facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クマ研究所/株式会社イプサ・株式会社集英社・ネットイヤーグループ株式会社

運営者のセンスが光るウォール、クオリティーの高いコンテンツ、拡散向きの診断&検定アプリ。オープン当初から注目していました。「所長、かわいい~!!!」とついクリックしたくなるクマ研究所のfacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション クマ研究所 イプサ 集英社 ネットイヤーグループ

▲研究所に見立てたコミュニティ
コンセプトは女性の第一印象を左右する大きな要因「目の下のクマ」を解決すべく、日夜クマに良いこと、クマに効くことをゆるゆると研究している部活的コミュニティ。
クマ所長というキャラクターを通して美容情報を発信し、ファンを『研究員』に見立てており、過去にはクマケアアイテムのモニター募集なんかもしていました。

facebook 活用 事例 プロモーション クマ研究所 イプサ 集英社 ネットイヤーグループ クマ検定

▲クマ検定で研究員会員証を付与
目の下のクマから動物のクマまで…クマにまつわる10の質問で、クマスター度を診断。最後は会員証も発行してくれます。

facebook 活用 事例 プロモーション クマ研究所 イプサ 集英社 ネットイヤーグループ 夜更か診断

▲男子も気軽に使える夜ふか診断で拡散力アップ!
夜ふか診断はユーザーのfacebook内アクション時間を分析し夜ふかし度を診断するアプリ。夜更かし度を5点満点で評価してくれ、自分も含めた友達の夜ふかし度ランキングも表示されます。

ピーク時は月間10,000ユーザーで日本語診断アプリランキング7位までいっていたようです。(引用元はこちら)女子向けページのアプリであっても、拡散を狙ったアプリは男子も巻き込める内容にすると、拡散力が強いですね。(意図してかはわからないですが。)

▲クオリティの高い読み物コンテンツが満載!
集英社の美容誌MAQUIAがサポートしているだけあってか、コンテンツが豊富かつ面白い!読み物コンテンツは「クマに良いもの、クマに効きそうなものを試してみてます」と『お試し隊 活動報告』というかたちで括ることで、全体のコンセプトと親和性を保っています。コンテンツ自体はノートに記載されています。以下にその細かい内容を列挙。
・クマのこと知ってる?(クマの原因、クマに対する男女の意識調査)
・クマツボハンター
・話題の美容法
・クマレシピ
・クマヨガ(準備中)

あと、ウォールに投稿されている『クマ劇場』(OL久美子を主人公にした連載ショートストーリー)なんかも面白いです。微妙に共感する部分もあり、フッと笑っちゃう部分もありといった感じ。他には職業別クマレポートというコンテンツもあります。

facebook 活用 事例 プロモーション クマ研究所 イプサ 集英社 ネットイヤーグループ 所長

▲運営者のセンスが光るウォール投稿
反応率も高く(2%以上の反応率もしばしば)、返しの巧いクマ所長へファンからの「フリ」的コメントも多く見られるウォール。クマ研究所のメインはなんといってもこのウォールではないかというくらいです。

クマ所長の写真やイラストがかわいいので思わず「いいね!」したくなるのですが、ファンとの会話を見ていると節々にユーモアの効いた所長のコメント返しがあり見事です(笑)

facebook 活用 事例 プロモーション クマ研究所 イプサ

facebook 活用 事例 プロモーション クマ研究所 イプサ モニター


▲イプサのアイテム紹介
アイケアアイテムのサンプル申し込みや、購入を促進。これは以前ファン向けにモニター募集をしていましたね。
ウォールで紹介しているモニターレポートもその時のものを活用しているのでしょうか。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012-01-17(Tue)20:56 [編集]


Re: コンテンツ

通りすがりさま

貴重な情報ありがとうございました!基本はそうなのかな、と思っていたのですが『全て』なんですね。

fbsample | URL | 2012-01-18(Wed)07:11 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。