facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

高校受験家庭教師デスクスタイル/株式会社キャンパスライフクリエイト

広告表示で知った平均点以下からの高校受験家庭教師デスクスタイルのfacebookページ。ターゲットがかなり絞られるうえ、サービス展開エリアにfacebookユーザが最も多い東京が含まれていないのにファン数6千人超え!

塾・予備校・家庭教師関連はfacebook上に競合が多くない、もしくは始めたばかり&既存コンテンツの転載メインなので先行者利益でしょうね…私の感覚ではありますが、状況を考慮するとファン獲得数が多い印象です。
※プロフィール画像に『FAN PAGE』と書かれているため、名称が『Facebookページ』に変更になる11年2月5日以前から運用されているようです。

facebook 活用 事例 プロモーション デスクスタイル

▲合格飴プレゼントでアンケートを実施しながら『いいね!』も獲得
facebookファン限定の合格飴プレゼントキャンペーン。フォームに個人情報入力欄があるので、この夏のタイミングで見ると一瞬見込み客リスト作成が目的かと思いますが、おそらく内容からしてアンケートが本来の目的と考えます。
なぜなら、サービスの対象が高校受験生、でもプレゼントが合格飴で受験当日に持たせることを推奨しているということは応募者は3年生…(弟・妹がいる家庭は除き)年齢的に、見込み客になりえません。

ちなみにアンケート内容は高校受験に関する悩み、勉強のやり方に関する悩み、塾や家庭教師の相場感でした。今後のプロモーションの参考にといったところでしょうか。

▲ムービーでサービス紹介から無料体験授業へ誘導
代表からのメッセージ、内容は勉強嫌いな生徒の3つの共通点を紹介しつつ、自社サービスでその課題が解決されるということを訴求するもの。最後は無料体験授業に誘導する言葉で結んでいます。

▲ウォールでの先生紹介
家庭教師の場合、ある意味商品の一部である先生。どんな先生がいるのかはユーザーもとても気になるはずです。自分の該当エリアではない先生でも紹介文のなかから企業の色や雰囲気を伝えることができます。

ただ、少し残念なのは同facebookページ内に講師募集タブがあり『未経験者でも大丈夫です!』と記載しているところ。(もちろん研修がしっかりしていたり、相談やアドバイスなどスタッフのフォローがあるとも書かれているので心配ないとは思いますが)自分が保護者だったら気になりますよね。採用はページを分けて広告も別出稿したほうがよいのではと感じてしまいました。

facebook 活用 事例 プロモーション デスクスタイル ムービー


▲お客様の声をムービーで紹介
保護者の声をムービーで紹介しつつ、エリアごとに用意されているサイトの体験談ページへと誘導しています。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。