facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

LOWRYS FARM / ローリーズファーム/株式会社ポイント

スマホでの利用が想定されているんだろうな、と思うような投稿が目立ちます。LOWRYS FARM / ローリーズファームのFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション LOWRYS FARM / ローリーズファーム/株式会社ポイント TOP

▲文章短く、改行少なめ、指示が明確
スマホでFacebookを見ている場合は「投稿に対してのアクションはひとつ」を基準に考えるとよいでしょう。
要はニュースフィードを指でスクロールしながら流し見しているので、環境上というか操作上というか、あまり多くのアクションを望めないということです。

そう考えると、文章の途中で「もっと見る」になって切れてしまう、という状況はPC以上に好ましくないのです。基本的には全部が表示されている状態が好ましい。そう考えると投稿文は短くかつ、改行もできるだけ避けたいものです。

LOWRYS FARM / ローリーズファームの投稿は、まさに文章が短く、改行少なめの投稿が多いことが特徴です。

facebook 活用 事例 プロモーション LOWRYS FARM / ローリーズファーム/株式会社ポイント スマホ対応

そして、「やってほしいアクション」に狙いを定めているというところも見逃せません。
左冒頭でシェアをお願いしたりと、右はLINEのお友達追加をすすめていたりと、お願いしたいアクションが明確なのです。

facebook 活用 事例 プロモーション LOWRYS FARM / ローリーズファーム/株式会社ポイント アクション

「いいね!」したうえで、シェアして、かつURL先にも行く・・・本気で興味があるもしくは重要なことでないとスマホ上でここまでの複数アクションは取りにくいのではないでしょうか。そう考えると、投稿を見た人に何をしてほしいか指示を明確にしておいたほうが、効果が出そうですよね。


▲写真は複数枚を一枚にまとめる
アパレルだと特に、1枚の商品写真だけでなく、他のカラーバリエーションやコーディネートにおすすめの他商品など、同時に見てもらいたいものが複数あったりするのではないでしょうか。

そういったときにおススメなのが複数枚の画像を一枚の画像にまとめるということ。

facebook 活用 事例 プロモーション LOWRYS FARM / ローリーズファーム/株式会社ポイント 複数2

なぜ別々にアップしないほうが良いのか、その理由は2つです。
1、何回も投稿すると「いいね!」やコメントなどファンの反応が鈍る
まず、投稿の寿命は3時間と言われており、あまり短い間隔で投稿するとリーチそのものが少なくなります。
また、「週5~7回」以上の高頻度で投稿すると、ファンからの反応率も低下するという調査結果もあるのです。

2、アルバム機能を使うと、一枚一枚の写真のリーチが減る
高頻度の投稿がNGなら・・とアルバム機能を使ってアップすることも考えられそうですが、こちらもおすすめできません。なぜなら、一枚一枚の写真のリーチが少なく分散されるから。

要は見てもらえないし、反応もしてもらいにくいから、ある一定の期間内で複数枚の画像を別々に投稿しないほうがいいですよ、ということです。

それに、関連商品は一枚にまとめたほうが、「あれもほしい」「これも一緒に」などどクロスセルを狙えますよね。普通にユーザーの心境を考えても、一枚にまとめたほうが良いのではないかと思います。

あとは、センスというかイメージ的な問題で、一枚の画像を作品として見たときブランドイメージと合致するかどうなどの問題もあるので、その辺は優先順位に沿って判断してみるとよいのではないでしょうか。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。




PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。