facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

富士屋ホテルチェーン/富士屋ホテル株式会社

歴史のあるホテルだからこそでもありますが、投稿ひとつでタイムトリップした気分にさせてくれるような運用が秀逸です。

見ているうちに、行きたくなる。そんな素晴らしい富士屋ホテルのFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 富士屋ホテルチェーン/富士屋ホテル株式会社 TOP


▲見る人に価値を提供しながらも、自分たちのことを知ってもらう
このFacebookページは、現在のホテルの施設やメニューの紹介など、様々なカテゴリの投稿を行っています。

そんななかでも、特に印象に残るコンテンツが、ホテルヒストリーの紹介です。富士屋ホテルは明治11年に創業されたというだけあり、歴史や伝統を知るという意味でも価値の高いコンテンツが豊富に投稿されています。

facebook 活用 事例 プロモーション 富士屋ホテルチェーン/富士屋ホテル株式会社 創業前

開業前から始まるエピソードや写真からは、当時の最先端や、「旅行」シーンを覗き見ることができます。Facebookページのタイムラインを見ていると、まるで日本のリゾートホテルの歴史を解説した本をパラパラと読んでいるような感覚になってくるのです。

facebook 活用 事例 プロモーション 富士屋ホテルチェーン/富士屋ホテル株式会社 歴史

質の高いコンテンツは、自社を知っている人が見て楽しめるということはもちろんですが、自社を知らない人をも魅了することができます。

しかも、このFacebookページの場合は、自社のストーリーを扱っています。だからこそ、見る人を楽しませながら自分たちのことを知ってもらうことができるのです。


▲知ってるとホテルを味わえる情報提供で「行きたい」をひきだす
歴史的建造物だからこそ、遡ると意味がある装飾や仕掛けがたくさん存在する富士屋ホテル。Facebookページでは、そんな小話を一つひとつ丁寧に紹介しています。

facebook 活用 事例 プロモーション 富士屋ホテルチェーン/富士屋ホテル株式会社 なかみ

今まで見たことはあっても気づかなかった、特に気にしていなかったようなものでも、その裏に隠された物語や古人の想いを知ることで、ぐっと味わい深いものになります。

facebook 活用 事例 プロモーション 富士屋ホテルチェーン/富士屋ホテル株式会社 なか見

過去に富士屋ホテルに行った経験のある人ならば「また行きたい」という心境になったり、まだ行ったことのない人も「行ってみたい」と感心を抱いたりすることにつながるはずです。


▲心がひきつけられる、宣伝ぽくない投稿
「最後に暖炉の火を見たのはいつだったでしょうか。」「富士山をこんなにも近くで眺めたことはございますか?」語りかけてくるような一文から始まる投稿。美しい画像とともに流れてくるので、興味をひかれて最後まで読むと、ホテルの紹介だった、というような投稿がいくつか見受けられます。

facebook 活用 事例 プロモーション 富士屋ホテルチェーン/富士屋ホテル株式会社 宣伝


読む人が構えない書き出しと、とても自然にホテルの魅力が伝わってくる内容。投稿を、このように宣伝ぽくないテイストにすることはとても重要です。なぜなら、宣伝色が強い投稿は読み飛ばされてしまいます。そして、「いいね!」やコメントなどのファンの反応も得づらいのです。

たくさんの投稿が流れてくるFacebookのニュースフィードで、どうすればファンに振り向いてもらえるのか。そんな視点を持ちながら投稿を考えていきましょう。


▲目にするたびに、距離が縮まっていく
ご紹介してきたように富士屋ホテルチェーンのFacebookページは、投稿そのものの質が高く、見ている人を惹きつけています。

その結果、投稿に対するファンの反応も多く集まっています。まだファン数自体が2千人にも満たないにもかかわらず、毎回の投稿には100人前後から「いいね!」などの反応があるのです。

一回一回の投稿も、印象に残るような内容なので、ファンにとっても投稿を目にするたびに、心の距離が縮まっていきそうですね。



★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。