facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヤマザキナビスコ オレオ/oreo

オレオが100周年(国内発売25年)を記念し、3月19日からfacebookを使って2つのキャンペーンを開始したようです。ヤマザキナビスコ オレオ/oreoのfacebookページをご紹介。

facebook 活用 事例 プロモーション ヤマザキナビスコ オレオ/oreo

▲リアル連動参加型キャンペーン
Facebookページだけでなく、東京メトロで配布しているフリーペーパーや、東京メトロの「O(オー)」が付く名前の駅に貼ってあるポスターに隠された文字を見つけて(1つ)応募する、という「オレオ見つけて100万円!キャンペーン」。抽選で1名に100万円が当たります。

文字が隠された場所は合計100個あり、全て集めてチェックシートに埋めていくとオレオからのシークレットメッセージが出来上がる、という仕掛けもあり。

隠された文字を秘密にするのではなく、あえてfacebook上でオープンにしているところがポイント。宝探しのような楽しみを、facebookを通じてファン同士が共有できるようになっています。

facebook 活用 事例 プロモーション ヤマザキナビスコ オレオ/oreo オレオ見つけて100万円!キャンペーン

オレオのfacebookページでもメトロに貼ってあるポスター画像を順次公開しているだけでなく「見つけたら、オレオFacebookページへ写真付で報告を!」とファンに呼びかけ。ファンも写真と答えをタイムライン上に投稿し合っています。

facebook 活用 事例 プロモーション ヤマザキナビスコ オレオ/oreo

▲メッセージアプリを使用してキャンペーンを周知
Facebook アプリ「Message OREO」を使って友達にメッセージを贈ると、優秀作品の一部を表参道で展開するオレオのキャンペーンポスターに採用するというコンテストも開催。メッセージ送信者もしくは受信者から抽選1,000名にヤマザキナビスコお菓子詰め合わせ(2,000円相当)が当たるという副賞もあり。

送られた相手への周知はもちろん、(投稿しない選択もできますが)タイムラインでの露出により周知していっています。

メッセージ作成の流れは
①送る相手を選択(頭文字を入れると候補が表示されます)
②メッセージ記入(定型文とスタンプ、数種類のペンがあり、比較的自由に描けます)
③ラッピングを選ぶ(メッセージが飛び出す前の動画です)
④キャンペーンの参加選択
⑤ウォール投稿の選択
最後にプレビューで確認して送信完了です。
オレオに描いている過程でオレオが食べたくなってくるのは私だけでしょうか。


3月19日にオープンしたfacebookページは一週間でファン1,500を超えるくらい。着々と伸ばしている印象ですが「オレオ見つけて100万円!キャンペーン」は5/6まで、「Message OREO」のキャンペーンは6/8まで、とけっこう長丁場なので、今後の盛り上がり具合も気になりますね。

★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。