facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お部屋探されサイト ietty/株式会社ietty

Facebookページとキャラクター。一見相性が良いように見える組み合わせですが、もうただ可愛いだけじゃ流行らないのではないでしょうか。

Facebookに限らず、ソーシャル上のコミュニケーションでキャラクターを用いるのは、ハードルを下げて絡みやすくなるという意味で効果的です。そのために必要なのは、可愛さよりもツッコまれ力かもしれません。

今回は、このツッコまれ力に加え、面白いという意味でのコンテンツ力が抜群のお部屋探されサイト iettyのFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション お部屋探されサイト ietty/株式会社ietty カバー


▲まずは愛されることから
お部屋探されサイト iettyは不動産ポータルサイトです。にもかかわらず、Facebookページの過去の投稿を見るとチョコレートやランドセル、台風にジュースなど不動産とは全く関係のない話が沢山投稿されています。

facebook 活用 事例 プロモーション お部屋探されサイト ietty/株式会社ietty 投稿


でも、その話、というか小噺がとても面白いのです。投稿が繰り返されるごとに、その面白さとイエッティのキャラクターが伝わってきます。タイムラインを見ていくと徐々に「いいね!」やコメントが増えていくのがわかるのです。

企業がFacebookページを運営していると、会社やサービスの話、業界(この場合不動産)が中心になるケースが多いですよね。もちろん、潜在顧客が興味のある情報と自社の得意分野が重なる場合はそれで良いと思います。

ところが不動産ポータルサイトの場合は、潜在顧客がどんな情報に興味があるのかが絞りにくい(※)のではないでしょうか。将来不動産を探す人が普段から住まいについての情報に興味を示してくれるとは正直イメージしにくいです。

※結婚前や進学前などのターゲットに対しては、提供する情報を絞り込むことができるでしょう。しかし進学や結婚前の人が「一時的」に必要としている情報だけを流していると、それ以外のターゲットを取りこぼす可能性が高いです。また、ターゲットとの付き合いも「一時的」なものに終始するかもしれません。

そう考えると、(どこかのFacebookページですでに発信されていそうな)住まいについてのお役立ち情報を発信するFacebookページを後発で始めるよりも、まずはキャラクターが愛されるようになるほうが重要なのではないでしょうか。

Facebookページでイエッティという強烈なキャラクターを見た人が、いざ不動産を探すようになった際にiettyを想起するという流れが想像できますね。


▲語尾だけキャラクター仕様では足りない!内容が大切
このページのコミュニケーションが高度だな、と感じるのは、語尾など表面上の言葉だけに頼らずに発言の「内容」でも、キャラクターを演出しているところです。

facebook 活用 事例 プロモーション お部屋探されサイト ietty/株式会社ietty やり取り
↑日々の出来事を面白おかしく紹介。質問に対するも、回答が秀逸で思わず吹き出しそうになる。

キャラクター運用というと、発言などに統一性を持たせるため、語尾や言葉づかいにルールを設けて運用するのが一般的です。

よく見かけるのは「~にゃ」など可愛い語尾がくるケース。どうしても幼い印象になりがちです。ファンとの関係も、「幼い子(キャラ)」と「大人(ファン)」という立ち位置にになる傾向が強いです。(それはそれで良い場合も、もちろんあります。)

でも、イエッティの場合は、友達に近い感覚でコミュニケーションをとれるのです。やはり、その理由はラフな話し言葉だけでなく、話している内容にあると言えるでしょう。特にツッコまれ力の高い発言が、ファンが「話しかけたくなる」=「仲良くなりたくなる」ポイントだと思います。


▲「愛される友達」ポジションだからこそ許される、会社の宣伝
初期は不動産と関係ない発言ばかりだったイエッティも、最近は会社やサービスの話が多いようです。

facebook 活用 事例 プロモーション お部屋探されサイト ietty/株式会社ietty 会社サービス
↑左:リリース情報も、イエッティ特有のテンポで発表。右:自社のサービスの特徴もさりげなくアピール。


しかし、ファンからの反応はしっかり得ています。おそらく、他の真面目系Facebookページが同じように会社やサービスの話ばかり連発したら、「いいね!」は減りコメントなども入らないのではと思います。

会社やサービスの話であっても、きちんとファンとコミュニケーションをとることができる。これは、これまでイエッティが築き上げてきた「愛される友達」ポジションあってこそですね。


▲無名からのキャラ立ち上げはかなりのセンスが必要!?
これまで、色々なFacebookページを見てきましたが、キャラクター運用で盛り上がるパターンは大きくわけると
・ブランドに対する元からのファンが世の中にたくさんいる(要は認知度が高い)場合

・(この事例のように!)センスがある場合
なのではと考えています。もし、無名からのキャラ立ち上げを考えているのであれば、可愛いだけでない魅力がどれほど発揮できそうかというところがポイントになってくるのではないでしょうか。


最後に。実は以前からこのページの(というかコーポレート)キャラクターであるイエッティの大ファンな私。ページに訪れるたびに吹き出すのをこらえながら、読んでしまいます。これからの投稿もとても楽しみです♪


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。