facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

01act+/株式会社ピクト

「Facebookページ上でファンと交流する」
言うは易し、行うは難しな言葉です。ファンと交流するためのコツはありますが、ただ真似するだけでは反応してもらえないこともあります。肝心なのは「本気」で「継続」すること。

今回は、ファンとの交流を活性化させるような投稿を、継続して行っている01act+のFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 01act+/株式会社ピクト カバー

▲週末/週はじめの挨拶で軽いコミュニケーション
「みんな今週もお疲れ様でした」「今週もがんばろうね」といったメッセージとともに、気づきや学びが得られる言葉がつづられた綺麗な写真が投稿されています。

facebook 活用 事例 プロモーション 01act+/株式会社ピクト 週挨拶

週はじめは、一週間の気合いを入れやすいタイミング、週末は一週間の頑張りを労うタイミングと、ファンの気持ちにも共通する心境があります。そのため、心境にシンクロする投稿は「いいね!」やコメントなどの反応がより大きくなる傾向にあるのです。

▲答えのあるクイズでやり取りを
このFacebookページで最もよく見かけるのは、クイズです。クイズはうまく活用すればファンからのコメントなどもつき、やり取りが活発化する可能性のあるトピックスです。

このページで出題しているものは、間違い探しやキャラクターを見つけてもらうというものがメインです。

facebook 活用 事例 プロモーション 01act+/株式会社ピクト 間違い探し

文字のクイズではないので、ニュースフィード上でも目立ちやすいこと。解くにあたって「悩む」ような難易度ではないため、ニュースフィード上でトライしやすいこと。この2つの理由から、ファンもとっつきやすい内容になっています。

facebook 活用 事例 プロモーション 01act+/株式会社ピクト 見つけるクイズ

ファンからコメントが欲しいという場合は、手始めにこういったビジュアルで楽しめるクイズがおすすめです。

▲答えのない問題で会話が弾む
こちらは、少し難易度の高い投稿です。運営者側があるシチュエーションを用意し、ファンがそれにマッチする答えを考えるというもの。フリーアンサーであるうえ、正解がなく、センスが問われるものなので、正直答えにくい投稿テーマでもあります。

facebook 活用 事例 プロモーション 01act+/株式会社ピクト お題

このページの場合、しっかりファンからの反応が集まっています。ポイントは
・普段からファンとのコミュニケーションをとっていること
・問題のお題自体に少しのユーモアがあること(ボケやすいお題)
ではないでしょうか。

特に重要なのは前者です。答えるハードルが高い投稿に反応してもらうには、普段からFacebookページが盛り上がっているページでないと難しいと考えたほうがよいでしょう。上級者むけのコミュニケ-ション方法ですね。

▲たまには宣伝も
01act+は、名刺印刷・封筒印刷・チラシ印刷など印刷のサービスを手掛けています。そのため、たまに自社の宣伝投稿がされています。

facebook 活用 事例 プロモーション 01act+/株式会社ピクト 宣伝


投稿にはある程度の反応が集まっています。通常宣伝投稿は嫌がられるケースが多いのですが、このページの場合きちんと反応が集まっています。普段からファンとコミュニケーションをとっている結果ともいえるでしょう。

また、一つひとつの投稿もきちんと作りこまれているというのもポイントです。中途半端なものでは、見る側も楽しめません。みなさんもオリジナルなコンテンツを作ってファンとコミュニケーションをとってみてくださいね。

★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。