facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

PÄRLA / PARLA パーラ

今回は、私が一目ぼれしたFacebookページをご紹介します。一つひとつの投稿が、まるで作品のようなのです。もし、あなたが投稿がマンネリ化してきている、なかなか反応が集まらないという悩みを抱えていれば、ヒントになるでしょう。PÄRLA / PARLA パーラのFacebookページをご紹介します。

facebook 活用 事例 プロモーション PARLA カバー

▲タイムリーな投稿
Facebook上ではその季節や全国的に話題になっているイベントにあわせた投稿に、反応が集まりやすいというのは周知の事実ではないでしょうか。PÄRLAでもそんなタイムリーな投稿をしています。左は年末年始の告知にお正月を連想させるアイテムを使った投稿、右は2015年1月に肉眼で観測できると言われた彗星に絡めた投稿です。

facebook 活用 事例 プロモーション PARLA タイムリー

いまでは、タイムリーな投稿をするFacebookページが多いぶん、どこにでもありそうな投稿では目にも留めてもらえないでしょう。そういう意味では、上記のようにしゃれっ気があったり、文章センスが光る投稿でないと印象に残りません。写真の質も非常に重要です。

さらに、単にタイムリーな投稿をするだけではなく、きちんと商品の紹介や告知情報に絡めているところがポイントです。単にタイムリーな情報を発信していても、自社として伝えたいことを伝えていないのであれば意味が非常に薄いものになってしまいます。

何のために投稿するのか、他とどう違うのかを自問しながら投稿を作っていくということが大切ですね。


▲新商品の予告&紹介
巷にあふれる新商品や食の情報。Facebookのニュースフィードでも、食べ物の写真は多く目にしますよね。だからこそ、Facebook上でお客様に新商品の情報を期待感とともに届けるのは、難しいものです。

PÄRLAでは、試作中から情報を配信しています。情報を小出しにしていくことで、商品発売単発だけの接触ではなく、複数回にわたって接点を作ることができます。また、まだ外には出ていない情報をチラ見せすることで、好奇心をそそるのです。

こちらは、イチゴを使ったクレープの試作とリリースの投稿です。試作の投稿は、ミニチュア人形を使っていて、凝っていますね。他のFacebookにはない写真だからこそ、ニュースフィード上の注目度も高いはずです。

facebook 活用 事例 プロモーション PARLA 予告知


こちらはピスタチオのクレープを試作中という投稿。ピスタチオといえば、緑のイメージなのですが、こちらはその外側の殻も一緒に移っていてキレイなピンク色をしています。一瞬何が写っているのかわからないからこそ、視線が留まります。そして、きれいだからこそ、投稿を眺めてしまう。シンプルだけど、注意を惹くような画像を使っていますね。

facebook 活用 事例 プロモーション PARLA 告知


そして、文章も巧い。期待感を煽ります。「新緑のクレープの中に何を忍ばせるか。誰も見た事のないクレープ、見てみたいですか?」という投げかけになっていて、実際コメントもついています。

タイムリーな投稿や新商品の予告は、他のFacebookページでもよくやっていることです。しかし、他でもやっているからこそ、もう一歩踏み込んだ投稿をしないと、なかなか反応が得られなくなっています。このページの投稿は、どれを見ても心がぐっと惹きつけられるものばかり。ぜひ、直接ページを見て、その魅力を「感じて」みてくださいね。



★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。