facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

GlossyBox.jp/ビューティー・トレンド・ジャパン株式会社

反応率は1%~3.5%くらいと高く、コメントやシェアもコンスタントについています。GlossyBox.jpのFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション GlossyBox.jp/ビューティー・トレンド・ジャパン株式会社

▲美容お役立ち情報
こう書くと「お役立ち情報なんて、どこのページでもある」と思うかもしれませんが、このページの情報はつい読んじゃうんです。

その理由は①専門的すぎない②多くの人にあてはまるネタ③タイミングが良い、の3点だと思います。

①美容ハウツーの場合「~成分が」「~効果で~が出て~に良い」「このラインはこう××に気を付けながら○○にひいて」など論理的なんだろうけど専門的すぎてわからない、正確なんだけど細かすぎてめんどくさい、というケースが多いのです。しかし、このページではそういった小難しい、もしくは細かすぎる解説がありません。(たまにはありますが、少ないです)

②あまりにも美容への意識が高すぎる人むけのニッチな話題だとハードルが高すぎて敬遠してしまうので、美容ネタは選択が難しい気がします。でもこのページでは使わなくなったアイシャドウや眠っているパウダーファンデーション、お出かけ前のお化粧直し小ネタなど、誰にでも「あるある!」なテーマが多いのです。これはつい気になってしまいます。

facebook 活用 事例 プロモーション GlossyBox.jp/ビューティー・トレンド・ジャパン株式会社 お役立ち

③季節やトレンドにあったお役立ち情報をタイミングよく配信しています。こちらはオリンピックに絡めた投稿です。
facebook 活用 事例 プロモーション GlossyBox.jp/ビューティー・トレンド・ジャパン株式会社 メダル


▲答えて当たるキャンペーン
投票で票の多かったものや、クイズに正解した人のなかでプレゼントなどの企画を実施しています。こういうものはファンとのコミュニケーションが発生してよいですよね。
facebook 活用 事例 プロモーション GlossyBox.jp/ビューティー・トレンド・ジャパン株式会社 プレゼント
ただ、ページが盛り上がるとはいえコメント欄に書き込んでもらうのはFacebookの規約的にOKなのかというところが…ですが。右の例のように、別ページをちゃんと設けてクイズを出すのは◎ですよね。

▲GlossyBox中身紹介
GLOSSYBOXはプロがセレクトしたビューティー・プロダクトをセットにして送ってくる、というもの。その中身がひとつひとつ紹介されています。おそらくこの商品の本当のファンが多いと思われ、商品紹介でもちゃんとレビューコメントがついていますね。この商品の場合は、同じものが同時期に届く人が多いから、反応が得られやすいというのもあるかもしれません。

facebook 活用 事例 プロモーション GlossyBox.jp/ビューティー・トレンド・ジャパン株式会社 商品

美容お役立ち情報が、潜在層も含めたターゲット全般に対するコンテンツだとしたら、このGlossyBox中身紹介は既存顧客プラス、見込客にむけたコンテンツ。そして既存顧客とはコミュニケーションをとれるコンテンツになっています。

やはり、商品に対する検討段階別にコンテンツを用意し、バランスよく配信していくことが重要ですね。

★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。