facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

森永チョコレート/ 森永製菓株式会社

今回は大手企業のfacebookページのなかではちょっと異色な事例、森永チョコレートのfacebookページをご紹介します。ファン数が取り立てて多いわけでもないのですが、手作り感にあふれていて個人的にかなり気になっていたページ。どこに惹かれていたかを改めて考えると①現場の担当者からのダイレクトな情報発信②お菓子への愛情が感じられる、の2点だと気付きました。

facebook 活用 事例 プロモーション  森永チョコレート

▲現場の担当者からのダイレクトな情報発信
通常開発秘話や新商品情報などが企業サイトなどに掲載されていても、広報なり販促なりの担当部署が情報を加工して発信しているケースが多いもの。このfacebookページでは、マーケティング部チョコレート担当の方が直接情報を発信しています。担当者の顔と名前を掲載しており、企画サンプルの写真や通常見る機会なんてないマーケティング担当者の机の中まで公開されていて、なんだか親近感がわきます。

facebook 活用 事例 プロモーション 森永チョコレート 基本情報

▲お菓子への愛情が感じられる
「商品」でも「ブランド名」でもなく「お菓子」への愛情を感じられる点がミソです。
正直驚いたのが『お気に入りのページ』に湖池屋ファンページが入っていたこと。ドンピシャの競合ではないのかもしれませんが、森永も一応スナック分野があるので…意外でした。

また、他のお気に入りのページも色々なお菓子のページが登録されていたり、基本情報にも「森永のチョコレートだけでなく、毎週各社から発売される注目チョコレートや海外やショコラティエショップで見つけたおいしいチョコなどチョコレートに関しての話題を皆さんと一緒に楽しみましょう!」と書いてあったり…宣伝上の変な制限や、やらせ感がない雰囲気だからでしょうか、純粋なお菓子への気持ちが伝わってくる気がします。

▲商品のプロモーション&イベント告知
ともにウォールをメインに利用した告知宣伝になります。商品情報は季節限定商品やコンビニ各社でのコラボフェアなどの告知。現在全国各地公演中のキョロちゃん夢ファンタジーミュージカル2011について告知をしていました。


最後に、このfacebookページが異色だと感じた点は、企業サイトから独立しているということ。実は森永は商品ごとのサイトや、お菓子レシピ、消費者用の投稿サイトなど様々なサイトを運営しています。このfacebookページのシンボルになっているキョロちゃんについても『キョロちゃんファンクラブ』という色々楽しめるコンテンツ満載の特設サイトが存在するのです。にもかかわらず、このfacebookページはそれらと連携している個所(バナー等も含め)が見つけられませんでした。少しもったいない気もしますが、だからこそ今のように親しみのあるページでいられるのかもとも感じています。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。