facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

京都水族館/オリックス水族館株式会社

カエルの卵風スープやすいぞくパンなど、ソーシャル上で何かと話題になっていた京都水族館。Facebookページは今年の6月1日からスタートしたにもかかわらず、一週間で1万いいね!を達成し、ファンからの反応も大きく盛り上がっています。

投稿のコンテンツもバリエーション豊富で楽しめる京都水族館のFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 京都水族館/オリックス水族館株式会社 カバー写真


▲参加者を広く集めつつ、拡散も狙う懸賞キャンペーン
Facebookページオープン記念として、懸賞キャンペーンを行っています。注目したいのが、そのプレゼントの組み合わせ

facebook 活用 事例 プロモーション 京都水族館/オリックス水族館株式会社 懸賞プレゼント

プレゼントは
A賞「10年間行き放題パスポート」が3名
B賞「JTB旅行券10万円分+京都水族館ペア招待券」が5名
C賞「Amazonギフト券1000円分」が1,000名
に当たるという内容で、応募プレゼントは任意で選ぶことができます。

ファンを広く集めるには「(少人数でも)豪華賞品」「大人数に少額商品」が効果的と一般的に言われています。
京都水族館の場合は、この2種類のプレゼント(A,B賞)を網羅しているうえ、
「10年間行き放題パスポート」という話題性のある(拡散しそうな)プレゼントも用意しており、かなり幅広くファンを募れるようになっています。

水族館の場合、属性でターゲットを絞ることが難しいため、幅広くファンを集めるというやり方で良いのかもしれませんね。一応、A,B賞については実際に水族館に「行く」プレゼントになるので、本当に行きたい/行く可能性のある人にも響く内容になっています。


▲投稿内容とバランス
一日2~3本ポストされている投稿、その内容は多岐にわたるのですが非常にバランスのとれたものになっています。

例えば、お決まりのカワイイ!キレイ!な動物たちの写真。これらには反射的に「いいね!」したくなるためファンの反応も集まります。

facebook 活用 事例 プロモーション 京都水族館/オリックス水族館株式会社 かわいい写真


こちらはクイズ投稿。流れの速いニュースフィード上でもファンが楽しめる投稿ですね。

facebook 活用 事例 プロモーション 京都水族館/オリックス水族館株式会社 クイズ


ファンが楽しめる、といえば左の魚ヘンの投稿。こちらは読み物的に楽しめます。また、右のカルタシリーズの投稿も、動物のことを知る読み物的に楽しめるうえ、京都水族館に行ってみたいという気持ちも起こさせるようになっています。

facebook 活用 事例 プロモーション 京都水族館/オリックス水族館株式会社 カルタ


こうした投稿の合間に入る投稿が、下のような水族館の宣伝です。水族館のちょっとした便利を訴求しています。
実際行く人にとっては少し嬉しい情報かもしれませんね。

facebook 活用 事例 プロモーション 京都水族館/オリックス水族館株式会社 宣伝


また、見るのに少々手間がかかりますがスタッフ紹介もしています。これは、より深く水族館を知ることができるコンテンツです。本当に水族館が好き、という人には喜ばれそうですね。

facebook 活用 事例 プロモーション 京都水族館/オリックス水族館株式会社 スタッフ


このように、このページのコンテンツは
水族館に対する興味が薄い人でも、思わず反応してしまったり(カワイイ!キレイ!な写真)、Facebook上で楽んだり(クイズ、カルタ、魚ヘン)できるコンテンツが沢山あります。おそらく、これらに「いいね!」などの反応をしていくうちに水族館との距離が縮まっていくのでしょう。

実際に「行く」ことを現実的に考えている人、行ったことのある人も上記のようなコンテンツはもちろん楽しめますが、それとは別に水族館のことをより深く知るようなコンテンツも用意されているのです。


すでに関係性のあるファンとも、その距離を縮めながら、新しいファン(見込み客含む)との関係性も築いていける運用をしています。実際、投稿自体もファンからの反応が多くついて盛り上がっているところを見ると、かなり順調な滑り出しといえそうですね。



★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。