facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

京都祇園 天ぷら八坂圓堂

京都にある天ぷら屋さん。いいね!などの反応率はコンスタントに5~6%、高いときで10%以上、チェックイン件数も650件以上と盛り上がっているページです。京都祇園 天ぷら八坂圓堂のFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 京都祇園 天ぷら八坂圓堂

▲食欲をそそる!季節も感じる!役にも立つ!食材紹介
食材として使う野菜や魚の紹介をしています。

facebook 活用 事例 プロモーション 京都祇園 天ぷら八坂圓堂 食材

この投稿のポイントは以下3点です。
①宣伝から入らず、まずはお役立ち情報を提供
最初に食材にまつわる小ネタや説明をしています。

②基本的に旬ものを紹介するので季節を感じる
季節感のある投稿は一般的に反応率が高いです。写真とあわせて思わず「いいね!」をしたくなりそうです。

③天ぷらの写真に食欲をそそられる
「食べたい」⇒「行きたい」といった心理的変化につながりそうですね。

写真で目をひき、いきなり宣伝するのではなく、でも最後にはお店の誘導しているあたり、かなり巧いです。


▲観光情報 お店のことではない有益情報を提供
京都御所の一般公開や京都非公開文化財特別公開の告知をしています。

facebook 活用 事例 プロモーション 京都祇園 天ぷら八坂圓堂 観光

この投稿は何がいいのかというと…以下3点です。
・お店のこと(直接・間接的な宣伝)ではなく、有益な観光情報を発信できている
・お店に近いため、同時に来店も促すことができる
・ファンの目に留まり、反応が得られるような写真を使える
(綺麗な風景は反射的にいいね!しちゃいますよね)

▲店内の様子から雰囲気が伝わる
お店に飾っているお花や、お庭にあるオブジェなどの紹介をしています。お店の雰囲気が伝わってきますね。

facebook 活用 事例 プロモーション 京都祇園 天ぷら八坂圓堂 店内 庭 花


▲非日常、文化を感じる『着物』は反応も良い!
仲居さんの着物を紹介しています。柄などの解説もしているのですが、こういった非日常や、文化を感じる写真は反射的にいいね!が集まる傾向があります。

facebook 活用 事例 プロモーション 京都祇園 天ぷら八坂圓堂 着物


▲来店機会を逃さず、記憶にも残る店舗情報
このページで一番特徴的なのは、すべての投稿に対してお店の名前、住所、電話番号、サイトのURLとFacebookページのURLが記載されています。

これには以下2つの効果があります。
①来店機会を逃さない
行きたいなと思ったら、すぐに予約が取れます。サイトから詳細も調べられます。投稿からFacebookページに遷移したり、検索しなおす必要がないのです。便利ですよね。

②お店を覚えてもらえる
何度もお店の名前や場所を目にすることになるので、ファンの記憶に残ります。その時はニーズがなくても、いざニーズが顕在化したときにすぐにお店を想起してもらえますね。

このページは細かいところまで工夫が盛りだくさん。飲食店は学ぶことが多いですね。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。