facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東急スポーツオアシスtokyusportsoasis/株式会社東急スポーツオアシス

まずはダイエットに関心のあるユーザーにファンになってもらい、フィットネス・スポーツ(クラブ)への興味を促す情報、そして直接的に自社の宣伝を織り交ぜて情報発信し、最終的には来店を促進している事例です。東急スポーツオアシスtokyusportsoasisのfacebookページをご紹介。

facebook 活用 事例 プロモーション  東急スポーツオアシス

▲まずはダイエットに関心のあるユーザーを集める
「理想のボディを手に入れましょう」ということで、ファンになってもらう段階でのターゲットはダイエットに関心のあるユーザー全般。コンテンツも『ダイエットの事実』と称して「水太りするって本当?」「部分やせってできるの?」など、解決方法が運動だけではなく(※)、かつ体型を気にしている人が気になりそうなテーマの記事を掲載しています。
※もちろん、きちんとフィットネス・スポーツ面での解決策も織り交ぜています。

facebook 活用 事例 プロモーション 東急スポーツオアシス くびれちゃん

▲キャラクター活用で親近感とわかりやすさをプラス
理想の体型を維持したいくびれちゃん、マッスルトレーナーのフッキン部長、広報担当Q之介など登場人物が存在。担当業務や勤続年数など一人ずつ細かいキャラクター設定がされています。なかでも主役(?)キャラクターのくびれちゃんは以下2つの活用がなされています。

①くびれちゃん主軸にコンテンツ展開
先に紹介した『ダイエットの事実』などのコンテンツは、くびれちゃんが紹介することで内容的にもビジュアル的にもわかりやすく伝えることができ、ターゲットと一緒に同じ目標(理想のボディを手に入れる)を目指しているという設定から親近感をもってもらえるというメリットがありそうです。

②くびれちゃんを通したコミュニケーション
ウォールでは、育成中のゴーヤの紹介や、ハム係長レシピからカロリーの低いものや単に食べたいレシピなどを掲載しており宣伝情報と比べると反応も多いです。他業界の企業同士で継続的にfacebookページ上で絡んでいるのは初めてみましたがキャラクター同士だとそれほど違和感をおぼえない気もします…

そして、もちろんフィットネス・スポーツ関連情報やキャンペーンなどの自社宣伝情報も発信しています。

facebook 活用 事例 プロモーション 東急スポーツオアシス 送客

▲店舗への誘導
各店舗のマネージャーが、自店舗の紹介をしています。ただ単に店舗写真と紹介文という内容よりも読む気をそそりますね。

また、各店舗サイトへの導線も設けられています。ページ上部では『今さら聞けないフィットネスクラブの常識・非常識』という初心者向けコンテンツへの誘導バナーがあります。やはりfacebookページではダイエットニーズのあるユーザーのなかでもフィットネスクラブニーズが顕在化していない(検討の土台にすら乗っていない)ユーザーを、来店につなげようとしている様子がうかがえます。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。