facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

木馬歯科医院

企業の運用するFacebookページは多く、お手本となるようなものも多いのですが、病院はまだまだ活用が進んでいあいように感じます。

今回は、木馬歯科医院のFacebookページをご紹介します。

▲ひとけのあるコンテンツ
木馬歯科医院のFacebookページでは、主に
・歯の基礎知識
・口臭治療
・8020運動
についてのコンテンツが投稿されています。実際の投稿はひとけを感じるようなあたたかいものになっています。

実際に一つひとつ見ていきましょう。


▲外部コンテンツを活用
海外のポスターや、ニュース記事などを紹介・転載して歯の基礎知識を説明しています。

facebook 活用 事例 プロモーション 木馬歯科医院 投稿

文章の冒頭に「フロスか死か」や「多忙な人ほど肥満食品を選びやすい」など、直接「歯」に関心がない人でも気になるような文言がくるところがポイントです。思わず、投稿が目に留まり、続きが読みたくなりますよね。

また、こちらのように「20代の75%が歯周病」と少々衝撃的な見出しがきた後、歯科医が教える歯周病セルフチェック法が紹介されている投稿もなかなか巧いです。なぜなら、次々と流れていくFacebookのニュースフィード上でユーザーの注意喚起をした後に、短時間で消費できるコンテンツとしてチェックリストが紹介されているのです。

facebook 活用 事例 プロモーション 木馬歯科医院 チェック

転載とはいえ、記事を選ぶにもセンスが必要です。Facebookの特性をおさえた記事を発信していきたいものですね。

ところで、歯医者といえば(このFacebookページにも記載されているように)日本では「どこか悪くなったから来院する」というケースが一般的のように感じます。一方、コンビニより多いという歯科が患者(場合によってはお客さん?)を沢山集めるには、治療希望の人だけではなく予防やメンテナンス希望の人を集めていく必要があるのでしょう。

そういったことをふまえると、診療エリア内のファンを広く集め、継続的にこういった情報発信をすることは、地道ですが啓蒙とお客さま集めにつながりそうですね。

ちなみに、コンプレックス診断なる診断コンテンツもあり、このあたりお歯に直接興味がなくても楽しめる内容になっていました。

facebook 活用 事例 プロモーション 木馬歯科医院 診断



▲そばで寄り添う治療ストーリー
これまで実際に行った口臭治療のストーリーを投稿しています。口臭というコンプレックスに関する話題だけに、悩んでいる人は共感したり、自己投影したり、治るということに希望を見出したりと関心度高く読みすすめることができる内容になっています。

facebook 活用 事例 プロモーション 木馬歯科医院 治療


また、文章に人を惹きつける力があるのです。以下のくだりをご覧ください。
〝「口臭があって困ること」たいてい「積極的になれない」とか「会話を楽しめない」とかあります。
でも、わたしはこう思うのです、「あなたは今でも十分積極的ですよ、なぜなら来院できたのですから、1/30の人なんですよ」よくぞ来院してくれたことを褒めます。口臭治療で来院するのはとても勇気がいることなのです。”

〝少しの勇気で人生が変わるのです。問い合わせができても来院できない患者さんも救いたいと思います。”

想いが伝わってきますよね。口臭に悩んでなくても共感・感動します。実際にこの投稿には127件の「いいね!」が集まっています。

病院は、Facebookで病気のことに触れることにリスクを感じるのではないかと思うのです。でも(内容にもよりますが)きとんと患者さんのそばで寄り添って想い伝えていけば、むしろ賛同者が増えていくんじゃないかな、と私は思うのです。


▲なかの雰囲気を伝える
8020を表彰した、患者さんと先生の2ショットを投稿しています。(ここでは貼り付けませんが、実際の写真は木馬歯科医院のFacebookページでご覧になってみてください)

こうやってお祝いするのも素敵ですが、記念写真を撮らせてもらえるなんて患者さんとの関係が良好な証拠ですよね。

facebook 活用 事例 プロモーション 木馬歯科医院 院内


また、右は院内での作業風景。お医者さんのなかを見る機会はなかなかないぶん、こういった裏側が垣間見える投稿は親近感がわきますね。

ともに、なかの雰囲気が伝わってくる投稿ですね。初めての病院に行くときに気になるのはやはり、どんな先生なのか、つまり『人』です。このようになかの雰囲気を伝えることで、少しでも安心して病院に足を運んでもらえると良いですよね。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ありがとうございます(*^_^*)

はじめまして。
たまたまこちらのページを見つけました。

第三者の方が冷静に分析して頂くなんて初めてだったのでとてもうれしかったです。

ありがとうございます。

他のFacebookページの分析もとても面白いですね!
参考になります(*^_^*)

木馬歯科医院 | URL | 2013-08-02(Fri)12:01 [編集]


Re: ありがとうございます(*^_^*)

はじめまして。このページを運営している柴です。
ご丁寧にメッセージいただき、ありがとうございます。とても嬉しく思います。

貴院のFacebookページ運用は、患者さんへの想いが伝わってきて感動しました。
病院関連のFacebookページは好事例が少ないので、稀有だと思っております。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

fbsample | URL | 2013-08-02(Fri)12:13 [編集]


感謝

ご紹介していただき真にありがとうございます。

これからも精進努力させていただきます。
大関の名に恥じぬよう。不惜身命、、、、

高安 洋 | URL | 2013-08-05(Mon)10:20 [編集]


Re: 感謝

ご丁寧にメッセージいただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

fbsample | URL | 2013-08-06(Tue)09:11 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。