facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

株式会社カインズ トゥルーベリー

見ているだけでワクワクしたり、心がトキメクような投稿。それはきっと運営者の方ご自身が楽しんでいるから作れるのではないかと感じてしまいます。

商品を案内しているだけでなく、日常生活の小さな喜びを一緒に届けてくれている株式会社カインズ トゥルーベリーのFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション 株式会社カインズ トゥルーベリー カバー


▲創作物語に引き込まれる
とてもキュートな動物型のライト付き置物を使って、物語が展開されています。並べて写真を撮ったらヨーロッパの絵本に出てきそうなワンシーンになったことが、始まりのようですね。今ではシリーズ化されています。

facebook 活用 事例 プロモーション 株式会社カインズ トゥルーベリー 物語1

投稿が物語から始まるため、一目では宣伝色が感じらません。しかし、投稿の最後にはしっかりと商品ページへのリンクが貼っていたり、動物だけでなくシーンに応じて他の商品もさりげなく登場しています。

facebook 活用 事例 プロモーション 株式会社カインズ トゥルーベリー 物語2


▲プロならではの楽しみ方を紹介
キャンドルホルダーをオブジェにしたり、アクセサリーホルダーにしたりと本来の用途以外の活用方法を紹介しています。

facebook 活用 事例 プロモーション 株式会社カインズ トゥルーベリー キャンドルホルダー

こういうプロやこの商品を知っているからこその情報は、見ている側の気づきにつながるので「いいね!」などの反応が集まる傾向があります。プロからしたら「当たり前」の知識や発想も、他の人からしたら「意外」「知ってよかった」ということがあるので、自分の持っている知見を活かせないか考えてみるとよいでしょう。

▲想いから、使い方を紹介
商品の機能や魅力を伝えると、どうしても宣伝っぽくなりがちです。しかし、それは説明・訴求しようとしているからです。自分が試してみての「感想」や、作り手の「想い」を述べるという方法で伝えれば、自然と商品の良さが伝わるのではないでしょうか。

facebook 活用 事例 プロモーション 株式会社カインズ トゥルーベリー 想い

「売り込もう」「伝えよう」という気持ちを手放してみるとよいかもしれませんね。

▲商品と「私」の間を埋めるコンテンツ
そもそもインテリアは、それ単品で存在するものではなく既にある空間・生活のなかに混ざるものです。日常に混ざった時に素敵だなとイメージできると、欲しいという気持ちがわいてきます。

facebook 活用 事例 プロモーション 株式会社カインズ トゥルーベリー コンテンツ2


こちらの投稿では、時計をコラム内で紹介しているページに飛んでいます。ページのなかでは、「成人の日」にちなんで1994年~1995年を振り返りながら、時と時計について触れています。ところどころで、時計が飾られた写真も掲載されており、読んでも見ても楽しめるコンテンツです。

facebook 活用 事例 プロモーション 株式会社カインズ トゥルーベリー サイト

時計単品の写真では、ここまでひきこまれないでしょう。商品と自分との距離を埋めてくれるコンテンツに思わず感動してしまいました。Facebookの投稿も、読み手にどんな価値をプレゼントできるかを考えて作りたいものですね。

★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。