facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

バスクリン バスタイムLABO/株式会社バスクリン

最近、Facebookページではリンク先に飛ばすような投稿が多いですよね。でも、今回ご紹介する記事は、Facebook内で読み切りやすい投稿の作り方がうまい事例。直接投稿に「いいね!」などの反応が集まるぶん、ページのエッジランクは上がりそうです。バスクリン バスタイムLABOのFacebookページをご紹介します。

バスクリン バスタイムLABO/株式会社バスクリン カバー

▲発信している内容
基本的には、バスクリンに限らずお風呂ついての情報発信をしているページです。大きくわけると、実践的に役立つ記事(効果的な入浴法)、知識を学べる読み物記事(歴史や仕組み)、共感をうながすシーン、宣伝といった内容になっています。では、投稿をみていきましょう。

▲タイムリーな情報発信
菖蒲湯やGWの温泉入浴マナーなど、その季節に応じた入浴情報を発信しています。まさに調べようとしていたことや、近々自分ごとになるような話が投稿で流れてきたら、思わず「いいね!」してしまいそうですね。写真も投稿のテーマに沿ったものが使われているので、目に留まりやすいのではないでしょうか。

バスクリン バスタイムLABO/株式会社バスクリン ニュース

また、最近ニュースになっている話題も投稿しています。こういった、この時期ならではの話は注目度も高いので反応されやすいでしょう。実際「いいね!」が368件集まり、コメントもついています。

facebook 活用 事例 プロモーション バスクリン バスタイムLABO/株式会社バスクリン 季節

「充電しながらの入浴は危険」という知っておくべき話でもありますので、投稿の反応云々以前にファンの人にお知らせする意味も大きいです。

▲「意外なこと」は価値がある
入浴は運動"後"じゃなくて運動"前"が効果的、という話や江戸時代までは混浴が常識だったというような、意外もしくは驚きのある話は反応が多く集まる傾向にあります。

バスクリン バスタイムLABO/株式会社バスクリン 意外


上記2つの投稿とも、「いいね!」が3桁になっていますね。その業界にいると、当たり前のことでも、ファンは知らない情報は多いものです。探してみるとよいかもしれません。

▲自分を重ねあわせるシーン
このページで、一番素敵だなと感じたのが、このシリーズ(?)の投稿。お風呂での思い出や過ごし方を思い返すような投げかけがされているものです。

バスクリン バスタイムLABO/株式会社バスクリン ストーリー

これらの投稿を読んでいると、自然と個々人のなかに気付きが生まれるのではないでしょうか。わざとらしくなく、こういった雰囲気のある投稿を作るのはセンスがいるので難しそうですね。

▲商品宣伝
もちろん、ページ内で商品紹介・宣伝もしています。直球で新商品を紹介する投稿もあるのですが、うまいなと思うのがこちら。

バスクリン バスタイムLABO/株式会社バスクリン 宣伝

母の日や、肌の悩みに絡めて商品を説明したり、写真だけ見せたり。宣伝色が薄いうえ、ファンの興味関心から話が始まるのでつい読んでしまいます。

▲読みやすい分量
ご紹介してきたとおり、このページの投稿はどれも文章の長さがちょうどよく読みやすい分量になっています。そのため、その場で消費でき、投稿への反応もしやすいですよね。写真の選定なんかもうまく投稿にマッチしているので、色々参考になるポイントがあります。投稿アイデアに困ったときにのぞいてみると良いのではないでしょうか。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。