facebookプロモーション国内事例集

日本国内でfacebookを活用する企業事例をWebマーケッターが解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

PUMA Japan/プーマ ジャパン株式会社

ページに何度もアクセスしてもらうという点で優れたアプリゲーム!PUMA Japanのfacebookページ

facebook 活用 事例 プロモーション PUMA Japan faasゲーム

▲ページに何度もアクセスしてもらえる仕掛け
Faas(ランニングコレクション)キャンペーンとして公開された『ONE CLICK TO JAMAICA』。ゲームもシンプルなのでハマれば集中してチャレンジしてしまいそう。

内容は9秒58ジャストを目指し、体感時間によって1クリックで止めるというもの。好きなシューズを選びゲーム開始。最初はタイマーが表示されており、途中で消えるのでそこから自分で秒数カウントするようになっています。但し9.58〜10.50秒の間を外すと「計測失敗」となります。

また、自分のベストタイムや順位(同時に母数をみればゲームの参加人数もわかります)、当選確率倍率に加え、友達ランキングが表示されます。ウォールへの投稿時も自分の成績とともに友達の順位が表示されます。

今はプレゼント(20万円相当の旅行券やFaasグッズ)応募期間ということもあり、PUMA Japanのページに何度もアクセスしてもらうための以下仕掛けがよりうまく働きそうです。
①ゲームは1日3回までチャレンジ可能という制限
②何回も使って(成功している場合)いるとゲームに有利になる(ストップウォッチが表示されている時間が延びる)
③(上位の)友達の成績とも比較でき競争心が煽られる
④優秀な成績を残すとプレゼントが当たる確率が上昇する(最大50倍)

facebook 活用 事例 プロモーション PUMA Japan イベント

▲リアルイベントの告知
限定50人のジャマイカ流ランニングを体感できるランニングイベントの告知を行なっており、facebook限定優先枠を用意していたようです。

▲ウォールでの情報発信
プロフィール画像もアプリもFaas関連であることにも代表されるように、現時点ではウォールもランニング関連の内容が多いです。また、投稿は【カッコ】でくくってカテゴリ分けされています。

カテゴリは以下の通り
【ONE CLICK TO JAMAICA】上記で紹介したアプリ関連の情報
【Running】ランニング関連のイベントからプロモーション情報、ランニング関連情報
【PUMA STORE】店舗情報
【Social】puma専用ソーシャルサイト関連のお知らせ
【PUMA STORE Online】オンラインショップの商品紹介
【PUMA STORE】店舗情報
ほか【Event】など。

facebook 活用 事例 プロモーション PUMA Japan ソーシャル

▲PUMA SOCIAL WEBへのリンク
facebookよりもtwitterと強く連動したキャンペーン(なのでここでは深く言及しませんが)の宣伝・誘導用ページがあります。PUMA SOCIALは夜の遊び場やオンラインでゲームを通じて交流を広げたり友達と競い遊ぶ、スポーツが本来持つ「楽しさ」にフォーカスしたキャンペーン。具体的にはオリジナルに色付けしたスニーカーの画像が作れたり、スポーツの新しいルールや、超技ムービーの投稿ができたりします。


★他事例の目次はこちらからご覧いただけます。


★新着記事のお知らせ、ソーシャルメディア関連情報など。この事例集のfacebookページは↓こちらからご覧いただけます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。