facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

たぬき課長のしごとば~shigoto-Bar~/大阪ガス株式会社

Facebookページの事例を取り上げていくと、どうしてもBtoCの消費財、それも非耐久消費財を扱う企業の事例に偏りがち。
なので、今回はちょっと方向を変えて大阪ガス株式会社が運営するFacebookページを紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション たぬき課長のしごとば~shigoto-Bar~/大阪ガス株式会社 カバー

ガスといっても、タイトルに「しごとば」と入っているように企業向けの内容のページ。「えねまる」という名のたぬき課長が節電・空調・快適なオフィスについて語っています。

たぬき課長のしごとば~shigoto-Bar~のFacebookページをご紹介します。

▲頼んだり、売ったりする前に、関係性構築が重要
突然ですが、社内であなたが省エネについて指導されたと想像してみてください。
・普段話す機会がない総務部の人から指導された
・いつも一緒に仕事をしている同僚に指導された
どちらがすんなり受け止められますか?

後者を選ぶ人が多いのではないでしょうか。その理由のひとつに普段からの関係性ができている人から言われたほうが、素直に言われたことをききやすいということがあると思います。

ものを売るにしてもそう、関係性ができている人からのほうが買いやすいですよね。

前置きが長くなりましたが何が言いたいかというと、このページはファンとの関係性構築に重きをおいているということです。

省エネや商品の話もしていますが、それと同じくらいもしくはそれ以上の頻度で「えねまる」というキャラクターを通して純粋にコミュニケーションを図るような投稿がなされているのです。いくつか投稿を見ていきましょう。


▲共通の話題で盛り上がる
土用の丑の日やお祭りなどの暦や季節にあわせた投稿をしています。
facebook 活用 事例 プロモーション たぬき課長のしごとば~shigoto-Bar~/大阪ガス株式会社 サービス

このような旬の投稿は、ファンの目をひきやすく反応も得やすいものです。多くの人にとって無関係でない(実際の関わりがなくとも関心事だったり、気にはなる。もしくは季節を感じるきっかけになる)テーマなぶん、「いいね!」などの反応も得やすいのが特徴です。

一方、こちらは思わず共感してしまいそうな内容の投稿です。
facebook 活用 事例 プロモーション たぬき課長のしごとば~shigoto-Bar~/大阪ガス株式会社 共感

Facebookページで関係を構築するにあたって重要なのは、共通の話題を提供するということなのです。これらの話を日々積み重ねることで、少しずつ関係ができてくるのではないでしょうか。

▲コミュニケーションのハードルを下げるキャラクターの存在
このページはたぬき課長「えねまる」が前面に出ており、その容姿や発言からは「ソフト」「軽い」といった印象を受けます。

課長という設定になっていますが、もし人間の課長が日々の出来事や省エネ、自社のサービスについて語っていたら随分違うテイストのページになってしまうことでしょう。

キャラクターだからこそ、コミュニケーションのハードルが低くなり、硬すぎずライトなコミュニケーションが図れるのです。
誰に語らせるか、というのも非常に重要なポイントですね。

ちなみに、「えねまる」の眼球は可変で、シーンによって色々な表情を作れるようになっています。もしぬいぐるみを使ったFacebookページ運用を考えている場合は参考にしてみてください。

▲宣伝は「さりげなく」「自然に」
関係性ができてきたところに、さりげなく混ざっているのが省エネの話やガス冷暖房などのサービスの話です。

facebook 活用 事例 プロモーション たぬき課長のしごとば~shigoto-Bar~/大阪ガス株式会社 節電

ただ「えねまる」の口から発せられていたり、他の話題に交えて言及されているので、宣伝色が弱まっています。

facebook 活用 事例 プロモーション たぬき課長のしごとば~shigoto-Bar~/大阪ガス株式会社 事例

ファンに受け入れてもらえるような形で宣伝できていますね。

▲アンケートはフィードバックが重要
省エネ意識やクールビズのスタイルについてのアンケート調査キャンペーンを実施していました。
facebook 活用 事例 プロモーション たぬき課長のしごとば~shigoto-Bar~/大阪ガス株式会社 キャンペーン

ポイントは、アンケート結果をかならずファンにもフィードバックしていること。とりっぱなしにするのではなく、きちんと報告することでコミュニケーションが積みあがっていきますね。

facebook 活用 事例 プロモーション たぬき課長のしごとば~shigoto-Bar~/大阪ガス株式会社 キャンペーン投稿


特にキャンペーンなどは、参加したこと自体忘れられてしまうこともあるので、何度か同じ話題を振ることで存在感を強めていくことができるのではないでしょうか。

何かを伝えたり、買ってもらったりするには、人と人との関係性が重要です。
Facebookページも。まずはファンが話を聞いてくれる状態を作ることが大事だなと、改めて気づかされる事例ですね。

このページからの投稿を日々見ていて、エネルギーのことを前よりも意識するようになった人も少なくないのではないでしょうか。

★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。