facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

栂の季/ホテル栂の季(つがのき)

女将の人柄がにじみ出ているFacebookページ。サービスが大切な業種だからこそ、この『ひとけ』を感じられるということが良いのかもしれません。一つの投稿に対する「いいね!」などのファンからの反応も10%以上のときもあり、ファンから支持されていることが伝わってきます。栂の季のFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 栂の季/ホテル栂の季(つがのき) カバー

▲ライブ感のある現地からの挨拶
その日の鬼怒川温泉の様子を写真付きで伝える挨拶投稿。「こんにちは」「おはようございます」から挨拶が始まり、当日の温度感や最近の出来事を伝えています。

facebook 活用 事例 プロモーション 栂の季/ホテル栂の季(つがのき) 挨拶

挨拶のように日々のコミュニケーションを重ねるということは、ファンとの関係性を築くなかで非常に重要です。絵文字なんかも適度に使用しているところも、親近感がわきますよね。

当日の温度感や最近の出来事についての投稿は、現地の様子が想像しやすいぶん、心の距離が縮まります。季節やその日の様子を写した写真は季節感を伝えたり、行ってみたいという気持ちにさせるような効果があります。


▲裏を見せることで質の高さを伝える
スタッフが「ガラス細工」「さしこ絵付け」などの勉強会を受けた話や、キリン・ドラフトマスターズ・スクールを修了したという話を投稿。こういった裏の話は知られざる部分ですが、あえてFacebookページに載せることで、スタッフのサービス向上にむけた取り組みをしていることがわかります。

facebook 活用 事例 プロモーション 栂の季/ホテル栂の季(つがのき) 裏側

また、女将が木更津市場の買受けに行く様子も投稿されており、こういった日々お客様のためにしていることを発信することでサービスの質の高さ、もしくは質を向上させようとしている姿勢を伝えています。

▲宣伝とは違う切り口のお料理投稿
旅館の『ウリ』のひとつであるお料理。そのお料理をFacebookページに出すケースをよく見かけます。ただし紹介の仕方によっては、宣伝色が強くなってしまうこともあります。栂の季では宣伝とはまた違った切り口でお料理投稿をしています。

ハート型に折り曲がった葱を「幸せねぎ」と名付け、「そっとお客様のお鍋に入れておきますので・・見つけてくださいね♡」という投稿をしています。この投稿を見るだけで幸せな気分になったり、「こういうことあるよね」という共感を得られるため、「いいね!」が沢山ついています。女将の人柄も垣間見える瞬間でもあるため、この旅館に行ってお鍋を食べたいという気持ちにさせてくれます

facebook 活用 事例 プロモーション 栂の季/ホテル栂の季(つがのき) 料理

また、右は朝食の話題。挨拶にはじまり、セリの効能などを説明しています。いきなりお料理の話から入ってしまうと宣伝色が強くなりがちですが、こうやって紹介されると自然に「いいね!」したくなりそうです。


▲プレゼントキャンペーンで「いいね!」を後押し
ファン数キリ番達成後のプレゼントキャンペーンはよく見かけますが、このページでは達成する前からプレゼントの予告をしていました。

facebook 活用 事例 プロモーション 栂の季/ホテル栂の季(つがのき) プレゼント


予告をしておくことで、このタイミングで初めてページに訪れた人がファンになることの後押しになります。また、少ないですが、投稿もシェアされています。キリ番達成後はクロコスの懸賞ページで栂の季ペア宿泊券が当たる懸賞を実施しています。

コメントを読んでいるかぎり、この栂の季のページは濃いファンが多い印象を受けます。そういった意味でも、普段このページを見ている人に還元でき、喜ばれるキャンペーンになっていて良いのではないでしょうか。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。