facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中川政七商店/株式会社中川政七商店

2016年には創業300周年を迎えるという奈良の老舗。facebook活用だけでなくtwitter、自社サイト、楽天、ブログなどをうまく連携させています。コンテンツ自体もクオリティが高く、うまくwebを活用していますね。『進化する老舗』中川政七商店のfacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 中川政七商店 welcome

▲welcomeページで自己紹介とファン獲得
このfacebookページは昨年夏ごろにfacebook広告で見かけて知ったのですが、今でも広告を見かけます。この広告のランディングページであるwelcomeページは、以下2つの要素にわかれています。

まずは①自己紹介。自社と各ブランドの紹介がされています。
ページ上部では②『いいね!』ボタンへの誘導。ファンになることで、どのようなメリットがあるのかを明記しています。

facebook 活用 事例 プロモーション 中川政七商店 ウォール1

▲高いときで反応率4%超え!のウォール運用
もちろん商品がいい、写真がいい、実ファンがいる、というのが高反応率の土台にあります。実際、ユーザーローカルでこのfacebookページの人気書き込みランキングを見ると上位10位中8件が商品情報です。(2/15現在)

とはいえ、担当者の親切で丁寧な対応がこの反応率を支えているのも事実です。簡単な返事だけでなく、しっかり対話になる返答をしているように見受けられます。

たまに投稿した商品に対してファンから「○○店に見に行ってみます」「行ったら置いてなかった」などの書き込みがされています。こういった内容に対しては「△△店舗と◇◇店での取扱いになります」など、最終的に売り上げにつながるような誘導もしていあのが印象的でした。

facebook 活用 事例 プロモーション 中川政七商店 ウォール2

商品紹介のほかは、メディア掲載情報や社内の日常なんかも投稿されています。

facebook 活用 事例 プロモーション 中川政七商店 イベント

▲イベントだけじゃない!期間限定商品もイベント機能で告知
イベント機能にフェアや催事の情報を載せるのは普通ですが、中川政七商店では期間限定商品をイベント機能を使って告知しています。
atre吉祥寺一周年記念ハンカチーフ販売やおせちお重ランチなど。実店舗で販売「実施中」という意味でいうと、この機能を使うのもなんだか納得です。

facebook 活用 事例 プロモーション 中川政七商店 キャンペーン

▲商品紹介
『開催中のキャンペーン』『ショップ』タブでも商品紹介をし、オンラインショップへ導線を貼っています。

また、プロフィール画像が今はひな人形ですね。季節感のある商品写真をプロフィール画像として随時入れ替えるというのは、商品紹介にもなって良さそうです。

★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。