facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

越前有機蔵マルカワみそ

越前有機蔵マルカワみそのFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 越前有機蔵マルカワみそ カバー


▲味噌の活用法がわかる『味噌ちゃんねる』
味噌を使ったレシピを紹介しています。「レシピは食品のFacebookページにはよくある投稿ネタだよね」と侮るなかれ。ファンの心を掴むポイントが二つあります。

facebook 活用 事例 プロモーション 越前有機蔵マルカワみそ レシピ

①ここにしかないレシピ
味噌と言えば、味噌汁を連想しますよね。しかし、このページでは『うどんナポリタン』『卵、砂糖、乳製品を使わないフレンチトースト』『玄米茶飯』と、一見味噌とは関係なさそうなレシピが掲載されています。

たまに、味噌汁レシピあった!と思ったら、なんと家庭で作れるインスタントみそ汁(即席みそ汁)のレシピでした。個性的なものばかりです。

他では、なかなか見つけられないようなレシピだからこそ、Facebookページのファンになろうと思ったり、ファンの心に残ることができるのです。

facebook 活用 事例 プロモーション 越前有機蔵マルカワみそ レシピ2

②運営者自ら作っている
レシピは、在りモノの情報をそのまま載せているものではありません。運営者自らが料理し、動画や写真、作り方などの解説をブログにアップしているのです。

自ら作ると何が良いのか。親近感が感じられる、臨場感がある、興味をひきやすい、そして体験者の立場からファンが知りたいであろう情報(よくありそうな質問&作ってみて感じたこと)を届けることができる、です。

供給に対して、消費が追い付かないほどの情報過多の時代ですから、ありきたりな情報を載せていてもファンの心はつかめません。ですから、運営者自らやってみることで、より価値の高い情報を届けることができているのです。

手作り味噌 玄米ご飯を使った味噌チャーハンの作り方レシピ


また、ブログの記事では、最後に『この商品に合うかもしれない食材』として自社商品をさりげなくアピールしているところが見逃せないポイントです。

このレシピ投稿は、他の味噌でも作れるため、マルカワみそのお客さんでない人にとっても役立つ情報です。しかし、マルカワみそを使っておいしそうに出来上がった料理を見ているうちに、マルカワみそが欲しくなってしまうのではないでしょうか。単なる商品の認知やECサイトへの誘導といった効果以上に、「マルカワみそで作ってみたくなる」という効果が期待できるコンテンツですね。


▲味噌を手作りする人への情報発信
『手作り味噌のお味噌の固さ』『手作り味噌はいつ頃から食べごろなのか?』『味噌の発酵過程』など、味噌を手作りするほどの味噌ファンにむけたコンテンツが配信されています。

facebook 活用 事例 プロモーション 越前有機蔵マルカワみそ コツ


マルカワみそでは味噌作りセットも販売しています。
手作り味噌 手作り味噌


味噌を手作りする人にとって必要な情報を発信しながら、自然なかたちで販売促進ができているのではないでしょうか。

▲想いを伝える
企業内での社員の働き方を紹介したり、社員の想いを綴った投稿をしています。
各投稿からは、マルカワみそがいかに社員を大切にしているかや、味噌に想いをこめて作っているのかが伝わってきます。その気持ちに思わず「いいね!」をしてしまうファンも多いようで、投稿にはたくさんの反応が集まっています。

facebook 活用 事例 プロモーション 越前有機蔵マルカワみそ 社員

そしてこれらの投稿には、企業のことを好きになってもらえる効果があります。同時に、信頼感も醸成できるのです。まさにマルカワみそのファンが育つような投稿ですね。

▲ファンに価値ある情報を届ける
このページでは自分たちが持っている知見や普段のシーンをコンテンツに仕上げ、公開することで、ファンに価値ある情報を届けているのです。

手間はかかりそうですが、ブログやFacebookページの仕組みに対する知識、そしてアイデアと想いがあればこうやって形になるのだなと思う事例ですね。ぜひみなさんも試してみてください。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。