facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

海のホテルひろせ(公式)観光パンフレットには、なかなか載っていない!北陸・福井・若狭の人達だけが知っている!レア観光情報(スポット・グルメ・レジャー)

まさに福井の観光案内人のようなページ。いいね!などの反応率も高いときで8%くらいあるほどの人気です。海のホテルひろせ(公式)観光パンフレットには、なかなか載っていない!北陸・福井・若狭の人達だけが知っている!レア観光情報(スポット・グルメ・レジャー)のFacebookページをご紹介。

▲SEOを意識し、コンセプトも訴求しているタイトル
SEOという意味ではFacebook自体のパワーがものすごく大きいため、必然的にFacebookページもその力にあやかれるわけです。なので、タイトルのつけ方なども工夫すると検索結果からの流入が増え、訪問数もファンも獲得することができます。(正直、このブログのFacebookページもまさに検索から来る方が最も多いです)

facebook 活用 事例 プロモーション 海のホテルひろせ(公式)

で、このページはタイトルが「海のホテルひろせ(公式)観光パンフレットには、なかなか載っていない!北陸・福井・若狭の人達だけが知っている!レア観光情報(スポット・グルメ・レジャー)」と、ともかく長い!

でも、「北陸・福井・若狭」「スポット・グルメ・レジャー」などのワードが入っているあたり特にSEOを意識していることを強く感じます。

そして「観光パンフレットには、なかなか載っていない」「レア観光情報」などは、まさにこのページのコンセプト、強みをしっかり訴求できていますね。

SEOを意識しつつ、強みを訴求し、かつホテルの名前もしっかり伝える。長いけれど効果的なタイトルになっています。

▲まるで現地の観光案内人!なページ
このページは周辺の観光や特産品の情報がかなーーーり詳しく紹介されています。本当に詳しいのです!よく他のホテルも出しているような内容なのですが、それらと違うのは詳しさと現地人ならではの視点

長すぎて正直ブログに貼るのもためらわれるのですが(なんて書かれているか読めないので)、あえて貼ってみます。

facebook 活用 事例 プロモーション 海のホテルひろせ 投稿


いかがでしょうか。長いですよね?でも、内容はかなり充実していて、特産品だったらその歴史から特産品をモチーフにしたキャラクター紹介をしたり、お菓子も、特徴紹介からカロリー計算&他の食べ物と比較、お店の詳細情報、観光地は歴史から施設館内紹介(フロアごと!)、おすすめの楽しみ方、そして施設詳細など…まるで現地で観光案内の人から解説されている感覚になります。本当、説明が丁寧なんですよね。

もちろん、投稿記事に載らない長さになるとブログへ飛ばしたりもしています。でもたまにFacebook限定でマル秘スポット紹介なんかもしていて、Facebookページならではの情報も取得できるようになっています。

▲ホテルの紹介をしていなくともファンからの書き込みがある
宿泊予定のあるファンが、何日に泊まるからよろしくお願いしますという旨の投稿をした際、「FBを通じてという事で、特典」をつけていました。こういった書き込みが目に入ると「Facebook経由だとお得なの?」といい意味で驚いたりするのですが…

facebook 活用 事例 プロモーション 海のホテルひろせ


そもそも、ファンからこういう書き込みをしてもらえること自体がとても理想的で、ページが愛されている証拠ですよね。実はこのページ、ホテルの宣伝をほとんどしていません。でも、ファンからの書き込み投稿がちらほら見受けられるのです。

おそらくこれは、普段から懇切丁寧な観光情報を発信していて、その文章の随所に運用者の想いや人柄が表れているからだと思います。





★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。