facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

R&D シューケアマイスター/株式会社 R & D

ありそうでなかった靴のケアについてのページ。ファン数は1,700ですが、一つの投稿につく「いいね!」などのファン数は50~100件。コメントなんかもついていて、盛り上がっています。

その要因はテーマがニッチだからというのもあるけれど、スタッフの個性が出ていて、いい味出しているというところにありそう。R&D シューケアマイスターのFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション R&D シューケアマイスター/株式会社 R&D カバー


▲記事の書き方が巧い!
このページを運営している株式会社R&Dでは、店舗ごとにブログを運営しています。その経験がもとになっているのか、スタッフのみなさんの書く記事が巧いのです。

まず、Facebookの投稿から思わずブログに飛んでしまうような記事をご紹介します。

左側は靴のお手入れトラブルについての投稿。靴にセロハンテープを当てて何かをはがしているという衝撃的な画像が目をひきます。そして「リキッドタイプの靴墨を使ってないですか?」一文。該当する人はこの一文を読んだら、惹きこまれてしまいそうですよね。そして「裏ワザ」をご紹介しますという一言が、ブログ記事への期待を膨らませ、思わずブログを見てしまいます。

目をひく画像、「自分のことかも」と思わせる一文、記事への期待をもたせるひと言、の3つがポイントですね。

facebook 活用 事例 プロモーション R&D シューケアマイスター/株式会社 R&D ブログ

続いて右側です。こちらは、靴のクリーニングbefore、after。このように前後の写真を見せるというやり方もブログ記事に飛ばすためには非常に有効です。


▲店舗のある場所をさりげなくアピール?
毎回文章の冒頭に、あいさつ代わりにニックネームを記載しています。そして、文末にも記載。「エスプリ軍曹」「かまぼこBOY」「磨きオヤジT」「タコヤキBOY」など、ニックネームがかなりユニーク。印象に残ると同時に、何度も見ていると親近感がわいてきます

facebook 活用 事例 プロモーション R&D シューケアマイスター/株式会社 R&D ニックネーム

そして、注目したいのは店名とセットで紹介しているケースが多いということ。文末には「大阪工房 JR大阪三越伊勢丹8階 メンズシューリペア 磨きオヤジT」「大阪工房 タコヤキBOY」「池袋西武 かまぼこBOY」など署名のように書かれているのです。

このような投稿が流れてくると、自然と店舗のある場所を知ることになります。単に「池袋」だけでなく「池袋西武」とどこの百貨店に入っているかレベルでわかるのがミソだと思います。


▲個性あふれる投稿
このページの投稿は、本当に個性が出ているのです。靴に関する毎回の投稿もそうなのですが、スタッフの私物から、食べたものまで結構個人的な投稿も多いです。親近感がわきますね。
facebook 活用 事例 プロモーション R&D シューケアマイスター/株式会社 R&D 個性


▲クイズでコミュニケーション
どこの靴かという問題を出して、答えてもらうというクイズ。「これ知ってる!」と思わず書き込みたくなるようなブランドはコメントが多くつくのではないでしょうか。
facebook 活用 事例 プロモーション R&D シューケアマイスター/株式会社 R&D クイズ


R&D シューケアマイスターのページはスタッフが代わるがわる投稿していて「ひとけ」が伝わってきます。ブログを読んでいても感じるのは、スタッフ自身が楽しんで記事を書いているな、ということ。運営する人自身が楽しむことがFacebookページが盛り上がる一番のポイントかもしれませんね。



★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。