facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ピクテ投信投資顧問

かたちのないサービス、真面目な(カタい)トピックス、金融、これらの要素だけをみると「Facebookページを盛り上げるのは難しそう」といった印象を持ちます。

しかし本当にファンに求められるものを、最適な形で届ければ、ファンもしっかりついてきてくれるのです。ピクテ投信投資顧問のFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション ピクテ投信投資顧問 カバー


▲ターゲットが必要としている情報を発信
ファンド関連情報、マーケット関連情報など、ターゲットの求めている情報や気になる情報を発信しています。

facebook 活用 事例 プロモーション ピクテ投信投資顧問 情報

ポイントは以下2つ

①大事なところだけを解説
ブログで詳細情報を語っており、Facebookではそのサマリーのみが記載されています。投稿文最後ではブログへ誘導しています。

②やさしく解説
新聞や自分で検索した末にたどり着いた記事ではないぶん、Facebookを見ている人は「読もう」と身構えているわけではありません。
そのため、情報はできるだけわかりやすいかたちに整えて提供していくべきです。

また、もしキャンペーンや広告で集めたファンがいるならば、専門用語や難しい言葉は避けたいですね。

facebook 活用 事例 プロモーション ピクテ投信投資顧問 やさしく解説


③話題性のある内容を
やはり「今」話題になっているものや、他でも見たというものはニュースフィードに流れてきた際に注目してもらえる可能性が高いものです。

そういった意味では【話題のニュースをやさしく解説!】 シリーズは、見てもらいやすくわかりやすい良い投稿といえるでしょう。


▲画像にこだわる

Facebookにおいて、画像の良し悪しで「いいね!」の集まり方が全く異なります。ですから、かたちのないサービスを扱う場合に、悩ましいのが画像です。

しかし、このFacebookページは画像がともかく秀逸でモノクロの画像に、一部が青という画像を使用しています。ポイントは以下2つ。

facebook 活用 事例 プロモーション ピクテ投信投資顧問 写真



①ブランドイメージをアップさせる

投稿内容にあわせた写真選定と、洗練された配色とバランスの色使い。このセンスの良さが、統一したブランドイメージを届けてくれます。

金融系は、お金の話だけに配色や写す対象物に品がないと安っぽさが出てしまったり、信頼感を損ねる危険性すらあります。

しかし、ピクテ投信投資顧問の画像からは高級感とでもいうのでしょうか、安定感が伝わってくるようです。


②名前を覚えてもらえる

すべての画像に「PICTET」という文字とロゴが入っています。何度も繰り返しこのロゴを見ることで気づかぬうちに名前を覚えてもらえそうですね。
いざという時に想起してもらえるかもしれません。


▲ターゲットにあわせたキャンペーン

キャンペーンの内容・告知ともに、巧いやり方でファンを集めていました。
facebook 活用 事例 プロモーション ピクテ投信投資顧問 チケット


①プレゼントはターゲットにあわせて

Facebookの懸賞キャンペーンで難しいのは、賞品の選定です。
だれでも欲しくなるようなモノを選んでしまうと、自社のターゲットとは異なる人が集まってしまい、後からFacebookページ運営の足をひっぱることになりかねません。

ピクテ投信投資顧問では、スイス・ロマンド管弦楽団の来日公演チケットとワインが商品。特にスイス・ロマンド管弦楽団の来日公演チケットはまさにターゲットとなる人に好まれそうな内容になっています。「誰でも」が応募しそうではないというところがポイントですね。

②日本とスイスという切り口

投稿でもキャンペーンの告知が必要になるわけですが、宣伝色が強かったり、キャンペーンばかり前面に押し出した内容だとノイズになってしまいます。
しかしピクテ投信投資顧問では、「日本とスイスの共通点」「日本とスイスが国交を樹立して150周年」「スイス・ロマンド管弦楽団の来日公演を率いるのは、若き日本人指揮者」といった話題から、キャンペーンを紹介しています。

facebook 活用 事例 プロモーション ピクテ投信投資顧問 キャンペーン


まさにターゲットの好みや気質を知っているからこその投稿!自分たちの知らせたいことも、ファンに嫌がられずに伝えていく技術を感じます。

細部まで配慮が行き届いたピクテ投信投資顧問のFacebookページでは、多くの「いいね!」やコメント、シェアが集まっており支持されている様子が伝わってきます。

★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。