facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ピジョン / Pigeon

Facebookニュースフィードのアルゴリズムが徐々に厳しくなり、ファンに投稿が届きにくくなっています。
「リーチが減った」という声も多いなか、ファンからの多くの反応を得ているページがあるのも確かです。

そんな生き残るFacebookページに共通しているのは、ファンに寄り添いファンと共に歩むことができているということだと思います。
今回はピジョン / PigeonのFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション ピジョン / Pigeon カバー


▲楽しみや不安を共有
【ママが元気でなくっちゃね!】というシリーズの投稿では、ママの複雑な心のうちが綴られています。

facebook 活用 事例 プロモーション ピジョン / Pigeon ママ

忙しい毎日に子育てをするなかでの、わが子の成長への喜びや、子どもとのふれあいのなかで得ている幸福感といったポジティブな感情。
もしくは、キャリアへの不安や迷い、家事に手が回らないことによる自己嫌悪といったネガティブな感情と、そこに対しての前向きな気持ちなど。
ママが共通して抱くであろう、色々な想いを投稿しています。

ファンは投稿を読みながら自分自身を重ね合わせ、幸せであることを再確認したり、勇気をもらったりできるような内容です。
もちろん、そこには多くの「いいね!」やコメントが集まっています。
投稿に、「私も!」という共感や、勇気をもらった「ありがとう」という気持ちが含まれていることが伝わってきます。


▲思わず「あるある!」な育児の一コマ
(新米ママ日記)というシリーズの投稿では、育児のシーンがかわいいイラストとともに紹介されています。

facebook 活用 事例 プロモーション ピジョン / Pigeon 日記

同年齢の子どもには、よくあるシーンなのでしょう。「ウチの子も!」といったコメントが多くついています。
このような「あるある」シーンは、思わず「いいね!」を押したくなるほか、
自分(の子ども)のことも話したいという気持ちを引き出すせいかコメントが集まるのも特徴です。

▲心に刺さる!名言格言
イクメンの心得というシリーズの投稿では、ナゾのイクメン師匠が「男の育児、こうあるべし」というのを語っています。
毎回、「こういうパパいそうだな」「こんな小さなことの積み重ねがママにストレス与えているのだろうな」と感じるような内容が書かれています。

facebook 活用 事例 プロモーション ピジョン / Pigeon 心得

投稿には多くのママからの支持がうかがえる「いいね!」とコメントがたくさん。
そして、シェアが集まっているのも特徴の一つです。シェアする行為は、自分の考えを他の人の言葉を使ってまわりに表明する一つの手段です。
ですから、ファンが普段から思っていて、まわりに伝えたいだろうことを投稿にするというのはシェアを獲得するひとつの方法でしょう。


▲ファンに寄り添った語り掛けから始まる商品紹介
このページの素晴らしいところのひとつに、商品紹介が宣伝っぽくないということが挙げられます。

左の投稿では、風邪予防といったこの季節ママが気にし始めるであろう話題です。そして、最後はマスクの紹介と続いています。

右の投稿をご覧ください。思わず自分に重ねて読み込んでいってしまうような文章から始まっています。しかし、最終的に紹介しているのはオムツです。

facebook 活用 事例 プロモーション ピジョン / Pigeon 宣伝

突然宣伝から始まらず、ちゃんとファンの気持ちに寄り添った話のなかで自然と「よかったらこれどうぞ」とすすめられる。
だから商品の投稿でもファンに嫌がられず、支持されるページに育つのではないでしょうか。


▲役立つ情報と一緒に商品紹介
もう一つ、ファンに喜んでもらえる商品の紹介方法は役立つ情報とセットにするということです。
こちらは、レシピと一緒に商品を紹介している投稿です。

facebook 活用 事例 プロモーション ピジョン / Pigeon 宣伝2


ここにしかないオリジナルな情報であるほど、ファンにとっては大切な存在になっていくのではないでしょうか。


▲ファンに寄り添いファンと共に歩む
こちらが一方的に伝えたい情報を「投稿する」のではなく、本当にファンと一緒に想いや出来事を「共有する」というスタンスが感じられます。
作業的に投稿を考えるのではなく、画面の前にいるファンに語り掛けるように投稿を作るよう意識してみてはいかがでしょうか。

★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。