくっているんだな、と感じた(そして記事を書いているなかで、そのことに気付いた)のは私的に発見でした。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

IKEAにお泊りしたい! を叶えた「ファン限定」お泊りパーティー―【私の論評】チェーン店の逆襲が始まる!!

ブログ名;「Funny Restaurant  犬とレストランとイタリア料理」

こんにちは。このブログに掲載されている、プロモーションもなかなか興味深いです。ところで、イケアのこのイベントFacebookを絡めて展開されたイベントではなく、Facebookから発想を得たイベントということで、なかなか面白いと思います。これからは、物理的な店舗を持つ、それもIKEAなどの大規模チェーン店はeコマースよりも有利になります。物理的店舗とeコマースと、さらにGISを活用し、これらをばらばらに運用するのではなく、統合するようなサービスを考え出したところが、将来は抜きん出てくると思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

yutakarlson | URL | 2012-01-11(Wed)11:09 [編集]


Re: IKEAにお泊りしたい! を叶えた「ファン限定」お泊りパーティー―【私の論評】チェーン店の逆襲が始まる!!

>yutakarlsonさま

コメントありがとうございます。ブログも拝見いたしました。
実際に店舗がある企業の場合は、顧客との接点が多くかつそのインパクトも大きいぶん、ソーシャルと連動した際の影響も大きいと感じます。素敵な事例をお教えいただき、ありがとうございました。

fbsample | URL | 2012-01-12(Thu)07:43 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。